見出し画像

先輩ヒーローの客演

 ヒーローがピンチの時、颯爽と現れる先輩ヒーロー。主題歌をバックにして共闘!

 特撮ファンにとって、こんなに燃える展開はない。ずっと居られるとキャラが濃すぎて現役ヒーローを喰ってしまう人も大勢いるが、一話くらいなら良いだろう。存分に暴れてほしいし、あの頃の必殺技をたくさん見たい。

 わたし的に、客演でいちばん好きなのは2015年に放送された「ウルトラマンX」の客演群だ。ウルトラマンゼロ、ウルトラマンマックス、ウルトラマンギンガとビクトリー、ウルトラマンネクサス。平成第二期ウルトラシリーズからニュージェネレーションズにかけて、活躍した選りすぐりのヒーローたちである。

 特に感動したのは「ウルトラマンネクサス」が登場した第20話「絆 -Unite-」における先輩ヒーローの扱い。ネクサスはハードな展開が原因で人気が伸び悩み、放送短縮という憂き目に遭いながらも光を繋いだ伝説的作品。客演も一筋縄ではいかないだろうと思っていた。

 監督はネクサスの最終話を担当された阿部雄一(アベユーイチ)さん。今回だけ名義が当時のものに戻っている。さらに、ウルトラマンのデュナミストにも選ばれた主人公・孤門一輝を演じた川久保拓司さんが事前予告なしで出演されているが、今回は孤門役ではなく、防衛チームXIOの副隊長・橘さゆりの夫としての登場。撮影の高橋創さん、照明技師の泉谷しげるさんなど、当時のスタッフも参加。

 もちろん作品自体もバグバズンブレードやベムラーの登場、突然ウルトラマンに選ばれたことに驚く橘副隊長の姿など、ネクサスを知り尽くしたメンバーによる、2015年なりのトリビュートとなった。正直、あんなに素晴らしい客演を未だ見たことがない。現役のヒーローや人間メンバーもしっかりと立て、メタフィールドの展開やTVシリーズ未登場怪獣の登場といったファンが喜ぶ要素を満載。ネクサスをはじめて観る子供たちにわかりやすく、当時ネクサスを観て大きくなった青年たちにも嬉しいという客演でもっとも大切な要素を全部乗せ切ってみせた。

 当時、まだニュージェネレーションズは始まったばかりの枠組みで、単独番組ですらなかった。しかし、「ウルトラマンギンガ」「ウルトラマンギンガS」「ウルトラマンX」という三作品において、「ホップ・ステップ・ジャンプ」の「ジャンプ」の段階を見事に踏み切ったのがこのXだったといえるだろう。

 かつての昭和第二期シリーズでは未だに語り草とされるほどに先輩ヒーローたちの扱いがお世辞にも上手いとはいえなかったウルトラシリーズ。セブンに耳が付いていなかったり、ウルトラマンたちの目がいきなり黄色くなったり、光線がめちゃくちゃだったり。今や後発作品の客演を観ても、すっかりそんなことはなくなった。それどころか、「ウルトラギャラクシーファイト」シリーズを観てもわかるように、客演や先輩ヒーローたちとの“繋がり”が現役ヒーローたちの世界観をより一層深いものとしている。

 社風や作劇の都合上、東映ヒーローではわりと本編に先輩が登場するのはレアケースとなっているが、「スペース・スクワッド」や「海賊戦隊ゴーカイジャー」のように上手く先輩ヒーローたちを活かした作品も多数送り出してきたのだから、これから先の展開に期待したい。

 日本ほどヒーローをたくさん作ってきた国はないのだから。現役ヒーローももちろんいいよ。でも、歴史にスポットライトを当てないと、せっかくの文化が生きないと思うんだ。今のスタッフさんにも頑張っていただきたいし、わたしもいつか携わるのが夢です。

 エッセイ「古今東西・偏愛AtoZ」第X回
 坂岡 優

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

最後までお読みいただき、ありがとうございました。 いただいたサポートは取材や創作活動に役立てていきますので、よろしくお願いいたします……!!

タイカレー!
8
兵庫県在住の20歳。青春と怪獣の表現者。詩や小説、エッセイを紡いでいます。ウルトラマン、THE ALFEE、野球とモータースポーツが大好きです。大阪音楽大学に在学しています。 作品タグは「#優の惑星」です。ご依頼はyuupsychedelic@gmail.comまでお願いします。