Windowsのシステムフォントを変更してみた話

フォントとの出会い

ぼくの好きなアルファツイッタラーの人で、フォント大好きエンジニアさんがいる。その人は恐らく絶対フォント感のようなものを持っているのだろう、ゲームやテレビ番組で使われている文字がどのフォントかよく検証している。そんな人のツイートを数年読んでいる中で、一般人のぼくも世の中にはおもしろいフォントがたくさんあることを知っていった。前々から軽い興味はあったのだけれど、普段はせいぜいWindowsに標準で入っているフォントから選ぶ程度で、自分でフォントをインストールとかはやったことがなかった。

ひとめぼれしたフォント

ただ、ここ最近は外出を自粛していたからかもしれない。自宅でPCを使う時間が長くなって、何か変化がほしいなと思った。そこでふとフォントのことを思い出して、Googleで「フリーフォント」と検索してみた。無料で使わせてもらえて、漢字が混ざっても違和感なく使える、かわいいフォントという条件で探した。
その中で、刻明朝というフォントが目に留まった。あまり汎用性はなさそう(つまり使う機会が限られてきそう)だけれど、とにかくスタイリッシュでキレイなフォントだった。刻ゴシックの方もかなり好きなので、この二つをインストールすることにした。

画像1

フォントをWindowsにインストールする方法

まずは、該当のサイトからファイルをダウンロードする。そのzipファイルを展開後、TrueTypeフォントファイル(拡張子.ttf)を右クリックして「インストール」を選択するだけでOK。

フォントのインストール

この段階で、例えばメモ帳を開くと「書式>フォント」のところから新しいフォントを選択できるようになっていた。

Windowsのシステムフォントの変更方法

これだけだと物足りなかったから、Windowsで全体的に使われているフォントを変えられないかな?と思って調べてみた。そしたら、ウィンドウのタイトルバーやメニューの文字に使用されているフォントのことを「システムフォント」って言うんだって。これを変えるために、今回も便利なフリーソフトを使わせてもらった。その名も「Meiryo UIも大っきらい!!」ww

上記サイトからダウンロードしたzipファイルを展開し、noMeiryoUI.exeを実行。すべてのフォントの右にある「選択」をクリックして新しいフォントを選んで「設定」を押せば完了だ。ちなみに「一括設定」を押すと全部の項目に同じフォントが適用される。

画像3

なんか、Windows8の標準がMeiryo UIらしい。ぼくは別にMeiryo UIにそこまで嫌悪感はなかったんだけれど・・・ごめんね。
少々見づらくなった気もするけれど、オシャレだから満足している。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

思い出を残すならポエムのように

うれしい うれしい ありがとう
3
SES業界でひっそりと生きるメンヘラ
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。