スクリーンショット_2019-10-19_12

【14】Books&Appsで行っている、オウンドメディアの効果測定の方法。

「オウンドメディア支援」を掲げて商売をしていると、ほとんどのクライアントから聞かれるのが「効果測定」についてです。

企業活動の良し悪しの判断は、結局のところ「費用対効果」に集約されますから、オウンドメディアにかけたコストが、リード獲得などのメリットをどの程度生み出しているのかを測定したいのは、当然と言えます。


ところがこの「オウンドメディアの費用対効果」は、結構曲者です。
なぜなら「閲覧」から「リード獲得」までの期間が、広告と異なり非常に長いからです。

例えば。

商材の広告であれば、「広告を見る」▶「申し込む」の流れは数分〜数日の間に行われることがほとんどです。

しかし、「オウンドメディアの記事を見る」▶「申し込む」の流れはそれほど強くなく、成果が出るまでに数週間〜数ヶ月を擁するときもあります。


これは、考えてみれば、当たり前です。
「オウンドメディアの記事」はそもそも、商品を売るというよりは、「多くの人に読まれる」用に作っているのですから、販売という目的に限って言えば、広告に劣るのは当然です。


それを聞いて
「だったら、広告だけをやればいいじゃない」という方もいるでしょう。
全く、そのとおりです。

「すぐ売りたい」
「すぐに問い合わせがほしい」
「すぐに成果がほしい」

といった企業は、広告から、web上での販促を始めるべきです。
オウンドメディアに手を出すべきでありません。

「オウンドメディア」と「すぐ」は相性が悪いのです。


ではなぜ「オウンドメディア」をやっている会社があるのでしょう?
もちろんそれは、「潜在客」に対してアプローチしたいからです。

「広告」がリーチすることの出来ない、「検索」ニーズが発生する前の状態の人々である、「潜在客」を、ファン化して、ニーズが顕在化した時に、まず自分たちのことを思い浮かべてほしいからです。


例えば。
ある人が潜在客から、顧客に至るまでの流れの一つを簡単に示してみましょう。

1.オウンドメディアの記事をFacebookでたまたま読む
2.オウンドメディアの記事をスマートニュースでたまたま読む
3.オウンドメディアの記事を社内の人から勧められる
4.「あれ、このサイトよく見るな」と、ブックマークに登録する、またはSNSで公式アカウントをフォローする(ファン化する)
5.一週間に一回程度、オウンドメディアの記事をチェックするようになる
6.「どんな会社がやっているメディアなんだろう?」と運営元のコーポレートサイトを見る(潜在客化する)
7.たまたま配属されたプロジェクトで「こんなサービスやっている会社ない?」と聞かれてオウンドメディアの運営元を思い出す
8.オウンドメディアの運営元に問い合わせる(顕在客化する)

こうして、彼は「顕在客」となるまでに、延べ20回、オウンドメディアを訪れてから、問い合わせをしたとします。


ここで問題です。
「このオウンドメディアは、成果を出した」と言えるでしょうか?

はい。もちろん最終的には「問い合わせ」につながったのですから、成果を出したと言えると思います。ここまでは簡単ですね。


ではもう一つ問題です。
「どの時点で「成果」と呼んで良いでしょうか?」

Facebookで読まれたら成果?……いえいえ、早すぎますかね。

SNSの公式アカウントをフォローしてくれたら成果?……フォローしただけで、購買にはつながらないかも知れませんね。

運営元のコーポレートサイトを見たら成果?……「見た」というだけで成果にしてよいのでしょうか?

やっぱり「問い合わせ」があって初めて成果?……それまでの訪問は何一つ成果ではないのでしょうか?


ということで、ここはまさに決め事の世界です。
どう決めても、自由です。
それではさようなら……

というわけにはいきませんよね。
というわけで、Books&Appsでは「すべてを成果」としています。
つまり、「最終的な問い合わせ」も、「問い合わせに至る前にメディアを訪れたこと」も一旦全て「成果」としています。

そして
前者を「直接コンバージョン」(最終的な問い合わせをしたこと)
後者を「間接コンバージョン」(問い合わせに至る前に訪れたこと)
と呼び、区別しています。

つまり一つの「直接コンバージョン」の前に、数十、時には百以上の「間接コンバージョン」が存在している、というわけです。


では、ここからが本題です。
具体的にはどのように、これらのデータを把握したら良いのでしょう。


この続きをみるには

この続き:1,120文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
隔週でインターネット上における 「webライター」 「webメディアの運営者」のためのノウハウを発信します。 詳細かつテクニカルな話が多いので、一般の方向けではありません。

ビジネスマガジン「Books&Apps」の創設者兼ライターの安達裕哉が、webメディア運営、および記事を用いたマーケティング、SNSに...

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!感謝いたします。
13
ビジネスメディアBooks&Apps管理人の安達です。 定期購読マガジンでは、メディア運営、メディアマーケティング、制作過程の裏側を詳細にお伝えします。 企業、組織、マーケティング、マネジメント、生産性、知識労働者と格差についても。