💻水平線検証方法
見出し画像

💻水平線検証方法

こんにちは。Yusukeです。

本note『💻水平線検証方法』では普段Yusukeが検証している水平線の方法や教えている内容を公開します。
まず以下のnote読まれてからお読みいただければと思います。

①【基本】水平線の考え方
https://note.com/yunasunakeho/n/nb14eff4b4393
②💻水平線の引き方と引ける場所
https://note.com/yunasunakeho/n/n42a02ab1aa37#ZX4nw


まず検証で引くラインと実戦で引くラインというのは若干違います。


✳︎実戦でラインを引くところ


結論僕が実戦で引いているラインというのは前回noteで説明した通りで
高値、安値、ネックライン(押し安値、戻り高値)だけです。


✳︎実戦と違い検証で付け加える明確なルール

検証で引くラインも全く同じで、ここで付け加えるルールは
そのチャート上で何度もサポレジ(レジサポ転換)しているところにラインを引くです。


✳︎実戦と検証で引く場所が若干変わる理由


ここは最初に言われてもピンと来ない方が大半だと思います。
まず何でもそうなのですが、人というのはただ単に情報を知ったとしてもそれを使いこなすことは不可能に近く、例えばスポーツ、ビジネスで結果を出したことのある人だとこの感覚は分かると思います。

毎日積み重ねて「腑に落とす」ことで自分の武器としてやっと使える状態
なのでここではまずチャート上でラインが引けること、
それがきれいにサポレジ転換しているという絵をしっかり頭に焼き付けるために行います。

✳︎検証をする前に前回noteの復習

前回のnote↓で解説しています。
💻水平線の引き方と引ける場所
https://note.com/yunasunakeho/n/n42a02ab1aa37

①【最重要】時間が掛かっていいので誰が見ても一瞬で引く場所が分かるチャートを探してくる
②インディケーターは表示させず、ローソク足のみで引く
③水平線は意識されればされるほど効力が強まってくる
④引く時のコツは左から
⑤ライン引くコツは相場の流れを理解することです、ダウの高値安値更新を見て買いが強い安値売りが強い高値を見極めてそこから重要なラインを引く
⑥値動きを追えば見落としは少なくなります
⑦ラインを引く場所は何度もサポレジ転換しているところ
⑧引くコツは十字カーソルを出すこと、ラインを1回1回引かなくても効いているかどうかがわかる
➈自分で説明がつかないところは引く必要は無いです
⑩自分が信頼できる1本を引けば、自然と他の相場参加者に意識されます
⑪理解できるまで引き続ける作業をする
⑫難しいチャート(レンジなど)で引かない

検証をする上で出来れば用意してほしいツールが過去チャートを検証できる
フォレックステスター(FT)です、※これには最低でも買い切りで1万円後半のお金がかかるので、もしこれが無理ならMT4(メタトレーダー)でも構いませんが本腰いれて検証するならフォレックステスターがおススメです。

フォレックステスター4
https://forextester.jp/special?partner=FX_Yusuke

画像14


なお、フォレックステスターは4か月に1回くらいのペースでセールを開催しているので、タイミングを見計らって購入を検討してみるのがお得かと思います。

✳︎検証実演

それでは実際に検証をしていこうと思います。
①まず最初に選択する通貨ペアは普段トレードしているペアで行ってください、僕の場合だとドル円ですね。
②時間軸なのですが、出来れば5分足以上で
③縦横のグリッド線は消してください
④インディケーターは一切表示させずローソク足のみです
⑤遡るのではなく一番最初の地点からスタートし実際にチャートが進む方向にスクロールして相場の流れを見ながらラインが引ける場所を探して下さい

画像1

⑥次はズームイン、ズームアウトの設定です
サイズはローソク足の実体がギリギリ確認できるサイズです

OK例 ↓

画像2

NG例1 ↓
これだと拡大のし過ぎで視野が狭くなりがちになり、重要な相場の流れが掴みにくくなります。

画像3

画像4

NG例2 ↓
これだと縮小しすぎて実体とヒゲの違いが判断できず、流れは分かりますが重要なライン付近のローソク足の挙動が分かりません。

画像5


用意が出来たら早速チャートをスクロールしていきましょう
十字カーソルを出してサポレジもしくはレジサポしている場所はないかと
そして事前に説明した検証の際意識することをチラチラ横目で見ながら

画像6

スクロールしていくと今は下落相場が続いていますね
じゃあこれが買い転換するときは、どこかなと流れを見ながらスクロールします。

画像7

そうすると安値の切下げ幅が小さくなり、、
何やら買戻しも強くなってきました、十字カーソルを高値安値、押し安値戻り高値に合わせてみましょう

画像8

うーん、ここだとなんだかしっくりこないですね
そういった場所で引く必要はありません。

画像9

少し下に合わせるとどうやらこの安値からサポレジが発生していそうな感じがしますね。

画像10

ここで1本引けますね
『チャート上のレジサポ転換ライン』です
こういった分かりやすいチャートを選び、何度も転換しているラインを探してみましょう。

画像11

逆に売り転換するチャートも探してみましょう。

画像12

これなんか良さそうですね

画像13

分かりやすい形だと思います。
ここで絶対に意識してほしいことは
『誰が見ても一瞬で引けるような分かりやすいチャートを選ぶ』ことが重要になってきます。

✳︎分かりやすいチャートを選ぶことが重要な理由

これはライン引き以外の検証でも重要な事なのですが
簡単な形のものほどローソク足の反応が出やすく
なによりチャートパターン、ラインを引く場所が一瞬で分かるという事は
それだけ基本が出来ているという事になります。

簡単 = 基本
これを絶対に忘れないでください。
基本が出来ていない、相場を見る目が養われないまま難しいチャートに手を出しても自分の脳は納得してくれません。
簡単なチャートを探し出して、そこに信頼感のある1本を引くことで自分のチャート脳は納得してくれて、そうすることで難しいチャートでも引けるようになります。

毎日継続すること
これはほとんどの人が重要性を理解しているけど、なかなか実行に移すことは難しいのかなと思います
①毎日継続する
②1日10枚(最低でも5枚)
③1枚1枚真剣に引いたら300枚くらいですぐに引けるようになる
※僕は7000枚以上引きました笑
④PCに新しいフォルダを作り保存しておく
⑤、④のなかで特に分かりやすいチャートは別に保存していつでも見れるようにする

✳︎水平線検証のYouTube動画

※参考になる動画は追加予定です

■水平線とダウだけで実戦練習 19時から1時間
2020/11/01 にライブ配信
https://www.youtube.com/watch?v=TXpaToU0zx4


********
Twitter
https://twitter.com/YMZ_investor
過去ブログ、手法まとめサイト
https://fxvietnam.home.blog/
note
https://note.com/yunasunakeho
有料添削コミュニティ
https://note.com/yunasunakeho/n/n66cc58599894
YouTube(メイン)
https://www.youtube.com/channel/UC_nOBrr5HeLtcwb4QWQYV-Q
サブチャンネル(相場分析用)※こちらがメインとなりつつあります
https://www.youtube.com/channel/UCiCnj3bFUAFH-sIMSGc93qw
参加無料のFXコミュニティ
https://discord.com/invite/5pxHjYH
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
32歳でFXと出会う→1度挫折→2年半で専業トレーダー /普段は引きこもりつつ、固定費を抑えてトレードの収益がメインで生計を立てています / noteではFX初心者から安定して稼ぎ続ける考え方を発信しています /ブログ:https://simple-fx.blog/