見出し画像

ペット探偵富岡の事件簿:戯け者の不始末

 ギリギリまで短くなった煙草を燻らせながら、泥水のようなコーヒーを啜る……なんて往年の私立探偵はまだなんとか様になる。俺の場合は、度重なる税金値上げで煙草なんぞ夢のまた夢、余り物の素麺を始末するべく、泥水のような素麺ツユ(賞味期限切れ)と奮戦している。
 そんな秋の日に、俺の事務所のドアが切迫した勢いでノックされた。

  焦りに焦った男は、挨拶もそこそこに開口一番、
 「僕の恋人を探してほしいんです!」
 「……アンタ、うちの事務所の看板は見たのか?俺はペット専門探偵だぞ」
 流石の仕事日照りの俺も突っ込まずにはいられなかった。
 「いいんです、これが写真です」
 「ん?」
 男が差し出した写真には、男を引き付ける蠱惑的な顔をした非常に美しい女性が映っていた。ただし、その美しい顔は犬の身体に繋がっている。人面犬だ。……おい、俺はオカルト探偵でもないんだが。
 「彼女は僕の子を妊娠しているんです、どうか見つけ出してください」

(続く)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
3