見出し画像

そごうから阪急へ | GO AHEAD -僕の描く夢- 第141回

画像1

画像2

画像3

 先月の終わりをもって、三宮の街を彩ってきたランドマーク「そごう神戸店」がひとつの終わりを迎えることになりました。

 高校生になってから、遠出することが多くなりました。いつも神戸や姫路を中心に歩くことが多かったんですけど、特に三宮の街はよく歩きました。センター街やミント神戸など、だいたい元町の大丸くらいまでをぐるぐると歩くのが定番になっていて。
 そんな旅路の中で、「ちょっと疲れたな」というときにいつもお世話になっていたのがそごう神戸店でした。

 屋号は阪急に代わり、ほとんどの専門店は継続して営業を続けていくようですが、やっぱり「そごう」という名前が失くなることはすごく淋しく感じてしまいます。

 阪急はハーバーランドにあるというイメージだったから……
 三宮の駅前はそごうのイメージしかなかったから……

 H2Oホールディングスの経営戦略とはいえ、今でもあの建物に阪急の文字が入っていることに、不思議な感覚を抱いているんです。

 ちょうど今は空白の時期。そごうでも、阪急でもなく、その切り替えの時期。日曜日から、阪急として新しいスタートを切ります。淋しいですけれど、わたしが還暦を迎える頃には阪急としてのイメージが定着していると良いですね。

 やっぱり好きだな……神戸の街。
 地元・兵庫県はどの街も個性豊かで、すごく好きな街ばかりなんですけど、特にこの神戸の街はどんなに巡っても回りきれないほどのボリュームがあって、終わらない感がもう本当にたまりません。

 大切にしていきたいです。大好きな地元。

 2019.10.03
 Yuu

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

見つけてくれて、ありがとう。
4
2000年生まれのクリエイター。詩や小説を中心に活動しています。こちらでは、エッセイを主に投稿。特撮ヒーローや昭和歌謡曲・ロックミュージックを愛好し、オールド・カルチャーとモダン・カルチャーの融合をテーマに作品を発表している。

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。