見出し画像

財務スキル【キャッシュ・フロー計算書(CF)】 〜MUP WEEK19〜

こんにちは!古澤佑樹です!

今回は、財務スキル
『キャッシュ・フロー計算書』について説明していきます。

決算に必要な財務諸表のうち、

損益計算表(P/L)
賃貸対照表(B/S)

と並ぶ【財務三表】として
重要な役割を果たすのが

キャッシュ・フロー計算表(C/F)』です。

これがわかれば、その企業の現状や経営方針、
お金の管理・動きなど計算表としてみることができます。

では、早速やっていきましょう!

▼目次
⚪︎ キャッシュフロー計算書(C/F)とは?
⚪︎ キャッシュ・フロー計算書の3つの活動
⚪︎ これがわかればフェーズは読み取れる
⚪︎ 問題
⚪︎ まとめ
⚪︎キャッシュ・フロー(C/F)とは?

キャッシュ・フロー計算書(C/F)は
現金の増減とその理由を示します。

決算の期首にいくらの現金があって
期末にいくら現金が残っているかを
把握することができます。

簡単にいうと『会社のお金の動き』ですね!

ちなみに財務三表のうち、
「損益計算表(P/L)」は利益の生み出し方、
「賃貸対照表(B/S)」はお金の調達方法と運用の仕方を表しています。

この3つは深く関連していて、
企業に置かれている状況を統合的に判断することができます。

そのため、投資をしようとしている方や
企業や個人事業主の方にも重要なスキルになります。


下記は年度末のソフトバンクの連結キャッシュ・フロー計算書になります。

画像2

IRをみるとキャッシュ・フロー計算書が載っています。

IR(インベスター・リレーションズ=Investor Relations)
企業の証券が公平な価値評価を受けることを最終目標とするもの。
企業と金融コミュニティなどに最も効果的な双方的コミュニケーションを実現するため、財務活動やコミュニケーション、マーケティング、証券関係法の元でのコンプライアンス活動を統合した、戦略的な経営責務である。

この表をどの様に理解していくかを説明していきます。

⚪︎ キャッシュ・フロー計画書の3つの活動

CFは資産の流れを大きく3つの区分で表します。

①営業活動
②投資活動
③財務活動

画像3

①営業活動

会社の本業での営業活動で
流入・流出した現金の動きを表します。

画像4

例えば、
・商品やサービスの売上の収入
・商品を仕入れるための支出
・販管費の支出(給与、広告宣伝費など)
・税金支払、保険金受取などの収支

『営業活動』をみることで
その会社の本業での収入がわかります。

プラスの場合、
・投資の財源
・利益還元の財源

マイナスの場合、
・投資活動や財務活動で補う
・事業基盤の改善

『営業活動』が3つの区分の中で1番重要です!

②投資活動

企業が投資活動によって
会社に流入、流出した現金に動きを表します。

画像5

例えば、
・設備の拡大による支出
・設備売却による収入
・有権証券の購入による支出
・有価証券の売却による収入

画像6

『投資活動』をみることで、
企業の成長度や投資先で経営方針がわかります。

ここではマイナスの方が理想的です。
(投資をして事業活動を拡大しているため)

③財務活動

資金調達と返済によるお金の動きを表しています。

「営業活動」や「投資活動」で
不足した分を補うための活動と考えていいです。

画像7

例えば
・借入による収入
・返済による支出
・新株発行による収入
・配当金による支払い

資金調達したらプラス、返済したらマイナスになります。

企業が上場した場合、
この区分が大きくプラスになる場合が多いです。


まとめると下記のようにあります。

画像8

営業活動ではプラスの方が好ましく、
投資活動ではマイナスの方が状況はいいです。
財務活動はどちらがいいかは
営業活動と投資活動の状況により変わります。

⚪︎ 8つのフェーズ

このフェーズは8つに区分できます。

画像9

一個一個噛み砕いてやっていきましょう!

①有料型②積極投資型

画像10

①有料型

営業=本業でお金を稼いでいる
投資=将来のために投資をしている
財務=お金があるので借金返済や配当を出す余裕がある

理想的なキャッシュの流れ、
堅実な有料企業であることがわかります。

②積極投資

営業=本業でお金を稼いでいる
投資=営業、財務活動で集めたお金を投資につぎ込んでいる
財務=資金調達を行っている

資金調達と投資を組み合わせた、
積極的な攻めの姿勢を取っている企業です。

順当な企業と言えますが、
大量につぎ込んだ新規投資が成功するかが鍵になります。

③転換型④財務改善型

画像11

③転換

営業=本業でお金を稼いでいる
投資=投資売却を行っている
財務=資金調達を行っている

本業でお金を稼げていて投資資産を売却もしてのに
資金調達まで行う珍しいタイプです。

「事業転換のため大規模な投資を控え、お金を集めている」
という可能性が考えられます。

④財務改善

営業=本業でお金を稼いでいる
投資=投資資産を売却している
財務=集めたお金で借金を返済、財務体質を改善

「採算の合わない事業をリストラしているケース」が当てはまります。



⑤大勝負型⑥融資途絶型

画像15

⑤大勝負

営業=本業でお金を稼げていない
投資=将来のためにお金を使っている
財務=投資資金確保のために資金調達を行っている

急成長が期待されている将来有望馬企業で、
このタイプから成長することも多いです。

成功して「積極投資タイプ」になるか、
失敗に終わって「要注意タイプ」になるか、
勝負の分かれ目とも言えます。

⑥融資途絶

本業=本業でお金を稼げていない
投資=投資資産を売却している
財務=資産を売却したお金で借金を返済している


「本業が不調なのに、投資資産を売却してまで借金返済を進めている」と考えると違和感のあるキャッシュフロー。

「銀行などに見放されて融資を引き上げられたから、資産を売却して何とか食いつないでいる」というケースが当てはまります。

かなり危険な状態です。


⑦再検討型⑧要注意型

画像13

⑦再検討

営業=本業でお金を稼げていない
投資=投資にお金を使っている
財務=それでも借金返済や配当を出す余裕がある

過去に実績のある企業が蓄えていたお金を
切り崩して再起を図っているケースです。


⑧要注意型

営業=本業でお金を稼げていない
投資=投資資産を売却している
財務=借入や新株発行で何とか繋いでいる

赤字事業を支えるために資産売却と資金調達で食いつないでいる状態だと倒産の可能性が大いにあります

⚪︎ 問題

さて、問題です。
マネーフォワードのキャシュ・フロー計算書はどちらでしょうか?

画像1

まず、マネーフォワードを知らないといけません。

マネーフォワードとは、
個人・法人向けに金融系の
WEBサービスを提供している日本の株式会社です。

個人向けサービスでは、資産管理・家系管理ツール「マネーフォワードME」、個人向け経済メディアの運営をしています。

法人・個人事業主向けサービスとしては、会計・請求書・給与・勤怠・経費など事業者向けSaaS型サービスプラットフォームを提供しています。

簡単にいうと、
オンラインで会計をしてくれる会社です。

◆判断要素
・赤字で上場したことで有名
・ITだから固定資産への投資はそこまでないはず
・SaaSビジネスは短期的に赤字になりやすい


画像14



画像15

答えは、

画像16

マネーフォワードは、
SaaSモデルのため長期的には儲かります。

だから、財務活動で資金調達が可能です。

⚪︎ まとめ

「営業活動」「投資活動」「財務活動」の
プラスとマイナスでの状態と8つのフェーズを覚えて
IRを図のように当てはめるだけです。

そうすることでその企業の経営状態や経営方針が
わかるようになり、投資や自分の企業に当てはめることができます。


損益計算書(P/L)、
賃貸計算書(B/S)、
キャッシュフロー計算書(C/F)

今回説明した財務スキルはしっかり覚えて
自分の事業や投資に生かしてください!


最後まで読んでいただき、
ありがとうございました!

この記事をみてMUPへの入学を決めた方がいましたら、

MUPウサギクラス
紹介コード : MUP202720 


をお使いいただけると幸いです。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます!
7
▪️28歳 宮崎➩鹿児島 ▪️MUP🐇 MUP202720
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。