202002|東京コーヒー散歩_#1|Coffee Wrights 蔵前 さん

2020.2.20のことです。

私は東京へ2泊3日の行程で出かけました。

わたしが東京へ行くときは、例外なく、なんらかの目的を2つ3つくらいこじつけ、出発します。

今回は事前に、以下の目的を設定していました。

・コーヒーショップをめぐり、気に入ったコーヒー豆を調達する
・学生時代の知人と再会し情報交換する
・ハンドメイド作家たちによる、てづくり市を見物する


この投稿では、最初の目的、「コーヒーショップをめぐり、気に入ったコーヒー豆を調達する」について、備忘録のつもりで、お店のことやコーヒーのことなどを、複数回に分けて記していこうと思います。

-----

1日目 ~蔵前~
Coffee Wrights 蔵前 さん

 羽田空港に到着したのは10時30分頃。宿は浅草界隈に決めていたので、京急線に乗り、浅草へ向かう。観光で有名なスポットなんてお構いなしに、まずはホテルにキャリィケースを預け、事前に調べていたコーヒーショップの位置関係をGoogle Mapsで確認する。

 今回のコーヒーショップめぐりは、蔵前エリアと目黒エリアを1日ずつ散策した。初日は、蔵前エリア。浅草のすぐ南で、じゅうぶん徒歩圏内。

 まず訪れたのは、「Coffee Wrights 蔵前」さん。蔵前の駅から国際通りを渡り、少しあるいた路地の中にある。

 白い壁のお店、2階の窓から食事をしている方が見えた。イートインがあるらしい。

 店頭の引き戸を開けると、木目調のカウンタには数種類のコーヒー豆が展示されており、奥には焙煎機が見える。そして、コーヒーのいい香りがする。1件目から期待通りの正解くじを引いた気分。ちょうどお昼だし、コーヒーと一緒に食事もすることに。

 コーヒーは豆を選ぶことができるので、好みや気分に合わせてセレクトするとよい。うち、いくつかは試飲することができた。私はその中から、その時の気分でフルーティで浅煎りのお豆を選んだ。

 店員さんと少しだけお話をした。北海道から来たと告げると、三軒茶屋にある系列店に北海道出身のスタッフがいるらしい。ぜひお会いして、地元ークをしたい。


 注文したら、2階へ。もともと、町工場や不動産屋の事務所だったのか、随所に改装したところが見え、それがまたいい味を出している。

 コーヒーとトースト? もちろんおいしかった。気になるなら、ぜひご自身で。

 お店にはWiFiがあります。ありがたいことです。

 お土産用のコーヒー豆も購入。お土産といっても、自分用。ニカラグアの「La Bendicion」というお豆。英語でいうところのblessing、天からの恵みとか祝福の意味らしい。お豆の詳しい情報は、下記の店舗さんのブログをご覧ください。私、まだ北海道に帰還したばかりで、封をあけていないのです……。はやくいただきたい。


coffee-wrights.jp

おいしいコーヒーとトーストをごちそうさまでした。すこしまったりして、次のコーヒースタンドへ向かいます。

つづく

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます~
1
いたって普通の会社員。北海道在住。20代。趣味のこと(コーヒーとか、キャンプとか、吹奏楽とか)について、記録出来たらいいなと思っています。思っているだけです…。アイコンは、のろさん(https://note.com/norokuma3)に描いて頂きました、ありがとうございます。

この記事が入っているマガジン

yosshie's_coffee_notes
yosshie's_coffee_notes
  • 8本

わたしのコーヒーに関するおはなし。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。