【馬券 流浪記】新潟記念 期待馬は9着でした…

【馬券 流浪記】新潟記念 期待馬は9着でした…

 自慢げに4週連続プラス決算などと書いたら、先週は散々な結果だった。信用してくださった方々、申しわけない。

 新潟記念は単勝4,280円、12人気のマイネルファンロンが6歳にして初重賞制覇。…でも、まぁ、マイネルファンロンというより、Мデムーロ様々かな。まさか新潟の外回りで最速上がりで差し切ってしまうとは思いもしなかった。

 発馬で躓き他馬と接触したが、慌てず騒がず後方2~3番手。直線に向くと外々へ持ち出しラストは外ラチ沿い。良馬場に回復したが内目は荒れ気味。コース取りにペース判断、恐れ入る好騎乗だった。

 期待したリアアメリアは9着。折り合っていい感じだったが、直線は流れ込んだだけ。1400~1600mに距離短縮ならという気もしないでもないが、鞍上は「精一杯の走り」とのコメント。評価していた馬だが、見切りのつけ時のようだ。
 トップハンデで2着したトーセンスーリヤ、正攻法で5着のラインベックは評価できる好内容。いずれも次走は不明だが狙いとしてはラインベック。馬体はさらに増えて512キロ。叩かれた次走は間違いなく良くなりそうだ。

 さて、ローカル開催が終わり今週からは本場開催。とはいえ、関東は中山だが関西は中京。京都の改修工事で例年とは違う。中京で一開催行って来月からは阪神で12週の連続開催となる。馬場がどうなってしまうのか、今から心配。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
既存の競馬理論に対する考え方を大きく動かした高橋研の馬券論。その集大成をここに伝える。千葉県船橋市出身。小・中学校時代は船橋競馬の厩舎関係者が大勢いる絶好の競馬環境の中で育つ。驚異の的中率で共同通信社の取材を受ける他、「競馬フォーラム」で“伝説のプロ馬券師”として紹介される。