社名の由来/ロゴの意味
見出し画像

社名の由来/ロゴの意味

とざわ|株式会社遊覧座

株式会社遊覧座は、生の音楽を取り入れたイベント制作会社です。そんな弊社の社名の由来/ロゴの意味をご紹介します。

株式会社遊覧座の会社紹介はこちら

社名の由来

遊覧座(ゆうらんざ)という社名は「遊覧」と「座」に意味が分かれます。

遊覧(ゆうらん)とは、見物して回ること。

https://www.weblio.jp/content/%E9%81%8A%E8%A6%A7

私たちには、生の音楽を取り入れた体験を通じて、人々の幸福度を上げたいという想いがあります。生の音楽体験を通じて、お客様ならではの情景を思い描いて(遊覧して)いただき、時に懐かしみ、時に背中を押され、時に癒され、人生にとって少しでもプラスの気持ちを持って帰ってほしいという想いから、「遊覧」というキーワードを選びました。

「遊覧」は想いの部分でしたが、「座」は立場を表しています。

座(ざ)は、平安時代から戦国時代まで存在した主に商工業者や芸能者による同業者組合のこと。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BA%A7

私たちの立場はあくまでも「イベント制作会社」です。企画を立てて、イベントを実現するための協業パートナーさんを束ねて、制作をマネジメントして、当日の開催を実現します。

つまり、弊社だけではイベントは作れません。演目を披露するアーティスト、音響エンジニア、照明、舞台制作、演出など、多くの協業パートナーさんに助けられて成り立つ事業を展開しています。そんな協業パートナーさんを含めて、お客様へ体験を届けるためのOne Teamを表したく「座」という表現を用いました。

ロゴの意味

株式会社遊覧座のロゴは、緑色の円形シンボルと独特な字体の社名でできています。

株式会社遊覧座|ロゴ

緑色の円形シンボルは、波と灯台のモチーフです。また「遊覧」を連想させる波を起用しました。

また、落ち着いた緑の配色と、風呂敷模様を見立てた波模様、家紋のような円形のシンボルにより、「座」と相まって和風なイメージを連想させます。これは弊社が日本市場に対して向き合っていきたいという姿勢を表しています。

そして灯台。弊社はカスタマーファーストなイベント企画を続けることで、エンタメが中心となってしまった「音楽」と「人々の生活」を繋ぐ道標となり、生の音楽体験がもっと日常的なものにしていきたいという強い意志があります。そこで「沖に出た船」と「岸」を繋ぐ道標である灯台をチョイスしました。

余談にお付き合いいただき、誠にありがとうございました。

この記事が参加している募集

名前の由来

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
とざわ|株式会社遊覧座
法人・自治体向けに音楽体験イベントの企画・制作する、株式会社遊覧座(https://yuranza.com)の代表取締役。