見出し画像

作品に触れることの大切さ

府中市美術館で開催中の青木野枝さんの「霧と鉄と山と」を2/11(火)に、奥さんと観に行った。
青木さんの事は実は知らなかった。
美術館内にあるミュージアムショップが、会社の取引先ということで、実は1月の終わりに営業訪問した際に初めて展示を観た。
初見なのに、とても惹かれた自分の気持ちが印象的で、奥さんを連れてまた来たいと思ったので、来てしまった。

この府中市美術館には僕も今まで来たことがなかった。京王線東府中駅から徒歩かバス。もしくは武蔵小金井駅からバスで来れる。芸術劇場も近くにあり、美術館は公園内の一角に位置している。すごくデザインされたわけでもなく、かといって市の施設感が匂う佇まいでもない、僕にとっては中性的で落ち着く場所だった。展示スペースも、ほどよい広さで、祝日でも混み合うこともなく、落ち着いた気持ちで観賞できた。青木さんの作品の点数は、11点。一つ一つが大きいせいかゆったりと対峙でき、巷にある美術館の作品展と違って、観終わった後のお腹いっぱいな感じと、やたらと歩き回ったり、他人のペースに巻き込まれるもことなく、気疲れがなかった。

彫刻家である青木野枝さんは、主に「鉄」を使って作品を作る。他にも石鹸や石膏、色ガラスなどの素材も用いている。作品の多くは、人の何倍も大きく、今回の展示作品も、あらかじめ溶断した鉄のパーツを、この展示会場で溶接して組み立てられ、完成し、展示が終わると解体されるそうだ。

真っ新な気持ちで観た展示の中では、かなり久しぶりに惹かれた気持ちを味わうことができた。なんかいいなぁという気持ちになったのだ。
入り口で配られる作品リストに、インタビューの抜粋がいくつか載っていたのだけど、この文章に引き込まれたことも一つ要因である。

ずっと彫刻家になるとは思っていなかったから、彫刻家になろうとか、彫刻をつくりつづけるのが目的ではなくて、生きていくなかでよくわからないことを彫刻で探っていくということの連続だった。そういうことが彫刻で見えなくなったらやめるべきだと思う。

この言葉を見て、作品に対してどこか惹かれていた自分の気持ちに納得した。
あまりにもいいなぁと思い、図録も購入した。今までの作品のことやインタビュー、スケッチ、僕の中では1番気に入っている青木さんが撮った何枚かの写真が掲載されているページがある。そこに載せている文章がこれまたよい。
気になる人は展示を観に来て、図録でご覧ください。とても価値のある文章だと思います。

こういう人をアーティストというのではないかなと初めて思えた。やっていることと人生がつながっているような。嘘偽りなく真っ直ぐな姿勢や態度が突き刺さった。

3/1までやっています。
https://www.city.fuchu.tokyo.jp/smph/art/kikakuten/kikakuitiran/noeaoki_kiritotetsutoyamato.html

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
2
写真家です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。