11月の投資成績を公開した件
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

11月の投資成績を公開した件

ザッキーチャン

11 月はどんな月であったか

11月の最後にガツンときましたね。FRB議長にはパウエルさんの再任が決定し、ついにテーパリングの宣言がありました。これについては市場も予想通りということで大きな動きはありませんでした。しかし、インフレ懸念によって利上げの時期がどうなるのか?来年何回利上げをするのか?でその後は市場は少し混乱していたように思います。米国10年債利回りは利上げ予想で1.6%台まで上昇しましたが、オミクロン変異株報道で、一気に1.4%台まで下降しました。日本は岸田政権になってから下落が止まらずです。経済オンチとしか思えません。短命政権であってほしいですね。

画像1



指数

画像2

画像3

画像4

指数を見ていきましょう。ダウ、S&P500、ナスダック総合全てにおいて月の最後に最安値を付けました。オミクロン変異株報道が26日金曜にあり、株価の下落が始まりました。その後、一旦翌週29日月曜には株価は上昇しましたが、30日火曜にモデルナのCEOが既存のワクチンが有効ではないと発表し、株価は下落、さらにパウエル議長がまさかの早期利上げ発言。これにより一気に株価は下落していきました。

画像5




10月までのポートフォリオ

画像6

11月のポートフォリオ

画像7

11月は特に意識して買い増した物はありませんでした。月の前半は株価も好調でしたが、オミクロン変異株報道で一気にマイナスになりました。ビットコインは全体の1%までと決めているので11月は購入していません。12月もまだ購入する予定はないです。



成績(前月比)


米国株  -0.4%
先進国株(米国日本除く)  -6.4%
日本株  -8.9%
新興国株  -5.7%
債券  +0.3%
コモディティ  -7.2%
ビットコイン  -26.0%
全体  -3.7%

先進国は特に欧州の新型コロナの再拡大によるロックダウンが懸念されて大幅に下落。新興国も原油や天然ガスの下落や、米国の利上げによる米ドル高で資金流出による下落が見られたように思います。ゴールドは月の前半は上昇していましたが、後半に下落。株価の下落の保険として長期国債がプラスで頑張ってくれました。また前月に比較してドル安に大きく影響を受け、マイナス幅も大きくなっています。


ウェルスナビ成績

前月比 -3.6%


ウェルスナビもマイナス。株価下落とドル安の影響です。


12月はどうする?

12月は税金対策のための損出しが行われます。またこのオミクロン変異株ショックの下落は買いなのか、VIX指数を見ながら、投資額の増額を判断したいと思います。VIXが30を越えたら投資増額してもいいかなと思ってます。暴落と言ってもまだ大きな暴落とは言えませんので、淡々と積み立てしてとりあえずは様子見です。

画像8


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます。私もあなたの事大好き❤
ザッキーチャン
投資初心者向けに素人にも分かる!シリーズをお届けします。私は量産型の一般サラリーマンです。資産運用歴は約20年で、長期投資でローリスクな運用を目指しています。投資についてもっと人々に知ってもらいたくnoteを始めました。よろしくお願いします。