【基本】水平線の考え方
見出し画像

【基本】水平線の考え方

こんにちは。Yusukeです。

本note『水平線の考え方』では以下の方に向けて公開をします。

①実際にトレードしているが勝ちきれていない方
②FX始めたてで初心者の頃の自分(仮定)
③FXを始めたばかりの身近な人間(仮定)

相場には節⽬というものが存在します、
節目とは下位足から上位足までのトレーダーの注文が集中しボラティリティ
値動きが大きくなり易い場所の事です。
その中でも特に重要な水平ラインを説明していきます。

水平線、ラインはFXをされている方であれば、
大体の方が引いていると思います。

もしFXを始めたての方や間もない方で分からないという方に説明させていただくと、FXをする上で水平線という概念は『最上級に重要』ということをしっかり認識していただければと思います。

周りの勝ち続けているトレーダーの方々は全員水平線というものを重要視しており、水平線の検証を集中していた頃は水平線だけでトレードしていましたが結論これだけでも勝ち続けることは可能です。
もちろん移動平均線を当てはめることでより根拠が深まるため、今は水平線だけでトレードというのは行っていません。

第1章:水平線用語

まずこのnoteのお題である『水平線』で使われる用語を簡単に説明します
そもそも水平線と聞くと海や地球をイメージして、例えば海と空を分ける境界の線、紙などに水平な線を引くから水平線と言われたりするのが一般的かもしれませんが、FXでは買い手と売り手が入れ替わる線として使います。

1−1.サポート帯(下値支持線)

サポート帯とは読んで字のごとくで、レートが水平線の上に位置している間は基本的に「買いが優勢」という事になります。

下のチャートはサポートとレジスタンスが明確に分かる価格帯に水平線を1本引きました。
真ん中を境にきれいに上下が分かれているのが分かると思います。
赤丸で同じ価格帯で止まっているサポートされているという事は、ここに買いの思惑が集中していてサポート帯として機能しているからです。

画像10

下のチャートは、サポートされている間は買い優勢という事を可視化させています。赤いゾーンがサポートされて買い優勢という事です。

画像11

1−2.レジスタンス帯(上値抵抗線)

こちらは前回(1−1.サポート帯(下値支持線))解説した反対の考え方でOKです
レジスタンス帯とは、レートが水平線の下に位置している間は基本的に「売りが優勢」という事になります。
先ほどとは逆に、頭を押さえられ抵抗帯として機能します。

画像13

下のチャートはレジスタンスされている間は売り優勢という事を可視化させています。青いゾーンがレジスタンスされて売り優勢という事です。

画像13

第2章:水平線の意味や重要性

用語に関してはサポートとレジスタンスさえ押さえておけば問題ありません、それらが基本でそのまま応用に繋がります、余計な用語を覚えると後々苦労する事になるからです。

この章では、この1本の水平線の意味する事やトレードをすることにおいての重要性を解説していきます。

2−1.トレンド方向を確定づけるターニングポイントとなる

トレードをしていくうえで手法以上に重要になってくるのが、
トレンド方向の把握です。
そのトレンド方向を確定づける大きな指標、目安になるのが水平線です。

レジスタンスラインを上抜けてサポート反転すると買い優勢エリアを確定づけるポイントになるということです。逆にサポートラインを割ってレジスタンス反転すると売り優勢エリアを確定づけるポイントになります。

下の図はレジスタンスを抜けてサポート転換し買い優勢となった場合です。

画像14

下の図はサポートを抜けてレジスタンス転換し売り優勢となった場合です。

画像15


チャートで説明すると、
これは下落から上昇転換する典型的な形のチャートです

画像1

ここに1本ラインが引けます。

画像2


題にあるトレンド⽅向を確定づけるターニングポイントを説明します。

・サポートラインを割ってレジスタンス転換し売り優勢エリアを確定付けるポイント

画像3

赤〇が押し安値でサポートされていて上昇し
そこからサポートされたラインを割って下抜けて
青〇でサポートから一転レンジスタンス反転し

売り優勢のエリアになり下落トレンド方向へ確定しているのが分かると思います。※既に下落してきていますがあくまでも相対的なものとして見てください。 

・レジスタンスラインを上抜けてサポート転換し買い優勢エリアを確定付けるポイント

画像4

青〇が戻り高値でレジスタンスして下落し、
そこからレジスタンスされたラインを上抜けて、
赤〇でレジスタンスから一転サポートされています。

買い優勢エリアになり上昇トレンド方向へ確定しているのが分かりますね。先ほどの売り優勢確定の判定の考え方で問題ありません。

ここで重要なのは、上位足で何度も意識されているラインがそういったポイントになり易いです。

2−2.トレンドの終了を確定づける重要な判断材料となる

先ほどは『トレンド方向を確定付ける』でしたが、さらに重要と言っても過言では無いのがトレンド終了サインとして判断できる優れたものになるという事です。これはダウ理論のnoteでも詳しく解説していますが、重要ですし水平線が無ければそもそも成り立たないのでこちらでも解説させていただきます。

まず僕のトレード手法は基本的に「トレンド転換の初動でトレードする」なので、今現在継続しているトレンドがどうなったら終了するのか?という事を定義しておかないと、そもそもトレンド転換する場所でトレードする事が出来ません。

トレンドの定義
ここも軽く解説させていただきます。
トレンドの定義は。
上昇トレンドの場合
『安値と高値切り上げ更新が続く限り上昇トレンド継続』
下落トレンドの場合
『安値と高値切り下げ更新が続く限り下落トレンド継続』

高値と安値というのはその場のトレンドの最も高い値をつけた価格帯が高値で逆に最も安い値をつけた価格帯が安値です。基本的にそういった場所に水平線を引いていき、高値安値が更新し続ければそこにも水平線を引きトレンド継続を可視化させます。

下は高値と安値に水平線を引いてトレンドを可視化させたチャートです。

画像16

では、お題でもあるトレンドが終了するサイン、この場合上昇トレンドなので上昇終了を示唆する安値を引きます。

画像17

下落トレンドか終了する場合は、上昇トレンドの反対に高値を切り上げてくれば終了のサインとなります。
次のチャートは上昇の反対の下落です。

画像18

同じくトレンドが終了するサイン、この場合下落トレンドなので下落終了を示唆する高値を引きます。

画像19

ではこういったサインが出た後は確実にトレンド転換のトレードが出来るかというと、もちろんそういう訳では無く上位足やその他MA等の考慮をする必要があります。

以上の理由から、更新継続中の高値安値に引く水平線というのは非常に重要になるというのがお分かりいただけたと思います。

2−3.多くの投資家が「反転」や「抜け」を意識するポイント

多くの投資家が「反転」や「抜け」を意識するポイントというのは

これは単純には多くの投資家が損切りや利⾷い等に設定するポイントなので意識されるということです。

意識されるから有効に働いて、有効に働くから更に強く意識されるという循環を繰り返します。

チャートを表⽰させるといわゆるランダムウォークといって相場の先は不規則で予測することは不可能という考え⽅がありますが、この横線⼀本で⼀定の指標を表してくれていることが分かると思います。

他のチャートでもう少し説明していきますね。※このチャートは個人的に思い入れのあるチャートです。

下チャートにラインを引いてみましょう、ラインの検証で最重要なことは簡単なチャートを探すことです。

画像5

まずこのチャートの大きな流れを表している1本を引きます

画像6

そしてちょっと分かりにくいですが
上下のレンジにも1本ずつ引けそうですね。

画像7

画像8

ちょっと⾒にくいので下に拡⼤版を載せます

画像9

しっかり効いているのが分かると思います。

上がろうとすれば落とされ、越えてサポート転換すると次は買われやすくなり上昇していく、次は下がろうとすれば地盤は固く跳ね返され、下抜け成功すれば反転して売られやすくなり下落に繋がっているのが分かると思います。水平線というのはトレードをするにあたって確定的な優位性、根拠を⽰してくれるものです。

トレードで絶対はありませんし僅かな優位性を探し出しそこにお⾦を投じていくものです、この水平線というのは⼤きな優位性の⼀つであり、極論ラインだけでもトレードは出来ます。

以上当たり前の事しか書いていませんが、ほとんどの方はこの知識で十分だと認識しています。僕もこれ以上は特に革新的な知識はありませんし、親しい人間がFXを教えてほしいと言ってきたのと、自分が初心者の頃であればこれを渡すと思います。

もちろん実戦ではこれを基に応用して使っていきます。


********
Twitter
https://twitter.com/YMZ_investor
過去ブログ、手法まとめサイト
https://fxvietnam.home.blog/
note
https://note.com/yunasunakeho
有料添削コミュニティ
https://note.com/yunasunakeho/n/n66cc58599894
YouTube(メイン)
https://www.youtube.com/channel/UC_nOBrr5HeLtcwb4QWQYV-Q
サブチャンネル(相場分析用)※こちらがメインとなりつつあります
https://www.youtube.com/channel/UCiCnj3bFUAFH-sIMSGc93qw
参加無料のFXコミュニティ
https://discord.com/invite/5pxHjYH
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
32歳でFXと出会う→1度挫折→2年半で専業トレーダー /普段は引きこもりつつ、固定費を抑えてトレードの収益がメインで生計を立てています / noteではFX初心者から安定して稼ぎ続ける考え方を発信しています /ブログ:https://simple-fx.blog/