見出し画像

早く海に行ってらっしゃい

私の住んでいる海辺の町ではローカルサーファーが多い。

駐車場が少ないということもあり、他のポイントへ行ってしまうからだ。

50年間波乗りをしているというローカルサーファーも少なくない。

私がこの町に住んでから15年あまり。還暦を過ぎた私はどう考えても

この海辺の町で50年も波乗りを続けることはできない。

「早く海に行ってらっしゃい」

今年75歳になるという大先輩は、波がありそうだと

奥さんからこう言われ、家を追い出されるという。

奥さんもサーフィンというスポーツがよくわかっている。

沖を見るともっこりとうねりが入ってきた。

「いつか波乗りができなくなる時がくると思うけど、

乗れるまではずっと海に入るよ」

そういって軽くパドルをすると、

まるで魔法がかかったようにスッとボードが走り出し

グーフィーのいい波に乗っていった。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
趣味は写真を撮ること。そしてこのnoteには、1枚の写真から感じたことを書き留めていきます。