初心者向け『開業届』の書き方完全マニュアル【画像・PDFファイル付き】
見出し画像

初心者向け『開業届』の書き方完全マニュアル【画像・PDFファイル付き】

ゆぶろ

本noteは今後個人事業主として活動していきたい方が、その最初のステップである『開業届』を作成する方法を、個人事業主の開業支援も実施している公認会計士である筆者がすべての項目を画像付きで1から解説したnoteです。

よくある相談
・青色申告したいが出さないといけない書類がわからない・・・
・開業届をどのように書けばいいのかわからない・・・・・・・
・ネットでどの記事を参考にして書けばいいのかわからない・・

・・・上記の悩みを解決できるのが『本note』です。


画像1

✅本noteは完全初心者向けに解説しています。
✅本noteには『開業届』と『青色申告承認申請書』のPDFファイルが付いてますので各自ダウンロードした上で、本noteの画像を見ながら書き進めていくことができます。

個人事業主として確定申告をする場合には『青色申告』を選択した方が圧倒的にメリットが多い(白色申告を選択するメリットは2014年に既にほぼなくなっています)です。
そして青色申告するためには、事前に『青色申告承認申請書』と『開業届』の2つを提出する必要があります。

・・・この2つの書類の書き方を『すべての項目を画像付き(記入例付き)』で本noteでは解説してます。
(下記は本編の一部)

画像2

画像3


画像4

『開業届の書き方』をここまで丁寧に解説している記事はネット上にはありません。なぜなら、本来は税理士や公認会計士に作成を依頼するものだからです。

実際に専門家に依頼した場合、ココナラにおける開業届の作成依頼は3、000円から6、000円程度で実施しているのでそちらを利用してもいいと思います!(2021年1月20日ココナラにて『開業届』で検索結果した際の平均価格)

・・・ただし、正直専門家に依頼するまでもなく、本noteで解説している注意点にだけ気をつければ、カンタンに『開業届』と『青色申告承認申請書』を書くことができます!

ネットから無料で知識をかき集めて書くこともできると思いますので、時間は圧倒的にかかってしまいますが、そちらで試してみる方法もあります!


画像5

本noteは『ネットだとイマイチよくわからない・・・』という実際に頂いた声をもとに書いています。

専門家に依頼するまでもなく、自分一人で、自宅やカフェで、約20分で2つの書類を書き上げたい!

・・・本noteは上記のような方向けです。


⚠️注意】
✅本noteをご購入する前に下記の点をご確認ください。

★従業員を雇う場合
には、本noteで扱う開業届と青色申告承認申請書のほかに提出しなければならない書類があります。本noteではそちらには対応していませんので、その点のみ予めご了承下さい。

★本note公開後に寄せられた『疑問点』は、Q&Aとして本noteに適宜追加していきます。



★本noteの内容を作成者の許可なく複製及び無断転載する事を固く禁じます。もし発見した場合は法的な措置を取らせていただきます。


【期間限定】
公開日である1月31日から2月3日(水)23時59分までは通常価格1、000円のところを500円にて販売します。

➡2/4(木)0:00をもって半額期間は終了しました。



目次


・・・・では早速本編に入ってきましょう。

この続きをみるには

この続き: 8,256文字 / 画像52枚

初心者向け『開業届』の書き方完全マニュアル【画像・PDFファイル付き】

ゆぶろ

1,000円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!!!
ゆぶろ
【個人事業主やフリーランスを応援する会計士】note=2020/12/27開始 | 開業届の書き方完全マニュアル 《Blog⇒》 https://kaikeishi-yuburo.com