【馬券 流浪記】有馬記念 回顧

 先週の的中レース
・ホープフルS   3連単10点 5560円
・ギャラクシーS   馬連6点 4510円
・ハッピーエンドC 3連複21点 15900円

 有馬記念は3歳馬オーソリティから買ってハズレ。位置取りにこだわらず折り合う競馬をすると思っていたが、馬が行きたがってしまったのか2番手追走から3角で一杯になってしまった。追い切り後の馬体重が±ゼロ。当日は輸送もあって絞れるはずがプラス2キロ。骨折明けのAR共和国杯を勝って中6週。太かったという見方もあるし、二走ボケという気もしないではない。まだ「コントレイル以外、3歳牡馬のレベルは低い」とは思えない。次走に期待。

 勝ったクロノジェネシスは一戦ごとに馬体が増えパワーアップ。ムリなく楽な手応えで進出して快勝。直線強襲のサラキアにクビまで迫られたが危な気はなかった。コントレイル、デアリングタクトとの対戦が楽しみ。
 2着サラキアは一気にピークを迎えた感じ。この勢いが続くかがカギか。3着フィエールマンは正攻法で勝ちにいく競馬。ラストで息切れしたが、位置取り、ペース、着差から地力を示す内容だったと思う。
 ワールドプレミアはJCが11ヵ月ぶりで6着。休養が長かっただけに良化には時間がかかると思われたが、パドックではひときわ目立つ好馬体。レースも馬群でゴチャついたが最後まで渋太く伸びて5着。明らかに上向いて次走は狙い目だろう。

 東京大賞典は失敗。堅いと思っていたオメガパフュームは追い切りの動きが今イチで、その上「馬体がスッキリしすぎ」との話を聞き、ウェスタールンド(3着)から買ってしまった。テーオーケインズの「ガレ気味」に、ダノンファラオの「馬体増」もウソ。菊池寛の「情報信ずべし、然もまた信ずべからず」を思い出した。

 それでは皆さま、よいお年を。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
既存の競馬理論に対する考え方を大きく動かした高橋研の馬券論。その集大成をここに伝える。千葉県船橋市出身。小・中学校時代は船橋競馬の厩舎関係者が大勢いる絶好の競馬環境の中で育つ。驚異の的中率で共同通信社の取材を受ける他、「競馬フォーラム」で“伝説のプロ馬券師”として紹介される。