見出し画像

人から本音を引き出すための話の聞き方 〜意見を言わない人だけが悪いの?〜

 自分の意見を出さない後輩、毎回同じ人だけが発言するミーティング、面談中に口ごもる部下…などなど。そんな空間を経験したことはありませんか?

   これは、「意見を言わない人」だけのせいなのでしょうか?ぼくはそうは思いません。

   Aさんの前では無口な後輩が、Bさんの前では饒舌になる。そんな場面はよくありますよね。
   つまり、相手や集団の空気感・メンバーによって、人の発言内容は異なってくるのです。

   あなたは、部下や後輩から「意見を言いやすい人」と思われているでしょうか?

   最近レクチャーや悩み相談をしていて、普段あまり喋らない相談者が、ぴらいに対しては積極的に質問したり、自分の考えを話したりしている姿を見て
 「どうしてですか?」と上司や同僚から聞かれることがありました。

 自分でもあまり意識したことがなく即答できなかったのですが、その人と話をして考えがまとまったので、ここで少し紹介したいと思います。

 相手に心を開いて話してもらうコツを伝える前に

まず、あなたにとって、話しやすい人と話しにくい人は何が違うか思い浮かべてみてください。

 ぱっと説明できない人は、自分の周りの話しやすい人や話しにくい人を想像して下さい。

 何が違いますか?

 話しにくい人の特徴はおそらく、下に挙げたようなところでしょうか。

・話をさえぎる
・否定的な言葉、態度をとられる
・怒る(威圧的)、怖い
・良い/悪いと評価される
・聞いたことにきちんと答えてくれない
・話を聞いてくれない
・事なかれ主義で行動に移してくれない

 これらの言動は共通して

 『自分を尊重されていない』

 と相手に感じさせてしまっています。

 人は、自分の意見を聞いてもらえないと感じると、意見を言わなくなってしまうのです。
 怖い人の前で声が小さくなってしまうのも本質的には同じだと思います。

 意見に違いはあるけれど

『あなたのことを否定しているわけではない』ということを言葉や態度でしっかりと伝える

 それが、相手に活発な意見を言ってもらえる大きな要素なのです。

 そのために、相手が発言したあとすぐに「違う」とか「いや」とか「そうじゃなくて」と否定的な言葉を言うのではなく、「そうだよね」「たしかに」「うんうん」など肯定的な言葉から始めることが大切です。

 最近では、この肯定的な言葉を言いましょうというテクニックが広がり、ストレートに否定的な言葉を投げかける人は減ってきましたが、まだまだ態度が追いついていない人が圧倒的に多いです。

 表面上の言葉では「そうだね」とか「いい意見ですね」とか肯定的な表現をするのですが、

心の底では全く思っていない

   態度に出なくても、そのあとの行動で『結局自分の意見は聞き入れてもらえなかった』と感じさせてしまう場合が多いのです。

 言葉だけでも肯定しようと頑張っているときは余裕がないので仕方がないのかもしれません。ですが、絶対にその心は相手に見透かされると思ってください。

 心の中では否定しているのにどういう態度を示したらいいのか?と思われるかもしれません。

 なにも「心で否定してしまうことも全て肯定して受け入れてください。」とは思っていません。
 違うと思うことは「違う」と言っていいと思っています。

 問題はその伝え方なのです。

 『最初から頭ごなしに否定しない』ことが大切なのです。

 どんなに自分と異なった意見や世間的に間違っている意見を言われたとしても、
 『もしかしたら相手の意見が正しいかもしれない』という前提で聞いてあげて欲しいのです。

 天動説が当たり前の時代に、ガリレオが地動説を唱えたときは誰もが頭ごなしガリレオのことを否定し、場合によってはバカにした人さえいました。
 自分が当たり前と思っていることも、実は間違っているかもしれません。

 自分の常識、当たり前を疑う心が、相手の話を引き出す大きな力になると思います。

 『目の前の相手がとんでもないことを言い出した。ありえない。絶対に間違っている。…でも、ちょっと待てよ。もしかしたら自分の常識が間違っているんじゃないか?』

 
   そんな風に思えたら、相手の話を聞く姿勢をもつ第一歩になるのです。
 「相手の意見が正しいかもしれない。だからじっくり話を聞いてみよう。」と。

 そう思えるようになると、相手の話を真剣に聞きたいという姿勢が伝わり、自然といろんな意見・考えを話してくれるようになると思います。

 みなさんも、『とんでもない変な考えをする奴がいる』と思ったら、もしかしたら相手の方が正しいことを言っているんじゃないか?
と思うようにしてみてください。

 いろんな人から意見を言ってもらえるようになると思います。

#エッセイ #コラム #日記 #人生 #生活 #人間関係 #悩み #悩み相談 #ライフスタイル #パワハラ #仕事 #ビジネス #上下関係 #上司 #同僚 #先輩 #後輩 #会社 #職場 #就職 #転職 #価値観 #思考 #べき思考 #イライラ #モヤモヤ #行動 #多様性 #凸凹 #夫婦 #結婚 #結婚生活 #夫婦喧嘩 #育児 #子育て #自己肯定感 #ストレス #働き方 #メンタルヘルス #休職 #感情 #気持ち #言語化 #メタ認知 #思考の整理 #ブログ #家族 #家族関係 #夫婦関係 #夫婦カウンセリング #自己分析

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ぴらい&ふーみんの凸凹夫婦が、色んな人に出会い、話を聴き、それをもとに気づいたことを文章に綴っています。読んだ人が「もっと楽に」生きることができるようになりますように。そんなことを願って。

私たちも大好きです❤️
28
抽象化するぴらい(夫:産業医)と口の多動で喋り続けるふーみん(妻:ソーシャルワーカー)の凸凹夫婦が悩み相談を受けて考えたことを綴っています。"べき思考・役割思考で苦しむ人を減らしたい"が人生のテーマ。Twitter→https://twitter.com/mi_nusion
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。