見出し画像

08/05の日記 (申し訳ないこと)

度々僕の日記に登場する息子(7歳)なんだけど、その息子にいつも「申し訳ないなぁ」と思うことが一つある。

それは何かと言うと、僕が朝早く会社に行くことだ。

僕が言うのも変なんだけど、息子はなかなかのお父さんっ子で、なかなかに「ねぇねぇお父さん!」と僕に絡んでくれる。アラフォーの男子にとってはなかなかに稀少な存在だと思う。そういう自覚があるからこそ、息子は愛おしい。もちろん妻も娘も愛おしい存在には間違いないが、絡んでくれる具合で言うと家庭内では断トツだし、家庭外と比べるともう回数が三桁くらい違う。

一般的な7歳男子たるものがどんな感じなのかはよくわからないが、例えば僕がこの日は飲み会だとか言うと、プンプンと怒り出してしまう。「飲み会に行く日は事前に言ってよね!」と、妻にも滅多に言われない台詞で息子に怒られて、苦笑してしまったこともある。

息子は話したいのだ。今日何があったか、何を作ったのか、どんな絵を描いたか、どんなダジャレを思いついたか、何がうまくいかなかったのか、どこをぶつけて痛いのか、何を新たに知ったのか、明日は何をしたいのか。たくさん色んなことを、僕に話したいのだ。毎日。

もちろん、そんな話を息子は母親にだってするわけだけど、きっとそこにはない男同士のなにか、つまりはたまに、得意げで、くだらない、本音というか弱音も混ざった、男子同士っぽい、うーん、たぶん平たく言うと「ちんちん」的な会話がしたいのだ。いま「ちんちん」と何の迷いもなく書いたけど、①内容が伝わらない、②note的に大丈夫か、の二点でとっても不安になったけど、まぁ続けますね。

数ヶ月前までは通勤が5分というめちゃくちゃ恵まれた環境だったので、家族と朝ごはんも食べられたし、なんなら息子を小学校へ、娘を幼稚園へ連れて行ったりしてた。晩御飯だって、週の半分以上は一緒に食べられたんだけど、如何せん東京に住み出してからは、それらが難しくなってしまった。

平日の夜はどうやっても、家族でご飯を食べるのが難しい。僕が帰りの電車に乗る頃には、子供達はもうご飯を食べ終わって歯磨きの時間だったりする。そして僕が家に着く頃には、もうベッドの中だったりするわけだ。加えて、たまに早く帰れそうな日だって、誰かに誘われればホイホイと飲みに行ってしまうような意思の弱い父親なもんで…とにかく夜会えることが、なかなかない。(飲むなよって話だ)

じゃあせめて朝だけでも、と思うのだけど、僕は(満員電車が嫌いだから)早くに出て行ってしまうのである。それでも子供たちの顔を一目見ようと、だいたい彼らが起きてきてから10分後くらいには出かけるようにしている。それでも、今日みたいな休み明けや、出張明けの日の朝はもっと早く出てしまうので、「おはよう」の一言だって交わせない日だってある。

そんな日は息子に事前に、「明日はお父さん早く出かけるからね!」と伝えるのだけど、ついつい忘れてしまった日なんて大変だ。「なんで起こしてくれなかったの!」とか、「いってらっしゃいって言いたかった!」と妻が怒られてしまうからだ。妻からしたらとばっちり感が半端ないわけだ。どうせあんた達二人でちんちん的な会話するだけでしょう、と呆れているかもしれない。僕のせいで妻が怒られるのも申し訳ない。

それで僕は、どうしても出かける前に、息子のほっぺたをつねって「おはよー」とか、「お父さんいってきますよー」とかを耳元で言ってみたり、寝ている姿をチェキで撮って「いってきます!」と書いてみたり(これは今考えても意味不明だな)、なんとか「起こそうとした痕跡」を残すのだけどまぁ無駄に終わる。やっぱり息子は、自分の口で、一つでもいいから何かを僕に話したいのだ、きっと。

だからまぁ、平日の夜になかなか会えないのはどうにも仕方ないにしても、朝に早くに出て行ってしまうのはとっても申し訳ないなぁと思う。まだ家族で東京に住み始めて数ヶ月だから、いろんなことを、ちょっとずつリズムをつけていく段階ではあるのだけど。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

お蕎麦屋さん開きたい。

うれし
45
家族のこととか、普通の日常を書いています。ビール飲んだり料理したり。1983年生まれ。2018年:note×旅する日本語 企業賞 2019年:note×午後の紅茶 審査員(とみこさん)特別賞

こちらでもピックアップされています

愛でたい息子
愛でたい息子
  • 8本

息子のはなし。たまに妻や娘も。

コメント (12)
そばさんの日記、あたたかい。わたしそばさんじゃないけど、読んでそばさんの気持ちになったり、息子さんの「ちんちん」話に吹いたり、奥さんのとばっちりもリアルに感じられる。なんだろね、この感覚。
アラキナツさん、なんでしょうね 笑 なんでもないことしか書いてないからですねきっと😂でもそうした感覚感じてもらえるのなんか嬉しいなぁ。
いいなぁ、大旅さん
その親子関係(家族関係)は私の憧れですよ
「ちんちん」だけど(笑)私のマガジンに入れたい!
入れましたので宜しくお願いします
久保マシンさん、嬉しいコメントありがとうございます 笑 マガジンにまで入れてもらって🙇‍♂️
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。