見出し画像

母と感謝。


今日は5月10日。そう、皆さんお分かりですね。


『コットンの日です。』

えーっと、嘘です。すみません。
いや、嘘ではないんですけど、実際そうでもあるんですけど今日書きたいのはそうではありません。

『母の日』


僕は今日も朝から“夜明け前散歩”(前々話を参照)してきたので昨日の寝る前に母に普段は言えないような感謝の言葉を長々と送りつけました。(挑戦状の言い方)

あたかも毎年やってるみたいな雰囲気醸し出しましたが実際のところは本当にここ最近になってからそういう感謝の言葉を伝えるようになりました。

やっぱり上京してひとり暮らしをすればするほど感謝すべきだということに気付かされます。
実家にいたときから炊事洗濯掃除その他買い出しや支払いなど色々な面を我が家では母が文句一つ言わずに担当してくれています。

僕は小学校に上がった時からサッカー少年だったので毎回砂や泥、芝生などがびっちりついた練習着やらユニフォームを一般の洗濯物とは別の汚れたものカゴに入れていました。

いまの僕ならあんな汚いものが毎回出されたら発狂します。「おい自分でやれぇぇええ」と。

ご飯だって家に帰れば必ずあったし夜ご飯が出来上がるまでの間の間食までも完備されていました。僕の大好きなチョコや菓子パンを買っておいてくれているのです。思えば至れり尽くせりの殿様ボーイでしたね。

そんな殿様ボーイでも今はひとり暮らしのなかで母親の苦労を知り、感謝を伝えられる程度には成長できているので本当に母の存在は大きいです。

そしてお母さんの中で好きな料理はカレーとオムレツそれからジュージューペッペです。(疑問は我慢して)

カレーは上京してから幾度となく作っているのですがそれでも母のような美味しさには届かないのです。
不思議。愛情ですかね。(ここは笑うところです)

オムレツは中に刻んだ玉ねぎとゴロゴロとウインナーが入っててシンプルなんですけどこれが美味しいんですよ!あれは実家のオリジナルの味だと思い込んでいるので僕は真似すらしません。
あれは実家で食べたいのです。

そしてジュージューペッペ。笑
『なんなんそれw』がトレンド入りしましたね。
これは子供の頃に僕が料理につけた別称です。
幼き少年はそれが美味しすぎてオリジナリティー溢れるネーミングセンスで独り占めしようとしたんです。簡単に言うと鶏もも肉の照り焼きです。
キッチンから“ジュージュー”という音が聞こえて何かがペッペしていたのでしょう。理解不能です。

とにかく美味しい、、。あー、お腹減ってきた。

そんなこんなで母には今も頭が上がりません。
もっと俳優としての仕事が軌道に乗って家族に美味しいご飯とか旅行とかに連れて行ってあげたいなあ。

とりあえずいまはまだ出来ないので言葉だけです。
本当は会って伝えたいところですが今はなかなかそうもいかないのでね。

今度実家に帰ったら僕の3年間の自炊で培った腕を鳴らしてご馳走をつくって食べさせたいなと思っております。美味いって言ってもらいたいな。

いつも読んでくれてありがとうございます。
なんだかんだで続いています。あなたにも感謝です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキをくれたあなたがスキです。他のもぜひ読んでみてください!
静岡県出身23歳、俳優をやっています。じぶんから出てきた言葉を日記がわりに綴っていきます。不定期。プロフィールはこちらhttp://www.brilliant-c.com/yuuta_ishiguro.html
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。