見出し画像

家電屋のパソコン設定はボッタクリでした

エイ小学校

義理の父が、「そろそろパソコンを買い替えたいけど、どれがいいか全く分からない...」と悩んでいたので、パソコンをプレゼントしてあげることにした。

まずはネットで、コスパの良さげな機種と価格を調べて電気屋さんへ

店員さんを呼ぶと
「設定はどうされますか?うちはカウンセリングしながらお客様一人一人にあった設定をいたします」と。

料金を聞くとこれがなんと、2万円。
「に、2万円!?」と驚く私に、「パソコンは買った後の設定が大事なんです。使いやすくするための設定です。みなさん頼まれてますがどうされますか?」と詰めてくる店員。

(ちょっと待ってくれ、私は仕事で子どものパソコンを設定したり、ベテランのPCトラブルに日々対応してる。しかも無償で。無償だぞ、無償。それを2万円もとるのかよ、クッソ〜)と心のシャウトはなんとか飲み込んだ。

そして、生粋のケチな私は心に決めた。
2万円以上の仕事したるわいと。

家に帰り、まずはさっそくカウンセリングからスタート。
父の願いは、まとめると6つ。

・WordとExcelが使えたらいい
・ネットはYahoo!ニュースを見たい
・パソコンは家でしか使わない
・きれいな画面よりサクサク動いてほしい
・できるだけシンプルなのがいい
・年賀状の印刷はできるようにしてほしい


以上(少な!)
スペック持て余してるやん(後悔...)

シニアなので健康面の父のスペックも調査
・老眼
・疲れ目
・物忘れ
まぁだいたいそうだよね...

これらを踏まえてシニアにベストな設定を構築する

ここからは実践に行った設定方法を紹介します。
これからパソコンを購入する方や、父母にプレゼントする方は、この記事を読んで浮いた2万円で、美味しいものでも召し上がってください。

それでは、さっそく

初期設定

パソコンを購入して一番驚いたのが初期設定。
最新のOSは、音声(コルタナ)が指示してくれました。コルタナに従うだけなので、ここは父でも楽々進めた。

ネットワーク等の、とりあえずの初期設定が完了したらここからシニア専用のカスタマイズにしていきます。

1. マウスポインターを大きく見やすく

設定→アクセシビリティを開く
設定は、『 Windowsキー + I(アイ)』のショートカットキー で開けます。

スクリーンショット 2022-03-06 22.44.16

老眼の父にとって、通常のポインターは小さくて見づらい。そこで、少し大きくしてあげるだけで見えやすくなりました。


2. テキストを大きくする

設定→アクセシビリティ→テキストのサイズ

画像4

文字も目を細めないと読めない父。
そこでテキストも少し大きくしました。
※大きくしすぎるとwebサイトの幅が収まらず横スクロールの必要が生じるので注意。

3. テキストカーソルを大きくする

設定→アクセシビリティ→テキストカーソル

スクリーンショット 2022-03-06 22.46.50

カーソルも細すぎて見えないという父。
やや大きくしてあげると、カーソルが太くなり、識別しやすくなります。

4. アプリの表示を大きくする。解析度を下げる

設定→システム→ディスプレイ
拡大/縮小でアプリの表示が大きくなります。

ついでにディスプレイの解析度も変更。
解析度をあえて下げると画面が見えやすくなる方も多い(疲れ目対策)

スクリーンショット 2022-03-06 23.04.19

この設定で、ホーム画面のアイコンが大きくなります。

スクリーンショット 2022-03-06 23.33.29


5. タスクバーによく使うアプリを並べる

アプリを右クリック→タスクバーに追加。
これだけで下のバーに追加される。

画像15

今回設置したアプリは、左から
スタートメニュー、検索、タスクビュー
Chrome、Gメール、エクスプローラ
Word、Excel、PowerPoint、OneDrive
スティッキーノート(標準メモアプリ)
電卓、設定

父がよく使う順に並び替えました。
不要なアプリはタスクバーの設定から削除できます。

※おすすめアプリ!
スティッキーノートは標準で搭載されてる付箋アプリです。忘れがちなパスワードや、ちょっとしたメモはここに記録。ホーム画面に貼り付けれるので忘れることも減ります。


6. ログインをパスワードからPINコードに変更


ログインパスワードをすぐ忘れてしまう父。
そこで、4桁のPINコードだけでログインできるように変更(毎回のパスワード入力を省略できます)

設定→アカウント→サインインオプション→PINコード

スクリーンショット 2022-03-06 22.58.19

※指紋認証搭載機や顔認証が使えるなら、PINコードも省略できます。
購入時にチェックしてみてください。


7.マウスポインターの速度を遅くする

設定→Bluetoothとデバイス→マウスポインターの速度

スクリーンショット 2022-03-06 23.01.10


作業効率をあげたい方の多くは、マウスの速度を速くしてますが、これをあえて遅くします。
やや遅くすることでマウスポインターを扱いやすくなります。(※遅くしすぎてもストレスになるので、使用者に確認しながらベストな速さを探してみて!)

8. タッチパッドを無効にする

キー入力の際によくあるのが、「タッチパッドに触れてしまうエラー」職場でも困ってる方をよく見かけます。

これ、「マウスの接続時はタッチパッドを無効にする」という設定で防げるんです。

設定→Bluetoothとデバイス→タッチパッド→オンの右側をクリック

スクリーンショット 2022-03-06 23.08.59

タッチパッドを使いたい時は「マウスを抜いてね」と伝えることもお忘れなく。


9. 蓋を閉じたらシャットダウン

シャットダウンする場所が分かりにくいという父。たしかに毎回スタートメニューを開くのも面倒。

そこで「蓋を閉じたらシャットダウンできる設定」に変更しました。

この設定は少しややこしいですが、次の流れです。

コントールパネル→ハードウェアとサウンド→電源オプション→電源プランの編集

スクリーンショット 2022-03-06 23.24.27
スクリーンショット 2022-03-06 23.25.20

カバーを閉じたときの動作の選択→

スクリーンショット 2022-03-06 23.29.08

カバーを閉じた時の動作をスリープからシャットダウンに。

スクリーンショット 2022-03-06 23.30.28


ユーザーに合わせてさらに使いやすくカスタマイズ

いろいろイジッていたら、便利な機能を見つけました。それが「コンピューターの簡易操作」

質問に答えるだけで、AIが最適な設定を提案してくれます。目が見えにくい、耳が聞こえにくなどの症状がある方は試してみてください。

表示される文書を音声で読んでくれたり、
アイコンを大きくしたりという設定もここでできます。

設定の場所は、
コントロールパネル→コンピュータの簡易操作
です。

スクリーンショット 2022-03-06 23.22.01


10. グーグル拡張機能でWeb検索をもっと使いやすく

最後にネットサーフィンをもっと快適にする拡張機能を追加しました。

「Yahoo!JAPANに簡単アクセス」

スクリーンショット 2022-03-06 23.52.21

父のスマホはAndroid。ログインパスを忘れやすい父にはChromeで統一した方が相性がいいんです。

ただしブラウザはGoogleより、Yahooがいいという父(Yahoo!ニュースが読みたいだけ)

そこで、Chromeを起動するとYahoo!の画面が開く拡張機能を設定。

方法は、Chromeを開き、「Yahoo!拡張機能」と検索。あとはインストールするだけ。

これで、煩わしいネットのIDやパスワードもGoogleアカウントで管理でき、お気に入りのYahoo!ニュースも開いてすぐ見れるようになります。

スクリーンショット 2022-03-06 23.54.04


広告をブロックする
「AdBlock」

ネットでもう一つ煩わしいのが、ポップアップ広告。この拡張機能を入れておくと、ポップアップ広告がブロックされます。

誤って変なサイトをクリックしたり、誘導されてしまうリスクから父を守れます。

スクリーンショット 2022-03-07 0.56.48


検索サイトを分かりやすくする
「SearchPreview」

ネット検索をするとき、どのサイトがいいのかいつも迷っている父。気づけばタブがいっぱいになんてことも。

そこで、検索時にサイトのサムネが表示される確認機能を導入しました。

スクリーンショット 2022-03-06 23.53.10

このようにサイトのサムネ画像が表示されます。

スクリーンショット 2022-03-07 0.17.42

※画面が黒くなってるのは気にしないでください

英語のサイトを翻訳する
「Google翻訳」

サイトを見てると読めない英文や単語。
そんな時に役立つのがGoogle翻訳です。

これさえあれば父に読みないサイトはなくなります。

スクリーンショット 2022-03-06 23.53.28

様々な言語のサイトを翻訳できます

スクリーンショット 2022-03-07 0.22.54


おまけ

今回、父にマウスもプレゼントしました。

自分が仕事で愛用しているLogicoolのマウス

戻る、進むボタンやコピー&ペーストがマウスで簡単に操作できます。
難しいショートカットキーを覚える必要がないし、手首にも優しいデザインです。

以上シニアに優しいパソコン設定でした。

設定お疲れ様でした。美味しいもの食べてね!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!