ジャズを聞いたことがない方へ<「私の好きなジャズボーカリスト」の補足記事>

こちらの記事は、「私の好きなジャズボーカリスト」の記事の補足となります。
ジャズが分からない方、興味がある方でも、おおまかに理解していただけるよう、少し解説をします。
といっても、私も本当にざっくばらんに説明できる知識しかありません。
またこの記事はジャズの歴史やミュージシャンについての解説を目的としたものではありません。
私なりにジャズを聞いたことがない方に、こういうものだという解説をするための記事です。

<ジャズって何曲も同じタイトルの曲があるけど何なの?>
ジャズの特徴として、スタンダードナンバーとなった曲は、多くのミュージシャンが演奏するというものがあります。
スタンダードナンバーとは、「流行曲」という解釈でかまいません。
その当時に流行った曲や、有名なミュージシャンが演奏したことで、多くの人が真似して演奏するようになり、そしてそれが今も定着しているような曲を「ジャズのスタンダードナンバー」「スタンダードジャズ」と言います。
こういった曲は、多くのジャズミュージシャンが入門として会得する曲となっており、ジャムセッションなどではこういった曲が多く演奏されています。


<ジャズの演奏ってなにをしてるの?よくわかんないまま終わるんだけど?>
ジャズの曲の進行は独特で、メインになるメロディ(テーマ)を一度演奏、もしくは歌った後、
共演している楽器の人にソロをおまかせし、最後にもう一度みんなでメロディを演奏して曲が終了、というのがおおまかな流れです。
また、合間のソロはほとんどの場合がアドリブ(即興)で演奏されています。
曲のコード(進行表のようなもの)から使える音を選び、その場でメロディを考えて演奏しているのです。
ボーカリストが同じようなことをやる場合は「スキャット」と言います。


<ジャズって難しいから聞いてもつまらない!>
ごもっともだと思います。
元々のジャズは、ルーツを辿ればもっと身近な大衆音楽のような存在でしたが、
多くの偉大なミュージシャンが突き詰めていった結果、入り口の狭い音楽となってしまったように思います。
※この辺かなり適当な書き方ですが、あくまで簡単説明なので・・・!
しかし、一度聞き方を覚えればあっという間に面白さが分かる音楽です。
私も最初何が起きているのか、何が凄いのかわからず聞いていました。
しかし「合間のソロがすべて即興」と知ってからは、100人のミュージシャンがいれば100通りのジャズがあると気づき、こんな面白い音楽はないと気づきました。
インスト(歌のない演奏)のジャズは特にその面白さが分かりにくいかと思います。
そこで是非ボーカルジャズから聞き始めてほしいと思います。なぜなら「歌詞」があるから、どういうことを歌っているのか分かりやすく、また歌声というのは耳なじみがよいので、インストよりも聞きやすいからです。
その歌詞の意味や、ボーカリストによって歌詞をどう解釈するかで歌い方が変わるのが非常に面白いです。
そして次第に楽器で歌の世界を表現する凄さに気づいていくと思います。

今回の記事ではボーカルジャズのみを取り上げますが、インストのジャズも比べられないほど素晴らしいですよ。
ジャズの醍醐味の一つ「即興性」を存分に味わえるのはやはりインストです。
「名盤」と言われるジャズのレコードのソロは、どれも素晴らしいものばかりです。
その場その時だけの神がかり的なソロや、共演者同士の音と音の戦いだったり、音の向こうから心の叫びや祈りが聞こえてきそうなものだったりと、どれもこれも心をわしづかみにされるものばかりです。
もちろん、このような感動を味わえるのはジャズだけではなく、すべての音楽に言えることなのですが、
やっぱり私は、ジャズの「音の語り合い」のような雰囲気が好きなんですよね。

・・・さて、話がかなりそれましたが、以上が私なりのジャズの入門解説でした。
ジャズを聞いたことがない方は、これらをふまえた上で「私の好きなジャズボーカリスト」の記事をご覧ください。
きっと今までと聞き方が違ってくると思いますよ!

それではどうぞ、こちらの記事をお楽しみください!


ゆりゆり


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
4
乙女画家 百合百合 絵を描いています。 Twitter→yuri_eury Instagram→yurieury よかったら絵も見てください。

こちらでもピックアップされています

ジャズ
ジャズ
  • 2本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。