イーサリアム積立の成果をブログ公開

前回はビットコイン積立に関する記事を執筆しました。 けど、「ビットコイン以外も購入してみたい」と考える方もいると思います。 そこで今回、なぜビットコイン以外の場合、イーサリアムがおすすめなのかを紹介します。 この記事で分かる事

  • イーサリアムはブロックチェーンの名前で、通貨の名前はイーサ

  • ビットコインにない魅力

  • イーサリアムの魅力はブロックチェーンの機能

イーサリアムはビットコインより少し複雑なので、途中で他の記事を活用して紹介を進めていきます。


イーサリアム初心者に積立をおすすめする理由

僕個人的にはアルトコインの積立はあまりおすすめしてませんが、唯一イーサリアムだけ少しだけおすすめしてます。 なぜイーサリアムをおすすめするのか? それはイーサリアムブロックチェーンを活用したWebサービスが増えているからです。 細かい点については次の章で説明します。

イーサリアムを早い段階で購入していたら

イーサリアムの価格推移の歴史 年 1ETHあたり (1月付近)
2015 220円
2016 440円
2017 820円
2018 13,000円
2019 3,500円
2020 8,000円
2021 38万円 ※一時50万円を超える
2022 41万円 イーサリアムの価格はビットコインに続き、2番目の価格で推移してます。僕が仮想通貨を始めたころは、なんと8,000円くらいでした。 購入しなかったことに後悔。 それから価格が猛烈に上昇し、NFTやメタバース空間でイーサリアムが必要なこともあり、需要が増加しました。

イーサリアム保有のメリットとデメリット

イーサリアムを保有するメリットとデメリットを紹介します。

イーサリアム積立のメリット

まず最初にイーサリアムに関するメリットを紹介します。 イーサ保有のメリット

  • ブロックチェーンを動かすときに発生するガス代を払える

  • NFTアートを購入できる

  • ブロックチェーンサービスはイーサリアムがメイン

最近注目度が急上昇したNFTやブロックチェーン上に構築されたメタバースは、イーサリアムブロックチェーンを利用している事がほとんどです。 NFT作品を出品する際や、購入する際はブロックチェーンを動かすので、動かすときにガス代が発生します。 ガス代はイーサリアムで支払いが可能で、今後ブロックチェーンサービスを動かすときに必要になります。 ブロックチェーンの機能が豊富 現在提供されているブロックチェーンサービスは、イーサリアムブロックチェーンが利用されている事が多いです。 NFTマーケットプレイスの「OpenSea」や、ブロックチェーンメタバースの「Decentraland」はイーサリアムブロックチェーンが活用されてます。 OpenSeaはPolygonに対応してますが、イーサリアムがメインであることに変わりはありません。

イーサリアム積立のデメリット

次にイーサリアムに関するデメリットを紹介します。 イーサ保有のデメリット

  • スケーラビリティ問題による価格下落

  • 発行量無制限だけど、流通量を減らしてる

イーサリアムにはスケーラビリティ問題があります。 スケーラビリティ問題とは? ブロックチェーンのブロックサイズの上限設定されており、一つのブロックに書き込めるデータの量が決められてます。 取引件数が増加すると手数料の高騰や、取引速度の低下につながります。 今後イーサリアム2.0へと移行する予定で、仕組みが大きく変わります。 変更時には大きな変動が予想されています。 発行枚数は無限だけど、バーンされる難しさ イーサリアムの発行枚数に上限はありませんが、バーンが行われ市場に出回っているイーサリアムの数が減少してます。 バーン(Burn)とは? 流通してる暗号資産を永久的に利用できないようにする事です。 イーサリアムはバーンを行い徐々に流通量が減っています。 バーンは一枚当たりの価値を保つために実施されてますが、今後の価格を考えるうえでとても難しいポイントとなります。

ブログ管理者の積立成果を公開します

僕は最初の方だけイーサリアムを購入していましたが、金銭的な理由で積立が終了してしまいましたが、最終的には1ETH貯まりました。

僕が積立購入していた時は、12,000円から18,000円くらいだったので、数か月で1ETH貯まりました。 僕が初めて暗号資産を購入した時は8,000円くらいだったので「もう遅いかな?」思いましたが、結果は遅くありませんでした。

仮想通貨を積み立てできる暗号資産取引所

イーサリアムを積立できる暗号資産取引所を紹介します。 コインチェック bitFlyer 銀行 地方銀行でも自動振り替えがある ※振替手数料無料 bitFlyer口座に日本円が入ってないとだめなので、銀行側で自動振り込みなど使用しましょう ※手数料は銀行による 最低金額 10,000円 1円 タイミング 毎月 1 回(日付選択自由) 毎日購入プラン 毎日 1 回 毎週 1 回 毎月 2 回( 1 日と 15 日) 毎月 1 回( 1 日から 28 日までを指定)より手数料を抑えてイーサリアムを購入したい方は、マイナス手数料を導入しているBybitで購入し、手数料を安く抑えましょう。 マイナス手数料は、手数料分ユーザーに還元されます。

まずは1,000円くらいから積立してみよう

暗号資産は株式市場と比べて変動幅が大きいので、慣れるまでは小額で積立を行いましょう。 bitFlyerは1円から積立できますが、自分で口座に日本円を入れておかないといけないので、少々不便な点もあります。 コインチェックだと、地方銀行でも無料で自動振り替えしてくれるので、一度設定すれば放置しても自動で積立してくれます。 僕は横浜銀行を利用してましたが、毎月自動でコインチェック口座に反映できてました。 積立の設定は下記記事を確認してください。

同時にビットコインも積立しておこう

暗号資産でもある程度分散しておきましょう。 分散させる場合、一番おすすめするのがビットコインです。 僕は現在ビットコインのみ積立てていますが、今後もビットコイン一択だと思ってます。

慣れてきて自分で購入したい場合

先ほど紹介したコインチェックやbitFlyerはとても使いやすいですが、手数料が少し高い問題があります。 初めて購入する方は問題ないと思いますが、ある程度慣れてきたら手数料が安い取引所で購入しましょう。 Bybitはマイナス手数料を導入しており、手数料分ユーザーに還元されるサービスもあります。 また、「与沢翼さん」「青汁王子さん」「イケハヤさん」なども利用するなど、ベテランの投資家が利用する取引所でもあります。 初回登録も1分くらいで完了するので、ぜひ登録してみてください。

長期的に分散させて放置が一番

暗号資産で短期で結果を求める必要はなく、少額で長期的に楽しく購入するのが一番楽しいと感じます。 僕は数千円程度ですが、毎月楽しいです。 人生は短いようで長いので、暗号資産がどんな感じに成長するか、わが子を見守るように見ていきましょう。 暗号資産市場はまだ未成熟なので、暗号資産市場の成長を見守っていきましょう。

メンバーシップ加入で、全ての記事が閲覧できます。