見出し画像

ぼくのセンスが、悪いワケ

映画『シン・ゴジラ』が今日から公開されました。

今回のゴジラは、同じく庵野秀明監督の特撮
『巨神兵東京に現る』が大変よかったこともあり、
公開を心待ちにしていました。

昨晩から上映がはじまっていますので、
きっと「ゴジラ 観た」なんて検索すると、
いいものも悪いものも含めて、
評判がたくさん出てくるのだと思います。
愛用しているアプリ「Filmarks」でもきっと、
興奮冷めやらぬ映画ファンたちによって、
たくさんのレビューが投稿されていることでしょう。

「予習必須!」、「最悪の出来……金返せ」、
「批評家の●●さんも絶賛!」などなど、
映画をはじめとしたエンタメの評判は、
知りたくなくても目に入ってしまうぐらい、
ちまたに溢れています。

ぼくも気になる映画があれば、
ほぼ例外なく評判を検索します。
その結果、ますます観たくなって
その日に無理してチケットを取ることもあれば、
観る気をすっかりなくし、
映画館に行くのをやめてしまうこともあります。
時間とお金を有効に使うため、
文明の利器を活用しているわけです。
Googleさまさま。Twitterさまさま。

しかし、しかしです。

こういったやり方で吟味した映画は、
はたして自分で選んだ1本だと言えるのでしょうか。
上映後ぼくが口にする感想は、
はたして自分の言葉だと言えるのでしょうか。
どこかで聴いたことのある構成・言葉選びで、
つくられた、なんだか継ぎ目の目立つものに
なってはいないでしょうか。

すこし前、お世話になっているすごくセンスのいい先輩に、
「どうすればそんなにいいものを選べるんですか?」と
聴いたことがあります。彼はシンプルに
「たくさんお金を使って、たくさん失敗するんだよ」と、
答えてくれました。

2016年現在、この「自分のお金で失敗する」が、
意識しないとできなくなっているような気がします。
映画も音楽も本も芝居もごはんも全部に点数がつくってのは、
それはそれで本当にすごいことなんだけど……。

というわけで『シン・ゴジラ』、
観て、ここに感想を書くまで、
一切の情報をシャットアウトしてみようと思います。

こわいけど、がんばって失敗する。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

1986年生まれの編集者です。ツドイという会社の代表をやっています。滋賀県出身新宿在住。オフィスは神保町。

感謝します。北京ダックは調理法で上海ガニは品種、越前ガニはブランド。
29
編集者。 編集とイベントの会社「ツドイ」をやってます。つくる人の古本市 #ツドイ文庫 や、ノンアルコールバー #BarStraw もやってます。Twitterのほうが高頻度でいろいろ書いてますので、鳥のアイコンからぜひ。もちろん、noteも書きます。

この記事が入っているマガジン

今井雄紀のnote
今井雄紀のnote
  • 163本
コメント (2)
ネットに散らばっている映画の評判を集めて解析するのが仕事の一つなのですが、シンゴジラは本当にネットの書き込みの絶対量が他の映画より断然多くて、びっくりしています。
レビューや他人の感想を見てしまうと、自分自身の感想を人の意見で上書きされるような感覚で悩んでいて、なかなか解決できないでいました。
ですが、一つ答えに近いヒントを頂きました。このNoteを書いて頂き、ありがとうございます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。