見出し画像

本のラジオのこと|Panasonic メロディアスライブラリーで本と出会う

メロディアスライブラリーの魅力

毎週日曜日の10:00から東京FM系列のラジオ局で放送されている Panasonic Melodious Libraryをご存じでしょうか

大好きな作家 小川洋子さんが毎週1冊の本について紹介する、大好きなラジオ番組です
2007年から続く長寿番組!

小説さながら 小川さんの選ぶ言葉も、声も、とてもステキで
いつも読書欲をくすぐられます

次週の来週、再来週の選書もWEBサイトに掲載されているため、
予習して読んでおいて読書会気分で聴くこともできます

もちろん、読んでいなくても、ただ聞くだけでその本のエッセンスを紹介してくれるので、色んなジャンルの本と、その本にちなんだ音楽と出合うことができるステキな番組です

ちなみに、聴けなかった昨日は いとうせいこう『想像ラジオ』でした
面白そう…!!

聞き逃してもradikoのタイムフリーで聴くことができます

ラジオを通した本との出会い

この番組で出会った中で一番印象に残っているのが
アゴタ・クリストフの『悪童日記』

当時、小川洋子さんの紹介をきいて面白そう!と思い、
友人と3人でやっていた読書会のテーマに選びました

そうしたら友人と共に『悪童日記』の沼にどっぷり…

この本、『悪童日記』『ふたりの証拠』『第三の嘘』の三部作なのですが、一気に残りの2冊も読みました

メロディアスライブラリーWEBサイトのバックナンバーで確認したら、なんと2011年11月13日に紹介された本!もう9年近く前なのか…

アゴタ・クリスフという作家さん自体、私は知らなくて、たぶんこのラジオで紹介されなければ出会うこともなかったと思います

本と出会うきっかけはいろいろとあるけれど、
こうやって出会いを提供してくれるステキな番組…

今はYouTubeを含めたたくさんのコンテンツがあるけれど、
ラジオって映像が無いからこそ、聞き流したり、想像力を膨らましたり
ラジオならではの良さがあるな、と感じます

本は特に関係ないけどTBSラジオも好き


友人と開催していた読書会についても、どこかのタイミングでnoteに書けたらと思っています




小川洋子さんと、アゴタ・クリストフ『悪童日記』について触れたこちらも読んでいただけたら嬉しいです ↓


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後までお読みいただいきありがとうございました!私のnoteはすべて無料です。 サポートも もちろんうれしいですが、また読みにきていただけたら、そしてフォローやスキ♡、コメントしていただけたら、とても励みになります(^^)

嬉しいです…!!
8
本と本屋さん、図書館、カレーが好きな30代。仕事はメーカーでセールスエンジニアをしています。

コメント2件

平日の朝と夕方は東京FMなのですが、週末もその日のスケジュールで朝、聴くことがあります。この番組も何回か聴いたことがあります。やはり言葉の選び方が、一言で言うと知的。ほかの方とは味わいが違いますね。
川中さま
コメントありがとうございます(^_^)
お聴きになったこと、あるのですね!本当に知的で、そして上品。小川洋子さんならではですよね。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。