読書会 2019.10.05

こんにちは。悠斗です。

今回は、田宮 直人さん、西山 悠太朗さんの『仕事の説明書』を取り上げます。著者のお二人にも参加していただけます。

以下、要約、問いの順に掲載し、末尾にZoomのURLを貼っておきます。

【要約】
仕事をゲームとしてとらえて楽しむための方法や考え方が沢山のイラストと共にまとめられた一冊。

1章
仕事を進める上で必要なこと
「ゴールを明確にする」
「失敗が許容される環境を作る」
「自由意思を発揮する」
を満たして問題を解決する

2章.
現状と理想のギャップから問題点を抽出しロジックツリー、イシューツリーで問題を分析し解決策を検討する。

3章.
自社は顧客のニーズを満たすことをゴールにして競合と競争する。
自社、顧客、競合をまとめて3Cと表現し、ビジネスのスタートは3Cに集約される。

4章.
言語化と数値化を用いることで客観性が生まれ、より的確な施策が検討可能になる。

5章.
データ分析のプロセス
「まず大雑把に把握する」
「グラフ化する」
「複数の数値で比較する」
「仮説を立てて検証する」

6章.
市場地位の分類やプロダクトライフサイクルで現状を理解し、どのように戦うか(リーダーを倒す?量と質を改善する?顧客を守る?リスクを考える?)を検討する。
リスクを冒してリターンを得るのがゲームの本質。

7章.
ゲームを進めるため、ゴールを明確にする。自由意思を発揮するために相手を知り簡潔に説明を行う。失敗を減らすためにリスクを抑えてリターンを得る工夫をする。

8章.
1~7章で示された内容を生かし、いかに仕事を楽しみながら工夫して攻略するかが大切。
定義できないものは管理できない。
管理できないものは測定できない。
測定できないものは改善できない。
⇒定義できれば改善できる。



問1.本書を読んで実践した(しようと思っている)内容はありますか?その理由は?


問2.仕事と遊びの違いは、ゴールが明確か?失敗が許容される環境か?自由意思を発揮できるか?とありますが、現在仕事が楽しめている(楽しめていない)のはこの3点に関係していますか?


問3.本書の冒頭と巻末に「あなたのお仕事は問題を解決するお仕事です。」とありますが、現在抱えている問題がありますか?また、その問題を解決するために本書のどんな部分が生かせそうですか?


この続きをみるには

この続き:87文字
この記事が含まれているマガジンを購読する

読書会サロン

月額500円

毎月2冊の課題図書を取り上げ、noteで議論するポイントを配信した上で、毎月2回のオンライン読書会(音声通話アプリZoomを使う)を実...

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ご購読ありがとうございます!スキを押して頂けて嬉しいです!
3
経営者/投資家/複業ラボ主宰