見出し画像

ウイグル綿花収穫75%に貢献する企業もリスト入り。2021 年中国ユニコーンクラブ有力候補企業



ユニコーンはベンチャー企業のピラミッドの頂点に立つ希少な企業群であり、将来ユニコーンになる可能性が最も高いのはピラミッドの次の頂点である「千里馬」が存在する。千里馬とは評価額が10億元を超え10億ドル未満の企業を指す。

ITjuzi千里馬公司のデータベースによると、2021年5月24日現在、中国国内には744社の千里馬があり、そのうち最新投資後の評価額が50億元を超えるユニコーン候補は73社で、上位10%となっている。
このうち2020~2021年に公開資金調達を行った実績があるのは43社で、ユニコーンクラブへの躍進まであと一歩という「抜きん出た」千里馬だ。

最も潜在力のある43社の千里馬の中から、注目すべき18社の代表的な企業を選び、潜在的なユニコーンがどのような優位性を持っているかを見てみた。

画像1

上の表の中の会社は、すべてここ1年甚だしきに至っては半年で2回の資金調達したことがあり、資金調達金額は業界内で比較的に高い。
また、最近の投資家には最終的に第一線のVC機関や大手企業が現れ、創業者の背景と経歴がしっかりしており、業界発展の余地が大きく、企業は細分化された分野ですでにトップの優位性を占めているなど、これらはいずれも企業が次のラウンドの資金調達をよりよく行い、評価値を高めるのに有利である。

これらの潜在的ユニコーンは主に消費財、教育、自動車、企業サービス、金融保険、医療、O2O及び人工知能分野に関連しており、これらはいずれも典型的な大業界であり、市場規模が大きい。

設立時期は2014~2015年が2/3を占め、最も早く設立されたのは越境ECサービス会社「縦騰集団」(2009年)、最も遅く設立されたのはインターネット保険会社の元保(2019年)だった。

資金調達ラウンドを見ると、10社はいずれもC+ラウンドで、4社はDラウンドとEラウンドで、ヨーグルト消費財ブランドの「简爱酸奶」とAIビジョンチップ研究開発会社の「瀚博半導体」の2ラウンドで、それぞれ最新ラウンドのBラウンド資金調達8億元とA+ラウンド資金調達5億元を獲得し、評価額は急速に50億元に達した。

注目すべきは、このうち3社が2021年上半期に2回連続で資金調達を受けたことだ。
これには、インスタント食品メーカーの「自嗨鍋」(百草味創業者の蔡紅亮氏が新たに発売したブランド)、高所作業設備リースサービスの「衆能連合」、インターネット保険仲介プラットフォームの「元保」が含まれる。
このほか、農業無人機システム開発会社「極飛科技」、自動車スマート化部品サプライヤー「镁佳科技」、簡愛酸奶、瀚博半導体、企業財税サービスプラットフォーム「慧算帳」、オンライン小児英語教育企業「伴魚」もここ1年で2回の資金調達を受けた。

投資家の視点から見ると、これら18社の千里馬のうち、マトリックスパートナーズ中国が最も多く、企業のIT設備レンタルサービスプラットフォームの易点雲(元易点租)、電気貨車レンタルサービス業者の地上鉄DST、AIリスクマネジメントサービス業者の数美科技、第三者医療問診プラットフォームの微脈、瀚博半導体、简爱酸奶がある。
源码資本が投資したのは、高所作業設備リースサービス業者「衆能連合」、インターネット保険仲介業者「元保」、易点雲、微脈を含む。
セコイア・キャピタル・チャイナは简爱酸奶を、IDGキャピタルは微脈を投資した。

大手企業の投資実績
アリババ:昨年8月、数億元の戦略投資で訪問美容サービスプラットフォーム「河狸家」に投資した。
百度資本:医療サービス会社の微脈と農業無人機システムの研究開発会社の極飛科技に投資。
テンセント:今年4月、AIリスクマネジメントサービス会社の数美科技への投資。
小米:スマート財税サービスを行う会社「慧算帳」に投資。
ネットイース:マイクロソフトから独立した小さな氷ロボットに投資。
総合的に見ると、大企業は応用シーンを備えたAIベンチャー企業を支援することを好む。両社はクラウドサービスの面で提携を展開することもできる。

本文は一部の企業を典型的な事例として選び、彼らがなぜユニコーンになる可能性を備えているのかを分析する。

創業者は特定業界で長年培ってきた微脈、慧算帳、簡愛酸奶

長期的に特定分野を深く耕し、そのペインポイントを発見して起業することは、創業者にとっての経験は線形的な重ね合わせだけでなく、ニーズに対する深い洞察でもある。

微脈の創始者である裘加林氏は75年代生まれで、浙江大学を卒業した。
2009年、裘加林氏が務めていた银江股份の株式が創業板に上場された。
同社は同社の三大主要業務の一つである医療情報化業務を担当し、政府部門にサービスを提供し、登録プラットフォームを務めた後、銀江智慧医療集団の董事長に就任した。

画像2

2015年には一躍創業ブームに突入し、全国の公立病院にサービスを提供するインターネット+医療プラットフォーム「微脈」を設立した。

微脈は一方で、より多くの病院の「優良在庫」を支援し、院内の基礎診療サービスのインターネット建設レベルを向上させる。
一方、病院の臨床業務の「大幅な増加」と結び付け、サービス供給を豊富にし、サービスの空間と内容を拡大する。
この2つの中核的な事業方向は、いずれも裘加林氏が長年培ってきたものである。現在、微脈は中国国内の各級病院ですでに実践されており、婦人科、産科、小児科、整形外科、腫瘍、慢性病など30余りの専門病をカバーしており、「インターネット+」に基づいて全病程経路の精密な管理と運営を行い、病院の専門サービスレベルを向上させている。

微脈は創業直後、アリババの十八羅漢の一人である呉泳銘氏、テンセントの共同創業者である呉宵光氏、源码資本の曹毅氏からエンジェルラウンドで4000万元獲得。その後、微脈は毎年1回の資金調達ペースを維持し、昨年末に1億ドルのC+資金調達した。

画像3

慧算帳の創業者でCEOの張述剛氏は国家税務総局金税三期納税サービスプラットフォームプロジェクトの総監で、15年の税務業界経験を備えている
張氏が選んだ創業の方向は記帳、財政・税務サービスで、もともとは記帳ツール製品の路線を歩んでいたが、多くの問題がうまくいかないことに気づいた。
張述剛氏は後に、記帳は確かに財税(代記帳)会社のペインポイントだが、「十分な痛み」ので、記帳を手伝うよりも客を獲得する方がいいと考えた。

2015年11月、慧算帳は初の直営代理記帳会社を開設したが、実践を通じて自営業店の運営実績が一般の代理記帳会社を上回っていることがわかった。
張述剛氏は、従来の代理店に不足しているのはツールではなく、管理システムであると判断した。
その後、慧算帳は加盟形式を通じて代理店に能力を付与した。慧算帳は現在、全国に500社以上の地域サービス機関を持ち、40万社以上の有料企業の顧客を有しており、契約更新率は85%に達しているという。

画像4

夏海通は朴誠乳業、簡愛酸奶ブランドの創業者で、蒙牛集団で15年間働き、そのうち6年間は蒙牛低温事業部総経理を務め、蒙牛ヨーグルト、生乳、チーズ製品を担当した。
一般的な風味ヨーグルトには、薄いクリーム、クエン酸ナトリウム、モノステアリン酸グリセリド、食用エキス、粉ミルクなど多くの添加成分が含まれている。
また「無添加」を中心に、「生牛乳、乳酸菌、その他はありません」と宣伝されているが、実際には薄いクリーム、クエン酸ナトリウム、モノステアリン酸グリセリド、食用エキス、粉ミルクなど多くの添加成分が含まれている
このような若いユーザーの消費ニーズに対する洞察とマーケティングにより、简爱酸奶はKOLブランドとなった。経緯創投の簡愛に対する報道では、4年間で月間売上高が30万元から6億元(2019年11月データ)に増加した。

画像5

简爱酸奶は当初、現代牧畜業、豪亜牧畜業などの大手現代化牧畜業会社を限定原乳サプライヤーとして選び、工場に代わって加工提携するモデルを採用していた。
简爱酸奶は2019年10月まで河北省豊寧工場に建設していないかった。
今年4月、简爱酸奶は8億元のBラウンド資金調達を完了し、同時にサプライチェーンの配置を引き続き深化させ、「自社工場+資本参加持株現代化牧場」モデルの建設を推進すると発表した。
ブランディングが完了後、食品の安全管理は軽視できず、简爱酸奶が今後定着するかどうかは、サプライチェーン能力が核心となる。

画像7

細分化した分野でリードする易点云&简爱酸奶

紀鵬程氏は清華大学自働化学部を卒業し、博士号を取得。
紀鵬程は15年の創業経験があり、2003年に「SKS 精品笔记本」を設立し、2014年に易点租を設立した。
易点租は、主にノートパソコンを中心とした企業のIT機器のリースと管理サービスを提供し、創業者や小規模企業のハードウェア購入とITメンテナンスのコストを削減する。
設立後6年間で、易点租の市場シェアは80%まで急速に拡大し、この分野のトッププレイヤーとなった。

画像8

2021年3月、易点租賃は5億元のEラウンド資金調達を完了し、ブランドを「易点雲」にアップグレードし、同社の業務をIT設備リースから「オフィスクラウド」サービスへと段階的に転換した。
紀鵬程氏は、易点雲はオフィス内の計算力のニーズを解決する面で全面的なサービス能力を備えており、この新業務はこれまで易点が顧客に提供してきた迅速なオンサイト修理、ソフトウェアシステムのメンテナンスなどの付加価値サービスの延長に相当すると考えている。
オフィスクラウドも非常に大きな市場であり、パブリッククラウドの市場規模は4千億元である。

まず1つの細分化された分野でトップを占め、その後、タイムリーな業務転換を通じて市場空間のより大きい分野に転換することで、易点租はまだいくつかの期待に値する。

画像9

豌豆思维は2016年に設立され、オフラインで子供向け数学思考訓練を行うことからスタートし、2018年にオンラインに転換した。
現在、有料受講者数、収益規模、マーケティング投資、ブランド知名度の観点から言えば、豌豆思维はここ2年間でオンライン子供向け数学思考領域Top3のヘッドブランドに発展している。
特筆すべきは、创新工場がエンジェルラウンドで豌豆思维を投入し、全行程をCラウンドまで5回連続投入したことだ。李開復氏も豌豆思维のプラットフォームに自ら務めたことがある。

画像6

2020年11月、豌豆思维は1億8000万米ドルのCラウンド資金調達し、オンラインの子供向け英語小クラス機関「魔力耳」と正式に合併したと発表した。
これは豌豆思维が科学分野への拡大の道に向かったことを意味する。
今年4月、メディアの報道によると、豌豆思维はオンライン小児プログラミング教育企業とコードプログラミングを買収した。
学科系の子供の思考、子供の英語から素質系の子供のプログラミングまで、豌豆思维はカリキュラムの種類を絶えず拡充し、自身の総合能力を増強するだけでなく、政策の不確定性などの外部リスクを防ぐためでもある。

将来の市場空間/発展の潜在力は極めて大きい元保&極飛科技

市場機会は発掘されていないブルーオーシャンに隠されており、商業保険のような需要/市場主導の機会もあり、また、人工知能の応用のような技術主導の機会もある。

画像10

銀保監会が発表したデータによると、中国の2020年の商業保険業は安定した成長を維持し、元の保険料収入は前年同期比6.12%増の4兆5300億元を実現し、人身保険と財産保険の比率は7:3である。
このうち、健康保険は成長率が最も速く、需要が最も大きい保険の一つだ。2016年から2019年まで、商業健康保険のオンラインルートの保険料収入は32億元から236億元に増加し、年間複合成長率は94.6%(オフラインCAGRは19.4%)に達した。
健康保険のオンライン浸透率はわずか3.34%であるが、今後も非常に大きな成長の余地がある。

画像11

元保は2019年9月に設立され、設立1年半で4回の資金調達した。
保険仲介プラットフォームとして、元保は銀保監会が発行する全国的な保険仲介会社ライセンスを保有しており、すでに泰康オンライン、陽光人寿、華夏人寿、富徳生命、弘康人寿を含む複数の保険会社と深い提携関係を構築している。
今年5月、「元保」は約10億元のCラウンド資金調達を完了し、源码資本が出資し、凱輝基金と旧株主の山行資本、北極光創投、啓明創投などが出資する。

また、新インフラ建設、新農業、新エネルギー電気自動車を含む市場機会は政策駆動であり、主に政策の奨励と推進を受けている

中国の第14次5カ年計画(2021年~2035年)は、「農業・農村を優先的に発展させ、農村振興を全面的に推進する」ことを重要な目標と打ち出している。
広東省社会科学院経済研究所の曹佳斌博士も、中国の農業データ資源は豊富で、農民のデジタル技術に対する需要は切迫しており、農村のデジタルボーナスの潜在力は巨大であり、農業デジタル化のモデルチェンジのボーナスは十分に放出されなければならない

画像12

极飞は無人化農業技術を研究開発する会社で、農業無人機、農業無人車、農業機械ドライブ、農業モノのインターネット、スマート農業管理システムなどの製品を発表し、農業生産の各段階をデジタル化し、きめ細かな管理を行う。2020年には新疆ウイグル自治区全体の綿花の80%が機械で収穫され、そのうち75%は極飛農業無人機が管理する。

画像13

极飞はすでに20カ国以上に試験基地を設立し、中国農大、オランダのワヘニンゲン大学、英国のハーバーアダムス大学、シドニー大学などと提携し、科学研究の模索、人材育成、公益協力を通じている。
2021年3月17日、極飛科技はCラウンドで15億元の資金調達を完了し、Hillhouse、百度資本、ソフトバンクビジョンファンドがリードし、資本、創新工場、越秀産業ファンド、広州新興ファンドとなる。
これはこれまで、中国の農業科学技術分野で最大の商業資金調達でもある。

創業者が一つの業界を長年深く耕すのも、細分化された分野である問題点を専攻して急成長するのも、難しくて正しい大市場を選ぶのも、それぞれの道には素晴らしさと難しさがある。
私たちがピックアップしたこの千里の馬もすべて「千里から一を選ぶ」のです。彼らは実力でユーザーを獲得し、資本の支持を獲得する。
今後、ユニコーンに進出し、IPOを実現するには、さらに大きなブレークスルーが必要であり、より良い運も必要だ。

終わりに

吉川真人と申します。10年前に北京に留学した際に中国でいつか事業をしてやる!と心に決め、現在は中国のシリコンバレーと呼ばれる深センで中古ブランド品流通のデジタル化事業を中国人のパートナーたちと経営しています。
深センは良くも悪くも仕事以外にやることが特にない大都市なので、時間を見つけては中国のテックニュースや最新の現地の事件を調べてはTwitterやnoteで配信しています。日本にあまり出回らない内容を配信しているので、ぜひnoteのマガジンの登録やTwitterのフォローをお願いします。
ZOOMを使った講演依頼やリサーチの依頼はお気軽にどうぞ。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
何百ものスキはいらない。あなたのスキで十分生きていけます!
深センファンドと組んでブランド品AI鑑定とニューリテールのリユース日中合弁スタートアップmonobankChina共同創業者。私以外全員中国人の環境でDX推進の為データ分析。中国で日本人初ユニコーン目指してIPOします|同志社|北京留学|リバ邸深セン|中国ビジネスインフルエンサー