ボードゲーム

128
ノート

【永久保存版】テーブルゲームは教育インフラだ 総集編

なかなか好評だった3投稿を1本にまとめてみました。あれこれ整理してサクサク感アップ。永久保存版ですわよ、奥様。

「ドイツゲーム」という言葉をご存知だろうか。
「知ってる人は知っている」みたいな典型で、飲み会などで話題にしても、10人中8人くらいは「は? なにそれ?」という反応が返ってくる。

「人間対人間」の面白さ

詳しくはこちらのWikipediaに譲ります。要は、ドイツに限らず、ここ四半

もっとみる
「おカネの教室」も是非ご一読を!
57

3日間で7000回RTされた「ラグビー図解」を作るときに考えた「初心者向けルール説明」の情報設計

「せっかく日本でラグビーワールドカップが開催されるのに、いま世の中にあるラグビーのルール説明がどれも分かりにくい」と常々思っていたので、自分で作りました。

昨年の11月に一度公開した後、今年のワールドカップの日本代表の試合の日に再度Twitterに投稿したところ、3日間で7000人近くの方にリツイートしていただけました。「これが一番分かりやすい」「こういうのが欲しかった」「もっと早く見たかった」

もっとみる

コトバグラム ゲムマ2019秋 コラボ企画まとめ!

コトバグラムはゲームマーケット2019秋にて、8サークルとコラボし、拡張シールを無償配布します。

コトバグラムではヒトカードとセリフカードを使ってお題を決め、親プレイヤーがそのお題をどのくらいの“重さ”(どれくらいの気持ちで言えるか)と捉えるかを考えます。たとえばヒトカード「友達」・セリフカード「1万円貸して」なら、"友達に対して「1万円貸して」という時の重さ"を親プレイヤーがどう考えるかを当て

もっとみる
『LIFE STYLE』人生は早い者勝ち。サイコロで理想を勝ち取れ!
10

【バンソウ式】ゲームマーケット2019秋ブース運営マニュアル

バンソウは11/23(土)・24(日)に開催されるゲームマーケット2019秋に参加します。ブースは【ア15】で両日参加。ゲームマーケットとは、株式会社アークライトが主催する国内で最大級のボードゲームのイベントです。

今回ぼくらは、トポロメモリーシリーズ最新作の『トポロメモリー3』に加え、完全新作のパーティゲーム『コトバグラム』をお披露目します。全国販売に先駆けた先行販売です。ゲームマーケットにい

もっとみる
『トポロメモリー2』ミヤザキ作!1と2混ぜると楽しいよ!
7

「トポロメモリー」強くなりたくてトポロジーの入門書を読んだ話

結論
劇的に強くはならない。でもめっちゃ楽しい。

「トポロメモリー」とは

皆様ご存じのことと思いますが一応おさらいしておくと、「トポロメモリー」は株式会社バンソウの取締役、ゲームデザイナーのミヤザキユウ様が企画・制作を手掛けたボードゲームです。続編が「2」「3」と出ている人気のシリーズ。「3」は今週末に迫ったゲームマーケット2019秋で発売されるそうなので要チェックですね。

そんな「トポロメ

もっとみる

実際に作ってわかった、つまらないボードゲームを作るポイント

こんにちは、『Friedegg Games』代表のホソヤです。

「これさえ押さえておけば、絶対に楽しいゲームが作れる」なんてポイントがわかったら良いですよね。全ボードゲームデザイナーの悲願とも言えます。

先日、「お姫様と結婚詐欺師」というボードゲームが完成しました。
ボードゲームを制作していて一番苦労したのがルール作りです。ゲームとして破綻しないルールを作ることはできます。

しかし、テストプ

もっとみる
ありがとうございます!良ければTwitterのほうもぜひ!
73

心を動かすボードゲームデザイン論|ルール編

※このnoteでは、ユーザーを夢中にさせる、ボードゲームのルールデザインについてお話します。

前回のコンポーネント編に続いて、今回はルールのデザインについて紹介します。

・パッケージ編
・コンポーネント編
・ルール編(本note)

ゲームを通じて、ユーザー何を提供したいのかを明確にする

ボードゲームに限らず、全てのサービスはユーザーに何らかのメリットを提供するものです。

ではボードゲーム

もっとみる
ありがとうございます!良ければTwitterのほうもぜひ!
4

心を動かすボードゲームデザイン論|コンポーネント編

※このnoteでは、ユーザーをゲームの世界観に没頭させるための、ボードゲームのコンポーネント(内容物)デザインについてお話します。

前回のパッケージ編に続いて、今回はコンポーネントのデザインについて紹介します。

・パッケージ編
・コンポーネント編(本note)
・ルール編

コンポーネントの目的は、世界観の構築

ボードゲームの王様、『カタン』を例に見てみましょう。カタンは「無人島を舞台に、資

もっとみる
ありがとうございます!良ければTwitterのほうもぜひ!
37

心を動かすボードゲームデザイン論|パッケージ編

※このnoteでは、ユーザーに手に取ってもらえるボードゲームのパッケージデザインについてお話します。

ボードゲームの文脈からお知り合いになった人たちは初耳かもしれませんが、僕の本職はUXデザイナーです。簡単に説明すると、「製品やサービスそのものだけでなく、ユーザーの体験をトータルにデザインしてハッピーになってもらおう!」ってことをしています。

今回は、ユーザーの心を動かすボードゲームデザイン方

もっとみる
励みになります!今後も読んでくれると嬉しいです!
9

ポケモンカードゲームがなぜ急に大復活ヒットしたのか、考えてみた

ポケモンカード、知ってますか?

その名の通り、ポケモンを題材としたトレーディングカードゲーム(以下、TCG)です。

最初のシリーズの発売は1996年。当時は初代ポケモンが空前の大ヒットを飛ばしていたこともあり、ポケモンカードもつられて大ヒットを記録しました。もちろん私も買いました。直撃世代なので。

が、これは瞬間最大風速のおはなしで、実はその後のポケモンカードはサッパリ存在感がなくなってしま

もっとみる
うれしいです!
70