マガジンのカバー画像

メディカルってなぁに

89
臨床開発でもなく営業でもない。近年、製薬会社の中で少しずつ組織化されてきているメディカルアフェアーズ(Medical Affairs, MA)。実際に中に入ってみないと分からない… もっと読む
単体購入よりお得な価格設定にしました。 製薬会社のメディカル部門の概略が伝われば、と思っています。… もっと詳しく
¥950
運営しているクリエイター

記事一覧

固定された記事

【概論】メディカル、MSLってなぁに?①MAとMSLとは、キャリアは?

臨床開発でもなく営業でもない。近年、製薬会社の中で少しずつ組織化されてきているメディカルアフェアーズ(Medical Affairs, MA)。実際に中に入ってみないと分からないことが多い謎の部署というイメージを持たれている方が多いようです。転職エージェントの情報でも実態は分かりにくいことが多いと思いますので、中の人間としてメディカルについてまとめてみました。 そもそもMA、MSLって何?  日本製薬医学会 Japanese Association of Pharmace

スキ
14
有料
100

疾患当事者がMAで働くことについて

ご質問ありがとうございます。 解答が少し難しいところがありますが、率直な意見を述べさせていただきます。 結論から言うと、その企業の考えには寄ってしまうのですが、いい面も悪い面もあると思います。その両方で思いつくものを書いてみますので、ご参考になれば幸いです。 ネガティブな面当事者がその疾患を担当する場合、自分ごとになってしまって客観性を維持するのが難しいかもしれません。人は自分ごとになると客観性を持てなくなってしまいがちです。 また、当事者どうしのコミュニティに参加す

スキ
3

法務・コンプライアンス部門とMAの関係

今回は小ネタです。 意外に思われるかもしれませんが、メディカルアフェアーズは法務やコンプラ部門と密接な関わりのある部署です。科学的視点からだけではなく、コンプライアンス的な視点も踏まえての情報提供活動を行うためです。信頼性保証部付けになっているメディカルアフェアーズもあったりします(今もそうかは確認していません💦) たとえば資材レビューでは我々メディカルアフェアーズの機能の一つとして、マーケが作ったセールス資材のレビューというものがあります。代表的なものは講演会演者のスラ

スキ
1

MSLのデジタル化を考える

コロナ禍でeMRを導入したと言う話がこの2年くらいで複数聞いています。ではeMSLはどうなのでしょうか? すでにやっている会社もあるし、個人的にエムスリーのMSL君などのサービスも少しは知る機会があったので、どこまで出来そうか考えてみようと思います。 取材とかをしているわけではないので、雑多な文章ですし、もしここに書いたようなサービスがあるなら情報お待ちしております(笑) こちらのnoteも参考になれば幸いです。 さてさて、ようやく本題に入りましょう。 リモート面談の

スキ
2

質問回答:MSLの働き方は個人事業主のようですか!?

すこし変わった視点からのご質問をいただきました。MSLの働き方のが個人事業主のようだ、と聞かれた、とのことです。私自身は個人事業主の経験はありませんので、想像交えてとなりますが、考えてみました。 1.エリアマネジメントは個人の裁量も多いMSLは比較的広域を担当します。10人以下で日本全土をカバーすることが多く、営業組織ほど体系ができていない会社もまだまだ多いので、結果的に個人の裁量も大きくなりがちかと思います。 また、戦略を動かすところにより近いポジションで、MRというよ

スキ
4

意外と知られていない製薬メーカーの安全性情報報告義務

製薬会社には有害事象と副作用情報を収集して評価して厚生労働省に報告する義務(薬機法で規定されています)があります。これはMRだけの仕事ではなく派遣社員も含めた全社員に課せられます。 プロモーションだけをしていると思われがちですが、相当の力を割いていることをご理解頂けると幸いです。 今回紹介するのは、厚労省が副作用を把握する3つのルートのうち、企業報告のルートとルールです。 少し前のデータで恐縮です。医療機関からの報告も義務化されていますが、報告の9割くらいが企業報告とな

スキ
4

メディカルは医師情報をどこまでどうやって把握してる?

年に30~50人の医師に初めましてのご挨拶をしています。その際に手ぶらで行くよりかは事前情報は頭に入れておいた方がより良い面談につながると思います。 やり始めるときりがないので、すべての医師については難しいので、担当している中でも特に重要な医師=KOLに限ってになってしまいますが、このくらいはやっておいた方がいいのかな、というお話をまとめておこうと思います。 人間関係の構築の第一歩は相手の医師をどれだけ知っているか、だと思います。 0.リサーチ会社を使ったりしていますこ

スキ
3

オフィスMA、メディカルリードの仕事

このnoteではMSLとメディカルアフェアーズの仕事について書いてきましたが、よくよく考えたら内勤が主体のMAの仕事については断片的な書き方になっていました。 今更ながら彼らの仕事について説明しようと思います。MSLよりもさらに何をしているのか、業務の幅が広いポジションです。 呼び名がバラバラMSLに対応するメディカルアフェアーズの中の疾患戦略を考える人の名称は?とアンケートしてみました。思いついたものの中ではMAと読んでいる人が多そうです。 会社によってはオフィスメデ

スキ
6

質問回答:MSLが営業やればいいんじゃないのかな?

おそらくここまで営業と学術職(というとかなり語弊があるのですが)が仕事として分かれているのは製薬業界の特色だと思います。 これには歴史があります。歴史を理解すると、この状況が生まれてきた背景がご理解いただけると思います。 元々は、MRが学術情報の提供をもっと深いレベルまで行っていました。私自身就職したころは、「学術系MR」とか言われていい気になっていたものです(笑) メディカルアフェアーズの歴史は、欧米では50年近いと言われていますが、日本では本格化して10~15年と言

スキ
3

【概論】メディカル、MSLってなぁに?②KOLマネジメントと他部署との関係

臨床開発でもなく営業でもない。近年、製薬会社の中で少しずつ組織化されてきているメディカルアフェアーズ(Medical Affairs, MA)。実際に中に入ってみないと分からないことが多い謎の部署というイメージを持たれている方が多いようです。転職エージェントの情報でも実態は分かりにくいことが多いと思いますので、中の人間としてメディカルについてまとめてみました。 どんな仕事? KOLマネジメントって何しているの? MSLの業務は非常に多岐にわたっています。 適応外対応部隊と

スキ
6
有料
150

【概論】メディカル、MSLってなぁに?③メディカルのアクションと臨床研究

臨床開発でもなく営業でもない。近年、製薬会社の中で少しずつ組織化されてきているメディカルアフェアーズ(Medical Affairs, MA)。実際に中に入ってみないと分からないことが多い謎の部署というイメージを持たれている方が多いようです。転職エージェントの情報でも実態は分かりにくいことが多いと思いますので、中の人間としてメディカルについてまとめてみました。 メディカルアドバイザリーボードって何? MSLが集めてきたインサイトを元にアンメットメディカルニーズを抽出して、

スキ
11
有料
200

MSLマネージャーの1か月

現在、6人の部下を持ちながら0.5FTEくらいのリソースでプレーイングマネジャーをしています。MSLの活動よりさらに謎なMSLマネージャーの日常を書いておこうと思います。 これはあくまでも私の場合であって、会社が違えば全然違う可能性も大きいn=1の話としてご覧いただければ、と思います。 月150のざっくりとした内訳はこんな感じでした。 会議会議は結構多いです。チーム内、マーケ、MRだけでなくメディカルの他の部署やR&D、法務、ITまで。臨床研究をやっているとCROとの会

スキ
1

MSLとは:MSLのススメ

製薬会社の中にメディカル本部という部署ができて、10年以上が経ちました。その中で主に社外の顧客に接するのがメディカルサイエンスリエゾン、MSLです。色々質問をいただくので、個人的に思う適性について書いてみました。 本Noteはこちらの補足的な位置づけです。 1. 求められる能力は? 代表的なCSO シミックアッシュフィールド社のHPでは、このような人物がMSLとして望ましいと書かれています。 知識:Ph.D.(薬学や自然科学分野)もしくはM.D.(メディカルドクター)

スキ
27
有料
150

臨床研究契約の枠組み概説

臨床研究の実務は知ってるけれど意外と経験が得られないのが諸々の契約書です。1つの契約で複数の組織を契約することもあれば個別に契約が繋がっていく場合もあります。契約を繋いでいくことで研究組織が出来上がります。 倫理委員会での研究承認と並行して遅滞なく進めないといけないのが研究組織の契約締結です。 研究組織の形態は色々ある研究契約も委受託契約や共同契約など研究形態によっては種類や書きっぷりも異なります。 復習がてら、医師主導型、共同研究型、企業主導型の違いは再掲しておきます

スキ
1

ライフサイクルマネジメントとMA業務

医薬品も商材ですので、製品には寿命があります。 製品特許も通常は20年ほどで、それが過ぎるとジェネリック医薬品が参入してきますし、発売後にも競合品が参入してきて市場が大きく変わることもあります。 医薬品のライフサイクル新薬を1剤世の中に出すのに平均1700億円もの開発費がかかっていると言われる時代です。そうなると既存の薬剤の価値をより高めるために適応拡大するか剤型追加したり、という戦略のほうが投資額と時間が短く、成功確率が高いのだと思います。 製品の特許は、化合物が世界に

スキ
4