見出し画像

7/5開催! PxTX(People by Team Experience)を開催するワケ

はじめに

新卒入社したアトラエに出戻り(出戻りストーリーはこちら)し、wevoxというエンゲージメントの計測ツール(≒組織改善プラットフォーム)を多くの企業に紹介している。

所謂、大手企業に対話の機会を頂くが、「働き方改革の文脈でテレワークの推進をしたが、投資対効果が良くない」、「どうしたら働きがい、生産性があがるのか?」という声が届く。

もちろん企業によって課題感は個別で異なるワケだが、どのようにしたら生産性が上がるのか、エンゲージメントが高まるのかはみんな悩んでいる。

なぜPxTX開催するの?

2018年6月29日に成立した働き方改革法案。2019年4月1日をもって、ついに改正法が適用開始された。残業時間、有給休暇取得など、従業員個人の体験に焦点があたりガチだが、我々は働き方改革から働きがい改革に注目している。

個人の働き方、エンプロイーエクスペリエンス(Employee Experience)を高めることももちろん重要だが、我々はチーム版UX、チームエクスペリエンス(Team Experience)という概念がとても重要だと思っている。

そのため、「Team Experience」「エンゲージメント」という概念を啓発するためのイベントを実施しようと思った。

wevoxというプロダクトの販売促進目的のイベントではなく、あくまで投資事業として、「世の中にチームエクスペリエンス(Team Experience)を提案しようぜ!」って意思決定だ。

尚、イベント名はSXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)をリスペクトし、PxTXとした。People by Team Experienceの略だが、我々アトラエはPeople Techの会社であり、Team Experienceという概念を啓発していきたいという思いを込めた。

PxTX(People by Team Experience)のコンセプト

一般的なHR系のカンファレンスでは、「ビジネスリーダーが語る」という形式が多いと思う。せっかくチャレンジをするなら今まで日本になかったイベントにしたいと思った。

そのため、ビジネスの第一線で活躍する方たちだけでなく、スポーツ、音楽、テレビ、研究者etc...など、業界を越境したチームエクスペリエンス(Team Experience)を伝えたいと思った。

主なコンセプトは3つだ。

また、参加者の皆さんが「イベントに参加して満足ではなく、明日からの行動変容に繋がる」取り組みにチャレンジしたいと思っている。

そのため、「聞くセッション」と「体験するセッション」を準備した。

体験するセッションは我々の大切な、そして信頼しているソリューションパートナー(企業の組織課題を解決するプロフェッショナル)にお世話になっている。

1,000人規模のイベントは初めてで大変だけど役得の話

実はと告白することでもないが、私自身が本イベント規模のイベントを推進するのは初体験だ。もちろん、アトラエにとっても。

初体験というのは言い訳に過ぎず、日々学びながら(日々反省しながら)7/5に向けて準備を進めている。

ただ、ここでめちゃくちゃ役得の話がある。

今回のイベントは登壇頂く方も、協賛頂く方も、我々が心から話をお聞きしたい方や我々が素晴らしいと思っているプロダクトをお持ちの方に参画頂いている。参画頂くためには我々の熱意を伝える情熱プレゼンが必要で、皆様超多忙の中、お時間を割いて頂いた。

例えば、アメトーーク!やロンハー等の演出・エグゼクティブプロデューサーの加地倫三さんにお話を伺った時の話。

我々「番組作りにおいて最も大事なものは何ですか?1つだけ教えて下さい」

加地さん「番組作りは圧倒的にチームです」

我々「チームにおいては何が最も重要ですか?」

加地さん「番組を愛しているかどうかが最も大事。それが現場の空気を作る。例えば、アメトーーク!は100人くらいのスタッフがいるが、1つの会社だと思っている。社員旅行や雑談を大切にしているetc...」

どうだろうか?

やっていることは番組作りだが、我々が大切と思っているチームエクスペリエンス(Team Experience)を実践されていた。

個人的に大好きな「アメトーーク!」のプロデューサーとお会いできたのも嬉しかったが、大切にしているものが一緒ということがとても嬉しかった。めちゃくちゃ役得だ笑

(ちなみに私はバスケ好きだが、今バスケといえば千葉ジェッツふなばし。島田社長にご登壇頂けるのも超役得)

さて、7/5開催のPxTX(People by Team Experience) では、ビジネス、スポーツ、音楽、研究etc...業界を越境したチームエクスペリエンス(Team Experience)論を聞くことが出来る。皆さんワクワクしませんか??

私からの「One more thing」

スティーブ・ジョブズの「One more thing(ワン・モア・シング)」をいつも楽しみにしていた私だが、今回主催するにあたり、何か出来ないかと思っていた。

NHK大河ドラマ「武蔵」や講談社「バガボンド」「ジパング」、B.LEAGUE 2018-2019シリーズメインビジュアル等、数多の題字も手掛けるSYO ARTIST 吉川壽一氏にオープニングを盛り上げて頂くことになった。
(吉川壽一氏にプロモーション動画はこちら

今回のご縁はyentaでお会いした(今では友達)方がたまたまマネジメントに関わっていた為に頂いたご縁だ。

吉川壽一氏の人生は挑戦の人生だったので、我々の挑戦(チームエクスペリエンス(Team Experience)の啓発)や来場者の方々の挑戦(明日からの行動変容)を応援して頂きたいとご相談して快諾頂いた形だ。

(会の最初に「One more thing(ワン・モア・シング)」からかよ!というツッコミは控えて頂けると幸い)

最後に

7/5開催のPxTX(People by Team Experience) の開催への想いを書いてみました。

皆さん参加したくなりましたか?笑

若干名まだ参加出来ますので、よろしければこちらからどうぞ!

また、こちらも宣伝ですが、メディアスポンサー、フードスポンサーも含め、本活動に共感・応援したいスポンサーも募集中。

もしご興味頂けた方がおりましたら、こちらへお気軽にお問い合わせ下さい。

仲間を増やしていきたい!


(P.S.実はnote大好きな私ですが、CXOの深津さんにご登壇頂きます!)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
私もスキです!
20
バスケが大好きです。事業を作ったり、成長させたりも好きですが、事業成長のための組織開発に興味があります。 2019/2/4に株式会社スタートアップスタジオを創業、2019/4/1に新卒入社したアトラエに出戻り。 今は「俺か俺以外か」というプロダクトで勝負しています笑

こちらでもピックアップされています

PxTX
PxTX
  • 24本

PxTX(People by Team Experience)の思いやレポートをまとめています。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。