見出し画像

スイフトデマンド【Swift Demand】は通貨になるか?のnote

毎日noteをやっていると、どうしても避けられない2大問題がある。

ネタ切れ。

時間がない。

今日はまさにその状態。

しぶしぶではあるが、私の熟成下書きの中から満を辞してあの話題を持ち出すしかない。

スイフトデマンドという仮想通貨のようなものを紹介しちゃいます。

胡散臭いって?まぁ、話は最後まで聞いて行ってくださいよ!笑

今日も最後までよろしくお願いいたします。

====

スイフトデマンドは

毎日1クリックすると受給できる仮想通貨のようなもの

詳しい説明やアカウントの作り方は他のブログ記事にお譲りします

アカウントを作るには個人情報を提供することになりますのでくれぐれも自己調査・自己判断・自己責任ですよ。

===

私の場合は、胡散臭さを感じながらも好奇心の方が勝ってしまったのでアカウントを作ってかれこれ1年以上クリックし続けています。

毎日1クリック100スイフトデマンドで、現在・・・

49,300スイフトデマンドを持っています。

ちなみに、クリックし忘れてたら次の日にクリックすれば前の日の分ももらえます。数日分なら遡って受給できるようです。

さて、ここまで読んでいただいた皆様の脳内のつぶやきが聞こえてきます。

『で、それ、どーなんの?』

『換金できんの?』

『得なの?』

1つづつ私なりの見解を答えていきましょう!

====

まず、取得したスイフトデマンドはサイト内のストアでモノと交換できます。出品者もまたスイフトデマンドユーザーです。

例えばこんなの

美味しい卵料理のレシピが100スイフトデマンド。

これはコージさんと言うユーザーの方が出品されています。おそらく日本人ですね。うーん、絶妙な商品ですね。

10枚の壁紙が300スイフトデマンド。ソフィアさんと言うユーザーが出品していますね。これまた絶妙な価格設定。

それぞれのユーザーが工夫した商品を出品しています。

英語スキルの改善法とか、犬のしつけ法とかスキルを教える系の出品が多いですね。

確かに、モノだと国境を超えて届けるのは難しいでしょうから、スキル系の出品が多くなるのは当然ですね。

多くは微笑ましく笑ってしまいたくなるようなハートウォーミングな商品ばかりですが、ここで交換されようとしているのはまさに価値の交換。

なんの意味もない数字の積み重ねが、世界中の人たちの好意によって意味を、価値を持つかもしれない。

これを通貨と呼ばずになんと呼ぶのでしょうか?

非常にくだらないけど面白い、そして壮大な社会実験だと思います。

こーいうの嫌いじゃない。

====

そして、換金。

これは、今の所できないようです。

ただ、多くの人が認識し、価値を共有してじわじわと使えるようになっていく過程で、将来的に既存の貨幣と換金ができるようになる可能性はゼロではないと思います。

しかし、そうなった時には換金自体が意味をなさないような気もしています。

だってこの通貨が世界で認識され、既存通貨との互換性が認められるようになるということは、スイフトデマンドの世界の中だけで日常的な価値の交換手段として使われているはずです。

既存の価値交換の世界とは全く別ルートで価値交換が完了できることになると思うのです。

ですので、得か、損か?の議論でいうと私の見解としては

将来、得する可能性が微粒子レベルで存在しつつ、損する要因はほぼゼロ。

(個人情報リスクをどう捉えるか?は人によると思いますので)

つまり、私としては微妙に得という結論だと思っています。

と、いうわけで、少し長めになってしまったのですが、この下らない記事をここまで読んでいただいた方は、もうアカウント作る気満々ですよね!?笑

是非、スイフトデマン友になりましょう!

===

あぁ、493日かけてコツコツと積み重ねてきたとっておきの話題を一気に放出してしまった・・・

かくなる上は等価交換ということで、493日分のコツコツと匹敵すると思えるよう、飲み会楽しんできます。

それでチャラ。等価交換。

ではでは、行ってきます!

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

Quick Thanks ♪(クイックペイ風)
8
好きなものを、好きなときに、好きなだけ 電子工作、IoT、AI、読書、レザークラフト、株式投資、一人旅、写真、ブログ、毎日note更新・・・ 32歳しがない田舎の会社員、遅まきながら色々チャレンジしています! https://www.yuyakobo.net/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。