見出し画像

入社エントリ~商社で感じたモヤモヤ、解消法はキャディにあり!~

こんにちは、キャディ株式会社 プラント事業部内田悠太です。

2021年4月にキャディに入社し、キャディとして新たな領域となるプラント事業部配属となりました!

今回は、自分自身の記録も兼ねて、鉄鋼商社で鋼材輸出をしていた私が、キャディに入社することを決めた経緯と今後の抱負を書きたいと思います。

キャディは何をしているのか?

まず、キャディは何をしているのか?という点の説明をさせてください!

キャディは、「モノづくり産業のポテンシャルを解放する」というミッションのもと、製造業の調達プラットフォームを作っている創業4年のスタートアップです。

モノづくりには、材料が必要となりますが、我々の注力業界の一つである産業機械分野を例にすると、発注者となる機械メーカーは、受注者となる部品メーカー(多くは町工場といわれる中小企業)に部品製作を依頼します。価格・品質・納期等決めるべき要素が、複雑に絡み合って存在する中で、その全てを管理するコストは非常に高く、全てを語らずともお互いの望む条件を理解し、よしなに製造できる会社からの調達が主流となっています。

しかし、この特定の相手との取引は、下請けのピラミッド構造に結び付くことが多く、発注者・受注者にとってのメリットにもなればデメリットにもなります(メイン顧客からの取引が無くなることで売上の殆どが喪失する。メインの受注者が事業を畳み、製造可能な会社がすぐに見つからない等)。しかしながら、新たな取引先の探索・交渉・監査にかかわるコストは非常に高く、先に書いたような関係性に落ち着く形となっています。

そこでキャディは、テクノロジーを使い、最適でフラットな調達ができる構造の実現を目指しています。

新卒就活時の思い、前職で感じたモヤモヤ

私の話に戻り、新卒で鉄鋼商社に入ったときの就活時の思いを振り返ると、多くが地元に残り、身近な人と近い仕事を選ぶ地方での生い立ちや大学時代に留学や旅行を通して感じた「世界のいろいろな所で、所属する場所や環境によって、触れる情報が減ることで、選べる道が狭められているのでは」という考えに至り、「世の中により良い選択肢を増やすことができる人間になりたい」という思いで、モノやサービスといったニーズを国を超えてつなぐことで商売を行う商社や、製品を通して、人々の生活様式を変えている家電や住宅設備メーカーを志望していた中、伊藤忠丸紅鉄鋼株式会社に入社しました。

前職では、輸出を行う部署に所属し、日本や海外の鉄鋼メーカーから、海外の顧客へ鋼材を販売しており、輸出書類作成や輸送手段の様なスキル面だけでなく、「三方よし」を目指しメーカー・顧客双方のニーズをつないでいくこと、モノを売り繋ぐだけでなく、人の繋がりができ、そこから商売ができていくことの面白さを学びました。一方で、自社の利益を上げるため、取引先にとってマイナスな選択になっていることもあるのでは?と感じるも、商流や歴史的な慣例といった構造的な理由から起きている部分も多く、より良い選択肢を増やすという思いから離れていっているという感覚と、答えの出ないモヤモヤを抱くようになっていました。

キャディとの出会い~入社して今

上記の様な思いを持ち始めたころ、キャディのことを知るきっかけになったのが、NewsPicksの特集記事でした。

はじめは、製造業という分野でプラットフォームってどういうこと?AmazonやUberみたいに個人向けの需要を繋ぐものとはどう違うの?と記事を読んでいたのですが、「受発注両サイドの負を解決するプラットフォーム」という一文に目が留まり、自分が漠然と感じていた製造業の構造的な課題の解決に挑もうとしていたことや、記事内で代表の加藤が語る目指すべき世界を想像するとワクワクせずにはいられませんでした。

その後は、通勤時や家で、記事や社員のNoteを読み漁り、キャディで自分もチャレンジをしたい!キャディの事業を通して、世界により良い選択肢を増やしたい!と思うようになりました。個人的にド刺さりだったのが、以下の記事です産業構造により、受発注者双方に不信感が募り、バッファが生まれること、そのバッファにより本来持っているポテンシャルを解放できないこと、「至誠」と「テクノロジー」による信頼を基にプラットフォームを作ることで、バッファのないフラットな調達構造が目指せることが書いてあり、前職で感じたモヤモヤと同様な構造的課題に関し、なぜ起きているのか、どう解決していくのかについて読んだ後は、モヤモヤの解消法はキャディで作るしかない!と考え、面談を申し込んだことを覚えています!

最終的には、お話しした全員が、製造業のポテンシャルを解放するため、青臭く夢を語り、一見無茶と思える目標を掲げ、愚直にその目標達成を追い求めていること、選考においても、候補者である自分の人生にとって、キャディに入ることがプラスになるのかまで考え、真剣に向き合って頂いたことで、この人たちとなら目指す世界を作れるという確信をもって、キャディに入ることを決めました!

入社して約3週間がたちますが、熱意を持って目標とする世界の実現のために泥臭く行動する優秀な仲間や、キャディへの期待や製造業の未来像を語っていただくお客様/パートナー様とお話をする中で、製造業のポテンシャルが解放された世界の早期実現のために、自分自身も早く成果を出し、キャディとして提供できる価値を増やしていかなければ!と毎日奮い立たされる環境は、最高の成長の場でもあると感じています!!

抱負

今回、4月に立ち上がったプラント事業部配属となり、キャディ内としても重要なタイミングで、事業を作っていくフェーズに関われていることは、個人としても大きなチャンスであると捉えています。プラント業界の調達課題を解決する仕組みをつくり、プラント業界と自分自身のポテンシャルを解放させ、キャディが新たな領域や事業に踏み出す際に、チームを引っ張れる人間になることが私の抱負です!

究極的には、キャディによってポテンシャルが解放された製造業の世界で作られた商品が、世界をより良く変えていったら、最高だなと思っています!!

最後に

キャディの目指す製造業の世界の実現には、まだまだ大きな山を登り始めた段階で、多くの課題が存在しています。その山を登るためには、まだまだ仲間がたりません!キャディが目指す世界に共感頂き、挑戦したいと思っていただいたあなたとキャディで一緒に山を登れたら嬉しいです!! 

すぐに選考を受けるかは決め切れないけど、ちょっと話が聞いてみたいという場合には、カジュアル面談やオンラインでの採用イベントも実施しています!




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
41
キャディ株式会社プラント事業部