【謹賀新年】1月5日 東西金杯+2鞍

★中京11R 京都金杯(GⅢ)                    正月の変則開催で調整の難しい時期。栗東では降雪もあって、予想外の「太目残り」の馬も出てきそうだ。当然、パドックの確認は必須だが、こんな中、30日にビシッと追って2日には流した程度で1F12秒0。叩かれつつ着実に上向いてきたのが~

この続きをみるには

この続き: 695文字

【謹賀新年】1月5日 東西金杯+2鞍

高橋研の馬券哲学

1,000円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1
既存の競馬理論に対する考え方を大きく動かした高橋研の馬券論。その集大成をここに伝える。千葉県船橋市出身。小・中学校時代は船橋競馬の厩舎関係者が大勢いる絶好の競馬環境の中で育つ。驚異の的中率で共同通信社の取材を受ける他、「競馬フォーラム」で“伝説のプロ馬券師”として紹介される。