見出し画像

【世界初】 誰でも"0円"で本格的なアプリを作れる 『Appify』 をリリースします

D Technologies のゆずしおこと福田涼介です。

2019年12月4日、誰でも”0円”で本格的なアプリを作れる『Appify (アッピファイ)』のα版をリリースします。

Appifyは「単純なコンテンツしか配信できない」「デザインが固定されている」「サクサク動かない」など、既存のクラウド型アプリ開発サービスと違い、アプリごとに最適な機能・UI/UXを実現します。

Appifyを利用するメリット
・ アプリ毎に機能のカスタマイズが可能なので最適なアプリを作れる
・ 初期リリースまでの費用が0円なので開発費を抑えれる
・ 開発から運用まで全てを解決できる
・ エンジニア・デザイナーを雇う必要がなくなる

α版にはなりますが興味を持っていただければ、以下のフォームよりご連絡ください。

開発の流れ

作りたいアプリの概要やデザインを弊社に伝えていただくと、それがサクサク動くアプリに変わります。

弊社はアプリケーション開発におけるコア機能のフレームワークを多数保有。これらを組み合わせることによって通常かかる開発コストの最大8割を削減できる仕組みになっています。(残りの2割は弊社のエンジニアが実装)

開発実績

まずは第一弾として株式会社NAKD社のパーソナルトレーニングアプリを開発。こちらのアプリは、着想から開発・リリースまでたった2週間で行いました。ちなみに実装に使った時間はその内4-5日程度です。(近日AppStore公開予定)

利用者の声

アプリ開発をしようと思っていましたが、PMF検証を行うにあたりプロダクトの制作コストが1番のネックとなっていました。Appifyは無料でアプリが作れるのと、依頼してからがとても早いのですぐに検証を進められそうです
- 株式会社NAKD 大久保光佑さん

最後に

プログラミング教室など教育系サービスによって、エンジニアの人口は増加傾向に。しかしエンジニア需要の高まりに応じて人件費も高騰しており、エンジニアを採用できないという話をよく耳にします。

こういったエンジニアリソースに課題を抱える企業の皆様をAppifyでサポートさせて頂くことで、より多くの革新的なアイデアが実現される世界を作りたいと考えています。

「こんなのは作れるの?」など質問がありましたら以下のフォーム、または僕のTwitter (@yuzushioh)のDMよりご連絡ください。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

265

コメント6件

これ気になり、α版の申請をさせていただきました!
個人利用は可能??
コーディングしかできない人はほぼいらなくなる時代がきますね…。
すごい!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。