性の悦びおじさんを笑った人へ
見出し画像

性の悦びおじさんを笑った人へ

yuzuka

「性の悦びおじさんが死んだ」

その書き込みを見た時、得体の知れない胸騒ぎが「形になった」気がした。
私が最初に彼を知ったのは、彼を知る殆どの群衆と例外ではない「Twitter」での拡散動画を見たのがキッカケだった。

タイムラインにリツイートされてきたその動画を再生して、悲しくなったことを覚えている。

「こんなものを平気で拡散する人がいるのか…」

これはなにも、彼の動画が初めてではない。
今までも数多くの「一般人の奇行」を盗撮した動画が、不特定多数の人に拡散され、ネット界を独り歩きしてきたのだ。私はそんな動画を見る度に、心が痛んだ。

あの動画を「撮った」人がいる。ネットに流出した動画を見て「笑った」人がいる。そしてそんな彼をまた、他人に「見せようとする」人がいる。

画像1

彼らの動画を見て、もしくは彼らの実際の姿を見て、本当に何も思わないだろうか?

乗客が多数いる車内で、大声を出す。道を歩きながら突然話し出したり、笑ったりする。見ず知らずの人に話しかけて、厭らしい言葉で不快にさせる。

そんな彼を「ただの面白いおじさん」だと本気で思っている人がいるのだとしたら、この記事を閉じてもらっても構わない。

でも、きっとそんな人は極少数だ。きっとみんな、分かっているはずなのだ。

この記事はこちらへ移動しました。

#コラム #エッセイ #いじめ #性の悦びおじさん #写真

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
yuzuka
泥沼人生のおかげで物書きになった人。本やコラム書いてます。@yuzuka_tecpizza