新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

ユタラボ New Face⑤|西村 雪乃さん

 4月から鳥取の大学を休学し、ユタラボのインターンにジョインした西村 雪乃さん(のんちゃん)。昨年までは部活とバイトに全力投球する大学生だった彼女は、自分と向き合ったことで「教育」というキーワードを探し出しました。そんな彼女がなぜ大学を休学し、なぜ縁もゆかりもなかった益田に来たのか。その背景や今の思いについて聞いてみました。

これまでの学生生活

--これまでの生活について教えてください。

京都府京都市で生まれ育ちました。高校時代はあんまり勉強しなかったです。チャレンジのつもりで受けた高校に合格することができたのですが、部活と遊びに熱中してしまい、成績は最底辺。それでも、高校3年生の時は受験勉強をこれでもかというくらい頑張りました。最終的に、鳥取大学に進学することになりました。

でも、大学でもあんまり勉強していなかったです。
鳥取大学は本当に滑り止めで受けただけで、行ったことがあるわけでも何か思いがあったわけでもなかったんですよね…。ボート部に所属しているのですが、朝練に行って、大学の授業は寝て、夕方バイトに行く生活をしていました(笑)テスト前だけ勉強して単位はちゃんと取っていましたが。

そんな生活に違和感を覚えたきっかけはこのコロナ禍でした。
部活がなくなり、家で淡々と課題をやる日々が続きました。そんな時、ふと「大学って自分が自由に勉強する場所なのに、課題を義務感から取り組んでいいのか」と思ったんです。

iOS の画像 (8)

「自分は教育かもしれない」と思ったこと

--コロナになってふと自分の時間ができて、自分と向き合うことができたんですね。

今思えば、高校大学両方とも目先の点数をとる勉強しかしてこなかったんです。「このままじゃなにも得られない」と強く感じ、「自分って本当は何がしたいんだろう」って考え始めました。その中で、自分が興味を持ったのが「教育」でした。

教育に興味を持ったのは、「教育こそが日本を変えることができる」と思ったからです。教育って誰もが通る道。子どもの頃習ったこと・やったことって人間形成に大きく影響を与えると思います。日本人って「自分の地域を自分たちが作る」という当事者意識が低いと感じるんです。
子どもの頃に、政治を勉強できる機会があればいいのにと考えたり、中高生の頃から自分が熱中できることを見つけてそれに打ち込んでいる人が羨ましかったこともありました。自分も含めたすべての人が、自分の情熱を注げるものを見つけられるといいと思います。

益田で多様な教育の形に触れたい

--そんな中で、益田にきた理由はなんだったんですか?

自分の目標は明確になったけど、それを達成する手段を全く知りませんでした。そこで、まずは周りの人にたくさん相談しました。高校時代の恩師に相談した時に紹介されたのが、ユタラボであり、職員の山﨑 萌果さんでした。 2月に初めて益田を訪れたのですが、そこで行われている活動をみて「ここに来たい!ここで過ごしたい!」と強く感じたんです。「これは運命だ!」と思い、その勢いのまま休学を決め、ユタラボでインターンすることにしました。

益田では、まず多様な教育活動を知ることから始めようと思っています。「教育」に興味を持ったのが最近ということもあり、まだまだ教育についての知識が足りていないと感じています。
益田では、学校だけでなく、ユタラボなどの中間支援組織・教育委員会・社会教育コーディネーター・公民館など様々なステークホルダーが教育に携わっています。公民館一つをとっても、地域ごとに課題は違いますし、どのように盛り上げようとしているのかも異なります。
その環境で過ごすことで、自分の中で教育に携わる選択肢を増やし、自分にとって何がいいのか考えていきたいです。そして、最終的には、すべての人が自分の「やりたい」を見つける支援もしていきたいと思います。そのためにも、まずは益田に馴染まないとですね(笑)

iOS の画像 (9)

益田暮らしについて

--益田に来て半月ほど経ちますが、益田暮らしはどうですか?

益田の人がどこに行っても挨拶してくれることに驚いています。先日の休日に石見津田駅まで行ったのですが、すれ違った人がほぼ全員声をかけてくれたんです。京都にいる時は、「地蔵盆」という地域での小さなお祭りはあったのですが、地域の繋がりというとそのくらいで。益田は多くの人が自分の地域に当事者意識を持って、「この街がもっとよくなるためにはどうしたらいいのか」を考えていると思います。

中間支援組織にいることもあり、行政・地域両方の視点から社会を見ることができています。益田にいる人がどんな思いを抱えていて、その結果どんな仕組みが、誰の手によってできているのか。これを多様なフィールドに行って学びたいと思います。

------------

大学での学びにはない、地域での学びによって西村さんの「何がしたいのか」が明確になるかもしれませんね。これからの西村さんの活動から目を離せません!

⏬ユタラボのホームページはこちら⏬

⏬ユタラボのTwitterはこちら⏬


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
一般社団法人豊かな暮らしラボラトリー

よろしければサポートをお願いいたします。いただいたサポートは取材活動費・高校生向けのサードプレイスに充てさせていただきます!

もしよろしれければ、フォローもお願いします!
3
島根県益田市の一般社団法人 豊かな暮らしラボラトリー(通称:ユタラボ)の公式ページです。