世界の中の中国をインターネットとビジネスから読み解くぞ
見出し画像

世界の中の中国をインターネットとビジネスから読み解くぞ

初カキコ、ども。ザハという名前でツイッターをやっている者です。界隈ではほぼ狂人で通っていますが、時折天からのお告げがきてこのような文章を書くことがありまして、今回はその第2弾として「どうやって中国は驚異的な成長を遂げて今のポジションにいるのか?」という疑問についてインターネットとビジネスの両側から読み解いていきたいと思います。↓前書いたやつ。

そもそもどんな国なんだっけ中国

日本からほど近い中国ですが、その実態はあまり知られていません。私もよく知りません。だって意味わかんないでしょ。しかし、近年凄まじい経済発展を遂げており、2010年にはGDPで日本を追い抜いて一挙に世界2位の経済大国へのし上がりました。意味わかんないからといって無視できる状況ではありませんね。これからのあなたの経済活動において否応無しに意識せざるを得ないことは明白。まずは社会の教科書的な部分からおさらいしていきましょう。

■基本スペックがチート

突然ざっくりした話をはじめますが、経済の発展に必要な要素とは何でしょうか。めんどうなので乱暴に考えていきます。コーエーの信長の野望や三国志をプレイしたことがある方はピンとくるかもしれませんが、文明の発展・経済の発展の勝ち筋を大雑把に定義すると

「巨大な人的・物質的資源(リソース)を保有していること」

「巨大な人的資源を効率的にコントロールできること」

の2つです。

旧世紀のアメリカやヨーロッパは上記問題を「別の大陸から奴隷を連れてくる」という乱暴な方法でクリアしました。また、近年のアメリカ(オバマ政権)はグローバリズムを謳い、優秀な移民をアメリカ国民と定義することでその手法を発展させました。その反動が共和党と白人の怒りの象徴であるトランプ政権ですが、この話は長くなるのでストップ。そして調達した人的資源を資本主義的競争経済という形でコントロールを試み、現在に至ります。

中国は紀元前からめちゃくちゃ人が多いのと、国土がめちゃくちゃ広いので外からリソースの調達が不要です。その豊富なリソースを共産主義という形でコントロールしようと試みたのが俺たちの毛沢東先生です。結果的にこれは失敗に終わりまして、鄧小平というおっさんにバトンタッチしてから政府が強力なガバナンスを効かせながらの資本主義経済にシフトしますこれが1978年のことです。

画像1

(Google:国内総生産より抜粋)

その後こんな感じで爆発的な成長を遂げています。内訳は工業とITと土地。グラフにもあるインドは中国・アメリカに並ぶ巨大な国土と人口を有しながら、カースト制度という仕組みが足を引っ張り人的リソースを効率的に利用できなかったがために数十年パッとしません。みなさんも建国される際はおぼえておいて損はないです。大事なのは「リソース」とその「コントロール」です。

世界経済における中国の存在感

■世界の時価総額トップ企業20位をアメリカ・中国が独占

画像2

(https://www.180.co.jp/world_etf_adr/adr/ranking.htm より)

アメリカすげー、という感想の次に、7位 8位に中国の2大 IT企業グループである「アリババ」「テンセント」が食い込んでいるところに目がいきますね。目がいってくれ。それぞれ1998年・1999年、いわゆるドットコムバブル時に生まれた新興企業です。この記事では、これらのチャイナ・インターネットジャイアント企業とグローバルのインターネットジャイアントを比較しながら考察していきます。

中国インターネットジャイアントのビジネス構造

キーワードは「戦略的買収」「戦略的模倣」「戦略的鎖国」です。

テンセント、アリババの展開するモバイル・エコシステム

アリババは「中国のAmazon」、テンセントは「中国のFacebook」といった感じのサービスを提供しています。注目すべくはどちらも「メインターゲットが13億人の中国人であること」「アメリカのサービスと比較してモバイルに特化してること」です。驚くことに、上記2社の驚異的成長はほぼほぼ国内需要によって支えられ、グローバルマーケットへ門戸を開き始めたのはここ数年の話なのです。詳しくはこのへんを参照してください。

さらに米インターネットジャイアントと比較して、同2社(+3番手のBAIDU)は国策で設定された経済特区である北京・上海・深セン・杭州をから発生したスタートアップ企業を迅速に買収し、インターネット・サービス・プラットフォーム企業として網羅的なセクションでサービスを展開することで自社サービスによるエコシステムを作っています。言ってることの意味がわかりますか?わかんないだろうな。

一例としてアリババのグループ会社をあげますが、全部、もう全部やってるじゃん、人間の全部。

--
1688.com(Wi-Fiサービス)、1stdibs(富裕層向けEC)、58 Daojia(清掃、配車)、AGTech Holdings(農業テック)、AdChina(広告)、Ali Games(ゲーム)、Alibaba AI Lab(人工知能)、Alibaba Cloud Computing(クラウド)、Alibaba Health Information Technology(ヘルスケア)、Alibaba Music(ストリーミング) その他教育、運輸、メディアなど。
--

これを日本の環境に置き換えると、LINEを開くだけで買い物、決済、ゲーム、行政手続き、英会話、出前、タクシーの配車、病院の予約など何から何までアプリ上で完結できる状況ということです。まだあまり想像はできませんね。(そして残念ながらLINEは韓国資本の会社です)。アプリによるオンライン決済を基軸としたキャッシュレス化がにわかに注目を集めている中国ですが、それだけ中国のインターネット市場はモバイル文化に深く浸透したオンライン決済技術が、それを強力に牽引しています。(ちなみにアメリカはクレジットカード+PayPALによるキャッシュレス文化です)。中国のモバイル決済ユーザ数はアメリカの11倍というデータがそれを裏付けています。

画像3

(引用:https://www.abacusnews.com/china-internet-report/ )

画像4

共産党当局主導でスタートアップ特区を作り、スタートアップ企業を支援し、育ったタイミングで巨大資本が自社サービスに組み込みエコシステムを強化する、という官民が足並みを揃えた戦略的買収が驚異的な成長を後押ししたと言えますね。

(参考: https://www.recordchina.co.jp/b203132-s0-c20-d0035.html)

ビジネス構造の戦略的模倣

上のほうでテンセント/アリババのサービスをFacebook的な、Amazon的な、と書きました。もっと直裁的に言うとそれぞれのサービスは国家をあげたビジネスモデルの丸パクリです。チャイニーズサービスとアメリカンサービスーの内容を対照表にしたおもしろい図があったので見てみましょう。

画像5

右のほうは見知ったロゴがたくさんあるのに対して、ほぼ全部のレイヤーに中国の独自サービスがあります。彼らは世界一のユニコーンサービスと似たようなサービスを提供しながら、決して競合することはありません。何故なら、ターゲットがあくまで隔絶された中国国内のインターネットユーザだからです。中国の凄まじいところは、世界の革新的サービスに似せたサービスがいち早く生まれ、資金が投入され、海外から人材を引き抜き、中国国内で圧倒的シェアを得ていることです。かっこよく言い換えると国家を挙げたビジネスの戦略的模倣となります。パクリ野郎〜〜〜〜〜〜〜。

戦略的鎖国と情報規制

大事なことを忘れています。パクっただけでは勝てません。驚くべきことに、たった数年前まで日本のIT企業は、まだ何者でもなかったテックジャイアントたちに本気で勝てると思っていたのです。たった数年前までmixiとGreeは、Facebook・Twitterを抑えて国内SNS市場で圧倒的シェアを持っていました。たった数年前まで楽天の国内アクティブユーザ数はAmazonを遥かにしのぎ、Amazonはただのオンライン本屋さんだったのです。たった数年前まで日本のケータイ電話の技術は世界を牽引していました。2018年現在、結果はご存知の通りの状況です。

どうやって中国はグローバル企業の脅威を跳ね除けて、国内で産業を伸ばしたのか?答えはインターネットの戦略的鎖国です。

■金盾(グレート・ファイアウォール)を使った物理的情報の遮断

中国政府は、「金盾」という国家ぐるみのインターネット情報規制装置を導入し、以下を規制しています。

・自国民の海外Webサービスへのアクセスの規制
・海外からの中国内Webサービスへのアクセス規制
・個人のインターネットアクセスの検閲

これによって、中国人は中国国内のインターネットサービスを使わざるを得ず、結果的に中国人民元(ウォン)の海外企業への流出がセーブされることになります。ただし、中国国内で育った技術やサービスは共産党政府の監督のもと積極的に国外へ輸出されるため、中国政府は効率的に外貨をゲットすることができます。この戦略的鎖国と情報統制が中国の躍進モデルの中核と言えます。引きこもりのパクリ野郎〜〜〜〜〜〜〜。

画像6

共産党政府のガバナンス化で進められたビットコインを使った外貨獲得

ここでお待ちかねのビットコインですが、ビットコインを使った外貨獲得についても非常に早い段階で共産党政府はガバナンスを効かせています。

中国の投資家に対するビットコイン取引規制は何度かに分けて大規模に実施され、その都度市場に大きな影響を与えました。当局は非常に早い段階でビットコインを資産クラスと認識し、いかに共産党政府の監視下に置きながら、世界初の金融技術と付き合っていくか?を世界に先立って検討した国のひとつと言えるでしょう。

画像7

2018年現在では、中国当局は小規模な仮想通貨取引所への規制を強化し、Huobi、BTCC、Binanceなどの取引所プレイヤーは香港やシンガポール、セーシュル等の国外に移転を余儀なくされました(これは経済的損失といえます。やはりP2Pの暗号通貨取引であること、グローバルに門戸を開いたビジネスは推奨されない傾向にあります)。
反面、暗号通貨マイニング世界最大手にまで育ったBITMAIN社は近年の中国発の新興企業としては世界最大級とも言えるスピード・規模のユニコーン企業にまで育ちました。

このように、暗号通貨のP2P取引を規制することで、中国人の資産が外人にカモられることを防止し、国家を挙げたマイニングカンパニーへの支援によって暗号通貨市場への一定のコントロールを得る、ということに成功しています。

Googleの使命と中国の情報規制の衝突

ちなみに、中国の引きこもり戦略に俺たちのトランプ大統領はマジギレしているため、よくツイッターで中国に対するヘイトをあらわにしています。上記は関税ブチあげるからなバカヤローと書いてあります。

もうひとつ、中国のえげつない情報規制にブチギレている巨大企業があります。Googleです。Googleのモットーを噛み砕いて書くと「インターネット上のあらゆる情報の整理」になるわけですが、情報を遮断・検閲して引きこもる中国の姿勢は、そのようなGoogleの理想と対局にある悪の国となります。Googleの初代CEOラリー・ペイジはそのような中国の姿勢にあからさまにキレ続けていました。

しかし先日Bloombergより「Googleによる中国の検閲済み検索エンジン「Dragonfly」への技術提供が発覚し、Google従業員がマジギレ」というニュースが出ました。2代目CEO ピチャイは中国を、優良なAI産業・ゲーム産業の投資先として見ているのです。

ちなみにもうひとつ情報操作と検閲が大好きな国がありまして、俺たちのロシアです。アメリカ大統領選の選挙結果の不正操作をめぐる「ロシアゲート問題」が記憶に新しいですが、トランプ政権、ロシア、中国、そしてFacebook・Google等のグローバルカンパニーを登場人物に加えて、21世紀の経済戦争のステージは今、インターネット回線越しに情報の自由を巡って行われようとしています。

インターネットジャイアントの中国進出

前段で中国のことをビジネス鎖国クソ野郎と書きましたが、完全にシャットアウトしているわけではありません。
香港は、かつてイギリス植民地であったことから「中国のようで中国でない普通に考えて中国だけどなぜかビジネス進出ができる中国の出島」として機能しており、多くのグローバル企業は中国へのビジネス進出の足がかりとして、また前述したグレートファイアウォールの物理的(論理的)な迂回路として香港に拠点を置きます。

また、台湾も「中国が言うには中国の一部なんだけど国際的には別の国」という不思議な立ち位置から、香港同様の中国進出の足がかりにされるケースがあります。具体的にはGoogle社のクラウドサービスである「GoogleComputePlattform」は東アジア拠点として台湾リージョンを真っ先に立てました。

ここから先はマニアックな話になりますが、Amazon、Microsoft、Cisco等は中国の現地法人と合同会社を作ることで、共産党政府へうまいこと忖度しながらビジネス進出しています。例えばアマゾンのクラウドサービスであるAWSは現在、北京リージョンと寧夏リージョンが利用可能です。内容としては「AWSと同じ内容のインフラが中国国内で展開できる」だけで、物理的にはAmazonのグローバルネットワークからは隔離された別物となりすし、機能も大幅に制限されています。

このへんの話がおもしろいのは多分同業者だけなので、めちゃくちゃ割愛しました。泣きながらめちゃくちゃ割愛しました。マニアックな話終わりです。

まとめ

そうねえ。まとめるとこんなかんじかな。

・世界中と繋がっているはずのインターネットが中国だけは物理的に隔絶されている
・市民、情報、ビジネスに対して共産党政府が強力なガバナンスをきかせている
・人民元流出の抑止、世界中から優秀な人材の引き抜き等 人と金の流れをコントロールすることによって驚異的な経済成長を遂げてきた

というわけでこれからも中国市場に目が離せませんね。ちなみに中国市場は今まさに二度目のチャイナショックを思わせる大崩落を迎えています。
書いてるうちにロシアにも興味が出てきましたが、もっと書くのがむずかしそう。最後に、ブルーハーツの青空の歌詞を引用して締めたいと思います。読んでいただいてありがとうございました。ほなほな。

神様にワイロを贈り 天国へのパスポートを ねだるなんて本気なのか?誠実さのかけらもなく 笑っているやつがいる 隠しているその手を見せてみろよ THE BLUEHEARTS/青空



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
zahaplan

た、種もみが~~~

あざす
外国株と仮想通貨に投資をしてるOLです。