見出し画像

ハッカーと画家

メルカリで売れたので備忘録です。下記2章が好きでした。
勢いでwikipediaまで読んでしまいましたが、
原典が公開されていることを今知りました。
英文版だと無料で読めますね。

【第2章 ハッカーと画家】
・ハッカーと画家は似ている
・先人の創作物の模倣、ひとつの作品を分業して創ること等
・絵を見る人のことを考え、コードを読む人のことを考える

【第6章 富の創りかた】
・お金は富ではなく富とは私たちが最終的に欲しがるもの
・富を手に入れ裕福になるには測定と梃子が必要
・小さな集団で測定がしやすいよう、また技術という梃子が
 手に入れやすいようにベンチャー企業はなっているから
 裕福への近道と昔からされている

【wikipedia】
・ポール・グレアム
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%82%A2%E3%83%A0

【essay】
・Hackers and Painters
http://www.paulgraham.com/hp.html

・How to Make Wealth
http://www.paulgraham.com/wealth.html

ふとURLリンクについて思ったことがあります。上記のリンクを全て文字に埋め込んで楽に移動させてあげるという手段もあるのですが、読者の立場になった時に、信用できない人が書いた文章から本当に単語が示すwebサイトへ誘導されるのかって不安になるんじゃないかと。逆にどんなサイトに飛ばされるか明示した方がいいんじゃないかと。という訳で文字にリンクを埋め込まないようにしています(ので、面倒臭かった訳ではありません)。

【amazon】
・ハッカーと画家
https://www.amazon.co.jp/%E3%83%8F%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%81%A8%E7%94%BB%E5%AE%B6-%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%BF%E6%99%82%E4%BB%A3%E3%81%AE%E5%89%B5%E9%80%A0%E8%80%85%E3%81%9F%E3%81%A1-%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%AB-%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%82%A2%E3%83%A0/dp/4274065979/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&keywords=%E3%83%8F%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%81%A8%E7%94%BB%E5%AE%B6&qid=1565928398&s=gateway&sr=8-1

だるいですね。

【amazon】
ハッカーと画家

やっぱりリンクつけるようにします。変なとこに飛ばすような人が執筆する記事は噂になり読まれなくなっていく未来がきた方がよっぽど効率いいですね。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

社会人6年目(法人営業)/製造業 ⇨ ITへ転職しました/銀座、有楽町のお店を開拓中/RPA、Blockchainに興味があります
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。