見出し画像

ユタラボ New Face②|竹入 悠渡さん

大学4年次を休学し、21年半住み続けた名古屋を離れ、益田にやってきた竹入悠渡さん。
ユタラボを知ったきっかけやどんな思いで来たのか、挑戦したいことなどを聞いてみました。

一歩踏み出したから、見えた世界

―ユタラボの活動の中で、特に課題探求に興味を持っていたそうですね。
教育にはいつから興味を持っていたんですか?

興味を持ち始めたのは中学生のときです。学校の先生はみんなとても魅力的でしたが、その中でも特に社会の先生が面白かったので、自分もこんな先生になりたいと思ったことが始まりでした。結局、教育に興味を持つきっかけって先生がめちゃくちゃ面白いか、逆にめちゃくちゃ面白くないかのどちらかだと思っているので(笑)

その後、高校1年生のときに教育系の活動を行っていた先輩と出会い、子どもが自分で考え行動する「 こどものまち」の活動に誘われて参加しました。この時にFacebookをはじめ、マイプロジェクトにも出会いました。マイプロジェクトの活動を通して、学校の外には素敵な大人がたくさんいると知りましたが、高校が進学校で同級生は勉強と部活をただ繰り返すだけの生活をし、成績や受験のために勉強していました。そのため、素敵な人が大勢いるのにそれに気づかないなんてもったいないな~、学校の内外がもっと繋がればいいのにな~と日々思っていました。この頃から中間支援組織にという存在にも興味を持っていました。

画像1

―教育学部ではなく、文学部を選んだのには理由があったのですか?

どちらの学部にするか悩みました。社会の先生になりたいという気持ちと、好きな歴史をもっと深く勉強したいという気持ちがありましたが、歴史は大学で専門的に勉強しなかったら今後自分では絶対にやらないだろうと思い、文学部を選択しました。

また、教員免許が取りやすいこともあり、自分の興味も両立できる文学に進みましたが、教育関係の活動は行いました。
具体的には、マイプロジェクトのメンターや通信制高校で働いたり、こどものまちの企画側として、大学での勉強とは別で力を入れていました。

益田の人と生活に魅力を感じた

ーユタラボを知ったきっかけは何でしたか?

大学3年生の春、マイプロジェクトで出会った津和野高校出身の友人に誘われて津和野へ行きました。そこで、高校魅力化コーディネーターという仕事の存在を知りました。
さらに、その友人がきっかけで11月に世界の教育に学び旅「EDUTRIP」に参加し、はじめて益田を訪れました。その時にユタラボの存在を知るとともに、益田に暮らす人々やその生活に惹かれ、休学して益田で実際に活動をしてみたいと思い、インターンに応募しました。

画像2

ー休学することに抵抗感はなかった?

活動するのは大学を卒業してからでもよかったのですが、中間支援組織で働きたいという気持ちが一番にあり、まず1年間活動して、改めて将来を考えたいと思いました。
また、教育とどのように関わっていきたいか、具体的に決められていない状態で就職活動をしたくなかったという気持ちもあり、休学という選択肢をしたことに抵抗感は全くありませんでした。

「紡ぐ」ことを意識して

ー益田暮らしで楽しみなところやユタラボで挑戦してみたいことを教えてください。

楽しみなことは大きく3つ。
まずは休日の使い方についてです。休みの日は公民館に行ったり地域のイベントやお誘いに参加して、益田で暮らす人々と交流を深めることが楽しみです。

2つ目は、初めての一人暮らしです。
苦戦する面も多いと思いますが、ご飯の時間を人に合わせなくて良くなったり、自分一人の自由な時間が増えたりと気分が楽になりました。料理のレパートリーを増やしたり、洗濯したり、自分のできることを少しづつ増やしていきたいです。さらに、中間支援組織という立場で学校現場に入り、実際に活動することも楽しみです。これまで見えていなかったものが見えてきたり、考え方が変わることもあり得るので、自分の可能性がどんどん広がっていくことにわくわくしています。

ユタラボの活動では、「紡ぐ」ことを意識してやっていきたいです。
「紡ぐ」というのは繊維を撚って糸にしていく工程のことですが、繊維ではなく人と人とをつなぎ合わせ、それを一枚の大きな布にしていくイメージを持っています。決して簡単なことではないと思いますが、困難をうまく乗り越えながら挑戦していきたいと考えています。また、やってみたいことがある人の伴走をするだけでなく、まだそれが見つけられていない人のやってみたいを一緒に見つけ出し、一緒に形作っていきたいです。

                                                 --------------------
自身の経験を生かして、益田高校の課題探究に関わり始めている竹入さんは、写真撮影も得意なので、地域のイベントがある際はぜひお声がけいただけますと嬉しいです!

⏬ユタラボのホームページはこちら⏬


この記事が参加している募集

自己紹介

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
一般社団法人豊かな暮らしラボラトリー

よろしければサポートをお願いいたします。いただいたサポートは取材活動費・高校生向けのサードプレイスに充てさせていただきます!

ありがとうございます!
8
島根県益田市の一般社団法人 豊かな暮らしラボラトリー(通称:ユタラボ)の公式ページです。