最上雄太Ph.D. / シェアド・リーダーシップ研究note
シェアド・リーダーシップ往復書簡 Vol.13 根っ子が腐っている組織|SM&C野村代表
見出し画像

シェアド・リーダーシップ往復書簡 Vol.13 根っ子が腐っている組織|SM&C野村代表

最上雄太Ph.D. / シェアド・リーダーシップ研究note

このnoteは、シェアド・リーダーシップのトレーニング・コース共同開発パートナーである有限会社システムアンドコントロール社(SM&C)の野村代表と、SNSにて、シェアド・リーダーシップに関して、普段着の会話をしている内容の続きです。

 なお、最上雄太Ph.D.と野村さんのプロフィールは、共同公開中イベント「変化を導くリーダーシップ開発」を参照ください。野村さんのメルマガはこちらから購読できます。

第13回目の往復書簡は、前回の内容(Vol.12 自律分散型リーダーシップ)の続きです。野村さんのお話しが続きます。
 ・
 ・
 ・
(以下野村さん)

 前回、モノローグとダイアローグについての話が、最上さんからありました。

 参照:Vol.11 緊張感のある関係=「ダイアローグ」
https://note.com/yutamogami_phd/n/n9f4115a92f07

 私たちの身の回りは、モノローグに溢れています。私もモノローグな人だと思います。しかし、自己認識を前提に、ダイアローグに踏み出していくと、自動的に、良いスパイラルが生まれていきます。

 その結果、最終的には、組織風土が変わっていくと思うのです。あ、もちろん、そんなに簡単ではありません。しかし、「自分自身」「半径5mくらいまで」であれば、実現可能だろうと考えています。そして、10人に1人くらい、良い影響が残せれば、組織はきっと良くなるでしょう。

 ▼
 ▼

 逆に、モノローグを放置したまま、何かやろうとしても、例えば、DX(世界的には死語)とか、イノベーションとか、組織変革とか、新規事業開発とか・・・とか、うまくいくハズが無いのです。

 根っ子が腐っているのに、何か良いモノが育つはずがないのです。そんな組織で、いい感じのチームとか、リーダーシップとか、有り得ないと思うのです。

 良いバイブスで、プラスのスパイラルが生まれ、それが、伝染していくようなチームになる。リーダーシップが共有されている、自律・自律した、組織。もちろん、ダイアローグが出来ているから、心理的安全性も確保出来ているわけです。

と、今回は、私がわけのわからない妄想を書きましたが、そろそろ最上さんにお返ししたいと思いまーす。

  この後、最上が返信します。次回をお楽しみに!
 なお、野村さんのメルマガはこちら購読いただけます→PMP試験対策&事業開発メールマガジン
  ・
  ・
  ・
 

リーダー向けセミナーご案内


 最上雄太Ph.D.と野村さんの共同開催セミナー「変化を導くリーダーシップ開発」では、現在参加希望者を受け付けております。
 このセミナーでは、本記事で紹介したダイアローグのレシピを学び、実践にむけてインストールすることができます。
 チームがうまく機能していない、指示がうまく伝わっていない、リーダーが育たない、新しいアイデアが生まれない、生産性や創造性が低い、また、自分自身のモヤモヤがある・・・
 こういったリーダー特有のお悩みをお抱えの方に、ぜひお勧めしたいセミナーです。
 くわしくはこちらをご覧ください→「変化を導くリーダーシップ開発

シェアド・リーダーシップについては、こちら↓↓↓をご覧ください。
最上雄太によるシェアド・リーダーシップの解説ビデオです
 ▼
 ▼


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
最上雄太Ph.D. / シェアド・リーダーシップ研究note
はじめまして、最上雄太です。最上雄太 博士(経営情報学)多摩大学総合研究所客員研究員、シェアド・リーダーシップ/リーダーシップ論を専門領域としています。noteでは、私の研究に関わる記事を、一般の方でもわかりやすい言葉で書いていきます。よろしくお願いします。