見出し画像

貴方の家族を殺した犯人が、無罪になったら

【個人情報保護の観点から、特定に繋がるような情報にはフェイクを織り交ぜています。ご了承ください】

先日askに、こんな質問が寄せられた。

画像1

この質問は、私が今まで幾度となく繰り返してきた「自問自答」を投げかけられたものだった。

この問いと向き合うことになったのは、自分が勤めていた病院(精神科)の電子カルテを見て、後輩看護師と討論になったのがきっかけだ。

ある日の深夜勤中、ひとつ下の階に入院している「ある患者さん」の話が持ち上がる。

「あの人、ずっと隔離にいたでしょう。今日、数年ぶりに隔離を解除したら、受け持ち看護師の鼻を思いっきり殴って、骨折ですって。もちろんまた隔離。もう一生出られないですよね」

鼻息を荒くしながら語る後輩看護師の話にテキトウに頷きながら、私は「あの人」のカルテを開いた。

電子カルテは、病院内全体の患者さんの情報を閲覧することが可能だ。名前や病棟を打ち込めば、その患者さんの既往歴(今までの病気の情報)や、薬の処方履歴、医師の診察記録、看護師が記入した、毎日の記録等が表示される。

「あの人」の最新情報の欄には、医師が記入した「隔離の指示」があった。

精神科には「開放病棟」と「閉鎖病棟」があり、患者さんの状態によってそれぞれが振り分けられるが、そのどちらにも適応できないレベルで危険であり、自分や他人を傷つける恐れが高いと判断された場合に指示が出るのが、この「隔離(保護)」もしくは「拘束」だ。

この記事はこちらへ移動しました。

#精神疾患 #コラム #裁判


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

156
泥沼人生のおかげで物書きになった人。本やコラム書いてます。@yuzuka_tecpizza

この記事が入っているマガジン

okiniiri
okiniiri
  • 244本

スキ!のなかから もっと お気に入りのものを見つけた時、 備忘録 メモ。

コメント (3)
大変考えさせられ勉強になるエントリーでした。
しかし、個人的な意見ですが事実上、精神病棟が刑務所として使われてる状況と病気だから無罪というのは法律がおかしいと思います。
治療とは言っても閉じ込めて刑務所と同じような構造にしないといけない訳ですよね。
そして、単に自傷の危険があるからではなく犯罪を犯して収容されている。
これは心の問題として精神疾患によって犯罪がなされた事が許せるか許せないからという問題から申してるのではなく、
病気であるから犯罪を犯してしまったのは仕方ないという法理がそもそもおかしいのではないかという事ですね。
そして民間の病院に刑務所の役割をさせて看護師が鼻を骨折する自体が生じてる訳で、それはそもそもの法律の運用がおかしいからだと思います。
看護師は刑務官ではありませんし。
現実に危険な犯罪を犯した人を収容してる訳で看護師に治療以上の役割を担わせてる法律がおかしいと思いますね。

病気のせい。それでも無理ですわ。
法のもとに平等と言いつつ、相手は法の埒外。
ならば、と思うのは罪だと言うなら片付けたあとで法のもとに裁いてくださいな、と。
これが正直な感想です。
障がい施設利用者と同じ言動をする人がいます。
入院レベルではなく、一般職として働いていました。
彼の本質が何なのかは解ります。
だから…。
精神疾患だから。
何をしてもいいか?には無理です。
殺人という行為、デタラメを拡散された当事者や関わる人達。
だから、どうするか?
最近は水掛け論になっている人とも、だから、どうするからはじめています。
目の前の人と向き合っているだけであり、過去や人から学びました。
この文章からも多くを学べています。
色々と教えていただきありがとうございます。
施設に行きたがらない彼の気持ちも解ります。
彼の本質がそうなのだから…。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。