吉田雄人

社会課題解決のための手法として、戦略的で良質な官民連携の姿「GR:Government Relations」をもっと当たり前の姿にしたいと思っています。

吉田雄人

社会課題解決のための手法として、戦略的で良質な官民連携の姿「GR:Government Relations」をもっと当たり前の姿にしたいと思っています。

    マガジン

    • Government Relationsの取り組み

      日本版GRに関することをここで書いていきます。

    • GR関連ニュースクリップ

      GRに関連するニュースを、備忘録も含めてクリッピングしていきます。

    Government Relationsの取り組み

    日本版GRに関することをここで書いていきます。

    すべて見る
    • 13本

    長野県小川村「林りん館」リニューアル前の視察を行ってきました。

    「吉田雄人ゼミ」の卒業生が運営に携わる、この4月にリニューアルオープンの予定の長野県小川村「林りん館」に行ってきました。村長や元副村長との意見交換もでき、とっても有意義な1泊2日でした! ゼミでは最年長となる秋元さん(通称「ビンさん」)は、東京でIT企業を創業し社員20名を超す会社に成長させるも、ふるさと小川村のことを忘れられずに、会社を事業承継させて自身はUターン。経営難に陥っていた宿泊体験施設「林りん館」を仲間と一緒に再生させるべく、今は生活の基盤を移しています。 ビン

    スキ
    2

    地方創生ベンチャーサミット

    2月3日の節分の日に、私が事務局長を務めることになりまして初仕事となります、熱意ある地方創生ベンチャー連合の地方創生ベンチャーサミットを開催しました! 募集を開始して瞬時にして定員一杯になり、椅子をレンタルして二次募集をかけるほどの期待をいただき、恐らくはその期待に応えることのできたイベントになったのではないかと思います。 オープニングは軽快なテンポで、共催団体スタートアップ都市推進協議会の高島福岡市長と熱意ある地方創生ベンチャー連合の山野共同代表と、本日の見どころが紹介

    スキ
    3

    ■リ・チャレンジ2.0〜若者の立ち直り支援について話をしよう〜を開催しました!■

    NPO法人なんとかなるとしては、初めてとなる都内でのイベントでしたが、大成功のうちに終わりました! 主催者が「大成功」というイベントは眉に唾を塗ってみなければいけないと思うかもしれませんが、当事者が滔々と話してくれたストーリーや事実は、私自身、これまで知らなかった話がたくさんあって、とっても考えさせられる機会になりました。 イベントは3部構成で、会場参加型で進みました。イントロで、私からNPO法人なんとかなるの活動について説明をしつつ、会場の皆さん同士で「少年院・刑務所の

    スキ
    2

    ■四日市市スタディーツアーに行ってきました!■

    『「四日市」と聞いて、何を思い浮かべますか?』 四日市市の森市長から、四日市の魅力について外部からの目線で見てもらいたい!という依頼を受けて、私だけの目ではなくて、地域おこしのプロと女性起業家(子育て世代向けのサービス提供者)を募ってのスタディーツアー(モニタリングツアー?)に行ってきました。 同行したのは、47都道府県を活性化させるという想いが社名にもなっている47Planninngの鈴木賢治さんと、妊活ボイスというアプリを開発している時田さん、そしてリアルキッザニアと

    スキ
    3

    GR関連ニュースクリップ

    GRに関連するニュースを、備忘録も含めてクリッピングしていきます。

    すべて見る
    • 2本

    GR人材の必要性が新聞記事になりました

    スキ
    4

    「女神の見えざる手」

    「女神の見えざる手」(原題:Miss Sloane)を友人から勧められて見ました。 銃規制法案をめぐるロビーイングを舞台に、切った張ったを繰り広げるジェシカ・チャステイン演じるエリザベス・スローン。 銃規制賛成の議席を増やすための活動を、銃規制反対の団体が個人攻撃に近い公聴会の開催という形で妨害するなど、見ててハラハラドキドキの映画でした・・・・、が! こういうことをやりたいわけじゃない!ので、ロビーイングという言葉を使いませんでした。このようなロビーイングは、社会的にも今

    スキ
    2