見出し画像

私の「起業家をやめた話」。

たまたまツイートで見かけた、いとまり (伊藤真莉)ちゃんの記事を読んで私も同じようなことを思ったことがあったなぁと感じ、noteに綴ることにした。とはいえ、私の起業はそんな大したことではなかった。と思うが、そもそも何を比較対象にするか?という話なのだけど、単純に、私のものは"続かなかった"という意味でも大したものではなかったと言って良いだろう。


Q: 私の起業とは?
A: 23歳から2年半ほど。広告代理店で起業してた。個人では趣味でスパイス事業をやっていた。(http://deeipika.com/) 人間ってなんとなくやっていけるんだなと10年間をかけて思ったのであった。


私は先に進まなくちゃと思っている。
だからこそ今は書きたい。


こちら、いとまりちゃん↓↓

私が起業を辞めた時、ボロボロだった。裏切られたんだなと思った。今は「別に良いや〜そんなこともあるよね、人間だもん」と思って許してるけど、当時は心が空っぽになった。

どんなに仲良くしててもこういうことになるんだなぁって思った。でも事業は拡大するにつれて私のやりたいことじゃない方に向かっていた。結局のところ、私は仲間と頑張れなかったんだと思う。だから今は「ここまで一緒に居させてくれて、ありがとうね」という気持ちでいる。ありがとう。


いとまりちゃんの文章を引用する

"個人的に起業家は大きく分けて2パターンいると思っていて
・とにかく成功してめっちゃビッグな起業家になってやる野心家系(何になるか)
・とにかく自分のやりたいこと、つくりたい世界を実現したい系(何をするか)
で、自分は前者ではさらっさらなくて、後者のつもりだったんですね。起業家になりたいと思ったことは1ミリもなくて、やりたいことがあったから手段として起業した。
というか今までの人生すべてで、「これになりたい」と思ったことって一度もなくて、すべての決断は「これしたい」に基づいてます私は。

だけど、後者が揺らいでしまった。
「あれ、これって本当に自分の人生かけれるくらいやりたいことなんだっけ」
ということに気づいてしまいました。"
- via. 大学と起業家をやめた話


私は初め、自分自身は前者だと思っていた。絶対に成功したかった。なぜなら周りにたくさん2億、3億どころじゃない資産を持つ若いお金持ちがいたので、そうにならないと一人前じゃないと思っていた。でも仕事とお金が好きな人たちは私とは違う気がした。

それでだんだんと私は執着がなくなってきて、後者になった。何かを見返したいとかいう個人的な恨みを持つこともなく生きてきた。やりたいことを全てやってきてたからナチュラルに後者になった。のんびり生きていた。

ずっとたくさんのプロジェクトに関わって、毎日違う自分になったみたいに生きていた。とにかく楽しくて、忙しかった。または、忙しくて、楽しいとしか思えなかった。悩む暇さえなかったと言えるかもしれない。


でもある日、全てに波長があっていない自分に気づいた。全てが私が相手が望む姿になることが上手なだけで、自分の意思なんかは全くないということに気づいた。


ここから全てをやめて、引っ越した。

収入も2ヶ月ほどなかった。すべてをやめたかった。ただひたすら、何もやる気が起きなかった。その時、100万くらいの請求が一気に来た。70万円分の給料未払いがあった中で、引越しにも50万円くらいかかったので、初めて家の中でお金を探すという経験をした。「やー お金って作らないとないんだな」と思った。


で、その2ヶ月後。今の職場に至る。


"本当に自分の人生かけれること"って、
私は存在しないと思う。

全ては一時的で、
流れの中につかんだ一つの岩みたいなもの。
その岩を登ったら違う景色が見えるんだ。


「自分探しの旅を終わらせる」って言葉を使うマーケッターさんとかいるんだけど、私は旅が終わることはないと思う。その旅が短くて満足するようになることはあっても、絶対に終わりはしない。


だからこそ

変わっていく自分を愛して欲しい。

いつだって、楽しいならばそれで良いんだよって思うんだ。


でも、一つ言っておくと
『これには自分の人生をかけれる!』と思いこむの大事!
どんどん信じて、どんどん自分に踊らされよう。
それって楽しい人生なんじゃないかなって思う。


終わり :) 

Yunpoko

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

こちらはyunpokoの「こりゃあいい、世の中に感謝!」ってものを記録するものです。twitterでは流れてしまうので記録するという目的もあります。皆さんが良いものを選ぶときの参考にしてもらえると嬉しいです。https://twitter.com/yunpoko_chan
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。