大学の話

67

判子と紙

大学に勤め始めて最初に衝撃を受けたのは、判子文化だった。前職ではほとんど判子を使用することはなかったが、現職では判子をなくすと仕事にならない。
(※この判子文化の度合いは、かなり大学による。上に行政畑の人が多いと判子文化が強くなると思われる)
昨今の流れで手続きの書類に判子がいらなくなるのはよいと思うが、その先の業務から判子をなくすのは至難の業ではないかな、となんとなく思う。人の習慣や常識を変えよ

もっとみる
嬉しいです、ありがとう
19

謝礼の値付け

考えたって仕方がないことなのだが、謝金の精算というのはいつもなんだかなという気分になる。

大学では(だいたいどこもそうだと思うが)講師謝金の単価表というのがある。
どういう人にゲストで講義・講演を頼んだら時間単価(上限)いくら、という基準の表だ。
これは相手方の職業・職位に応じて区分けが決まる(※勤め先の大学では、の話)。
話の中身や、要求することの難易度によるのじゃない。お礼とは所属と肩書で決

もっとみる
ありがとうございます
32

休むのは難しい

緊急事態宣言のころに発生した休講などで、今年は前期の期間が大幅にずれている。
通常ならお盆から学生は夏休みに入るが、勤め先の大学ではまだあとひと月ほどは授業期間だ。

しかし後期の開始は待ってくれないので(なぜなら卒業をずらせないため)、どうなるかというと、9月にやたらめったらいろんなことが詰め込まれることになった。
いやー大丈夫なのかな、となんだか他人事のような気分でいるが、9月はほんと、想像も

もっとみる
嬉しいです、ありがとう
38

Liberal Arts についての雑駁な思考

仕事柄、教養教育を扱っているものだから「教養」ってなんなのかをずっと考えていて。
別ラインで人生哲学として「詩」のことをずっと考えていて。

そうしているうちに、大学の自由七科がなぜ自由七科なのか、なぜ自由なのか、なぜあの七科なのか、ぽろっとわかったような気がした今日。
そういうことか、と思うけれど、うまく説明はできない。勘違いかもしれない。
ちょっとしばらくもぐもぐしたい。「これ」をしばらくどう

もっとみる
ありがとうございます、励みになります
21

脆弱性を守れるか

まったくなんともならないこと、簡単には行かないこと、というのはあるものだ。

たとえばハラスメント系の問題。
一般的な職場としてよくある対処方法としては、所属替えをして当事者たちを引き離すとか、仕事を外す、などだと思うが、大学だとその難易度が一気に上がる。
科目はその教員本人とその教員を含めた人員ありきで組まれているので、人を外してもその人を置く先がないし、外した穴を埋める人もいない。
代替教員で

もっとみる
あなたにも良いことがありますように
29

詩と大学と私、そのorigin

高校のころ、私にはやりたい学問があった。

大まかに言うと、ある文化圏の古典の詩について。どういうことを意識して過去の人は詩を作っていたのか。「いい詩」というのがあるとすれば、それはなんなのか。そういうことに興味があった。
私が、いいな、好きだな、と思ったことの必然性というか、理由みたいなのを確かめたかった。

きっかけはとある外国映画で、物語の核として詩の朗読シーンがあった。吹替版でもたしかそこ

もっとみる
ありがとうございます、励みになります
65

休暇の予定

4月にはどうなるかわからなくて真っ白というか灰色だったスケジュールが、だんだん確定事項で埋まるようになってきた。先が見通せるようになってきたことは純粋にうれしい。
打ち合わせ、会議、委員会、試験、入試、その他大学っぽいこと、それに付随する諸々の締切。
スケジューラーに書き入れながら、山ほどある休暇(休出の振替、年次、夏季休暇等)をどこにねじ込むべきか、思案する。

こういう類のものは、取れたら取る

もっとみる
ありがとうございます、励みになります
18

何だかな

うれしい話はプライベートのことであって、仕事の上では毎日何だかな、はぁ、というような話が続いている。あまりに落差がありすぎてどちらも現実とは思えないような感じがしてくる。

ここ最近は問い合わせ対応のみならずパトロールみたいな業務が増えた。放っておけばいいような気もするが、割れ窓理論でどこに火がつくか分からないので無視できないという。

こんなことはしたくない。こんなことで疲弊したくない。どうか誰

もっとみる
嬉しいです、ありがとう
25

つぶやき

現実逃避ばかりもしていられないし、気を取り直して今日も仕事。と思う日々だが、具合が悪くなるようなことばばかり目にするのでけっこう苦しい。

不満、不信、批判、暴言、互いの一方的な主張、伝わらない事情、噛み合わないことば、交わらない思い。
目の前に深い亀裂が見える。

組織と私を同一視しないように気を付けなければならない。
しかし同時に、私は組織として対応しなければならない。

針の雨をくぐり抜ける

もっとみる
あなたにも良いことがありますように
17

組織疲れ

なんだかな。
いつも疲れているけれど、また疲れてしまった。

勤め先の大学では、立ち入り禁止は全面解除、授業に関しても対面に戻す決断がされた。
それには本当にいろいろな意見が来る。

何をしても、しなくても、何を決めても、決めなくても、批判や反対意見やどうしてくれるんだという補償の話は、発生する。
みんなが納得してみんなが満足する結果には、ならない。
結局、諦めがつくかどうかでしかない。

組織と

もっとみる
ありがとうございます、励みになります
26