見出し画像

財務スキル 【賃貸対照表(B/S)】 ~MUP WEEK18~

こんにちは!古澤佑樹です!


前回はP/Lについて解説しました。

今回はP/Lといつも一緒に語られる
『賃貸対照表(B/S)』について解説していきます!

P/LとB/Sがわかっていれば、
思考と幅が広がっていき
投資や経営、独立に活かすことができます。

聞くだけで逃げたくなる様なP/LとB/Sですが、
みんながやらないことをしっかり学んでいきましょう!

では、早速やっていきます!

▼目次
⚪︎ 賃貸対照表(B/S)とは?
⚪︎ 運用状況(資産)
⚪︎ 調達状況(負債)
⚪︎ 調達状況(純利益)
⚪︎ B/S 問題
⚪︎ まとめ
⚪︎ 賃貸対照表(B/S)とは?

賃貸対照表とは
B/S(Balance Sheet)
今どのくらいの財産を保有しているかを示す決算書であり、
会社の安全性(資金の調達・運用の状況)を表します。

B/Sというと次の図が出てきます。

画像1

右側は資産の【調達状況】
左側はその【運用状況】
B/Sはその2つに分かれます。

その運用と調達をもう少し詳しく見ていきましょう!

⚪︎ 運用状況(資産)

運用状況をみると資金を調達して
その資産をどう運用したかがわかります。

その回収するスピードに応じて
【流動資産】【固定資産】の2つに分かれます。

画像2

・流動資産
流動性が高い、現金化しやすい資産のことで
1年以内に現金として回収されるものを言います。

現金や預金の他に、製品、売掛金なども区分されます。

・固定資産
回収スピードが長いもの、
1年を超えて保有する資産が入ります。

建物や土地など長期間使用することで
資産を回収することに寄与するものも含まれます。

これが調達した資産を
どう運用するかということですね!

⚪︎ 調達状況(負債)

次に調達状況の説明をしていきます。

調達した資金は返済しないといけません。
運用と一緒で【流動負債】【固定負債】の2つに分かれます。

画像4

・流動負債
返済期間が短く1年以内に支払う負債
→買掛金、短期借入など

・固定負債
1年を超えた時期に支払う負債
→社債、長期借入

簡単にまとめると、
すぐに返済しないといけないのが【流動負債】
長期的に返済するのが【固定負債】になります。

⚪︎ 調達状況(純資産)

純資産は以下のことを指します。

画像4


・株主資本
→資本金、利益余剰金など

・資本金
→会社の株主が事業を円滑に進められる様に出資した金額(株主の総金額)

・利益余剰金
→企業が生み出した利益を積み立て会社内部に蓄積しているもの。

・その他
→評価換算差額、新株予約権

・評価換算差額
→その他有価評価差額金や繰越ヘッジ損益などが、資産または負債に係る評価差額を当期の損益として処理していない場合に貸借対照表の純資産に計上する。
・新株予約券
→株式会社に対して行使することにより当株式会社の株式の交付を受けることができる権利。



⚪︎ B/S問題

ディズニーランドを運営している
オリエンタルランドのB/Sはどれでしょう?

画像5

まず、オリエンタルランドのイメージをしていきましょう。

・ディズニーランドを運用だから土地建物が多い
・土地建物が多い=固定資産が多い?
・ずっと黒字を出していて儲かっている会社
・信用格付けがAAだったから財務状況はいいはず
 ※信用格付け:金融商品または企業・政府などの信用状態に関する評価を
          簡単な記号または数字で表示した等級

このイメージと運用状況の【固定資産】をみていきましょう。

・ディズニーランド運営だから土地建物が多い
・土地建物が多い=固定資産が多い?

画像7

このイメージから、固定資産が少ない③は除外されます。


次に以下のイメージと【流動比率】をみていきます。

・ずっと黒字を出していて儲かっている会社
・信用格付けがAAだったから財務状況はいいはず

ずっと黒字を出していて、
信用格付けがAAだから財務状況はいいはずです。

財務状況は流動資産と流動負債をみます。
下記図をみた時、すぐ支払いができるのはどちらですか?

画像8

左図の流動負債より流動資産が多い
「すぐ支払ったる!」資産の方が
財務状況はいいと言えますよね!

これを流動比率で表します。

・流動比率とは
→会社の短期的な財務の安全性の指標

【流動資産】÷【流動負債】× 100

この数字が大きいほど安全性は高く、
逆に小さいと安全性は低いと言えます。

※通常指標は200%が望ましいと言われるが、
  日本では信用情報が発達しているので150%程度でもいい。
(売掛金の未回収リスクが少ない)

画像9

これを流動比率も加味して考えていきます。

流動比率が200%ということと純資産をみると
財務状況がいいのは①というのがわかります

イメージと照らし合わせてみると
①がオリエンタルランドということがわかります。

ちなみに②と③の企業はどこかというと、
②東日本鉄道 ③ミクシィ

画像10

⚪︎ まとめ

まとめるとB/Sとは以下になります。

画像7

・会社にある財産の状態を示すもの
・会社資金の調達と運用を表すもの

【調達状況】ではどの様にして資金を調達するかを表し、
返済が必要な短期で資金返済する【流動負債】と
長期で資金を返済する【固定負債】があります。

また返済が不要な【純資産】があり、
その資金を使って運用していきます。

【運用状況】も短期で戻ってくる【流動資産】と
回収が長期的にかかる【固定資産】に分かれます。

この様にB/Sが見れる様になると、
その企業の中身がわかるので
投資していいかどうかもわかってきます。



最後まで読んでいただき、
ありがとうございました!

この記事をみてMUPへの入学を決めた方がいましたら、

MUPウサギクラス
紹介コード : MUP202720 

をお使いいただけると幸いです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます!
5
▪️28歳 宮崎➩鹿児島 ▪️MUP🐇 MUP202720
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。