ダウ理論
見出し画像

ダウ理論

トレード経験者なら一度は聞いたことがあるダウ理論
チャールズ・ダウという方が提唱した理論なのですが
成り立ちはググってもらったら沢山出てくるので、ここでは省きますね。

もちろん成り立ちも大切ですが、ここでは稼ぐことに特化させようと思っているので必要な部分だけ深く学んでいただけたらと思います。

まず結論から言うと、僕が勝ち続けることが出来るようになった理由の一つはこの「ダウ理論」です。
その中でも重要な3つの法則、更にその中でこれが全てだと思っている1つの法則を徹底して深堀したからです。
なので、
知ってるからいいやと飛ばし読みだけはしないでください
そして理解して腑に落とし込んでください。
事実まがいなりにも勝ち続けているトレーダーが重要と言う以上
勝ちきれない迷いが晴れないトレーダーは耳を傾ける必要があります。

画像1

 


【ダウ理論:6つの基本法則】
1.平均株価は全ての事象を織り込む
2.平均株価は相互に確認できなければならない
3.トレンドは出来高も確認できなければならない
4.重要:主要トレンドは3段階からなる
5.重要:トレンドは3種類ある
6.最重要:トレンドは明確な転換シグナルが発生するまで継続する


※1.2.3は重要ではないので簡単に済ませます。

【基本法則1.平均株価は全ての事象を織り込む】
これは例えば自然災害や
企業のインサイダーなどの情報は既に価格に織り込まれていて
情報が届いた頃にはチャートに全て織り込まれるという事です。
ここで言いたいのはファンダメンタルではなくテクニカル分析だけで良いという事です。


【基本法則2.平均株価は相互に確認できなければならない】
例えば関連銘柄が上がって当銘柄も上がれば関連性が有り上昇トレンドとして認識される、為替で言うと相関、逆相関のことです。


【基本法則3.トレンドは出来高も確認できなければならない】
相場というのは上昇トレンド中であれば出来高が上昇し下落トレンド中であれば出来高が減少するという理論ですが
これはFXでは分かりません、ただし僕がたまに指標として表示させるMACDなどのオシレーターではある程度連動しているのかなと思います。
出来高に連動してチャートも動いていかないと、そのトレンドは本物ではないという考え方です。


※重要
【基本法則4.主要トレンドは3段階からなる】
・第一段階(先行期)
・第二段階(追随期)
・第三段階(加熱利食い期)

ここからが本題ですね。
まず結論から言うと僕がどこを意識してトレードしているかというと
第一段階、第二段階です。

下は有名な図で、投資家の種類とそれぞれの段階をエリア分けした形になります。

画像2

第一段階(先行期):底を打ったと判断した先行投資家たちが買いポジションを持つところ

第二段階(追随期):明確なレジサポ転換が起こり、一般的な投資家たちが買いポジションを持つトレンドフォローを行う上で分かりやすいところ

第三段階(加熱利食い期):トレンドの終焉で投資家ではない一般人がメディアの情報を鵜呑みにして飛びつくところであり、底で仕込んだ投資家たちの買いポジションが手仕舞うところ、いわゆるバブル状態のこと


下の図はそれぞれ投資家がどういった思惑、心理で行動、トレードしているのか表した図になります

バブル

・赤色が第一段階の買い場で、下落トレンドの終了をいち早く判断したトレーダーの買いで上昇、赤〇は下位足でも切り上げることにより買いを仕込んだ具体的なエントリーポイントです

・水色が第二段階の買い場で、今まで売られていた高値が明確にサポート転換し、売っていたトレーダーが完全に諦めたことによて執行される損切とトレンドフォローを狙っていたトレーダーの買いが重なり大きく上昇

・黒色は底で仕込んだトレーダーがトレンドの終焉を察知して利確決済を行うところ、高値圏で急落が出現する相場が散見するのはこういった理由です。

・緑色が底で仕込んだほとんどのトレーダーは利確していて、まだ上がると信じたトレーダー達が買いポジションを建て天井で最後の伸びを形成する形はこういった理由です

バブル


有名な相場の格言で
『強気相場は、悲観の中に生まれ、懐疑の中に育ち、楽観の中で成熟し、幸福感の中で消えていく』

先ほども言ったっとり僕が買いでトレードする場所は1段目と2段目で
上位足ではどの位置にいて、トレード足ではどこに位置しているのかまずはそこを認識する必要があります。

・第一段階の相場環境

画像5

ここで買うことが出来ない投資家の心理というのは下落トレンドの調整と判断しているからです、もちろんここで買うにはそれなりの環境認識力が必要とされるので最初のうちは獲れなくて当然の相場です。


・第二段階の相場環境

画像6

ここはトレンドフォローの代名詞になるような相場ですが、しっかり相場環境を分析できていればトレンドに乗ることが出来ます。
しかしここでも買えない投資家というのは、少し上げたけど直近は下落トレンドだからまだまだ下げそうという疑いを持っているため乗ることが出来ません。これは経験者なら痛いほど分かるはずです。


・第三段階の相場環境

画像7

ここでは相場参加者のほとんどが上昇トレンドと判断する場所です。
当然底で仕込んでいたトレーダーは伸び切ったところなので利確を行い
更に高値圏と判断した逆張りトレーダーの売りが浴びせられるところなので
非常に逆行しやすい場所となっています。


※重要
【基本法則5.
トレンドは3種類ある】
・長期:主要トレンド(1年~)
・中期:二次トレンド(3週~3か月)
・短期:小トレンド(~3週)

この期間なのですが、例えば下のように置き換えることもできます。
長期:日足
中期:1時間足
短気:5分足

これは言われたら分かるんですが、相場環境に落とし込むとなると少し難易度が高いのかなと思います。

画像8

あまりきれいじゃないので分かりにくいかもですが
黒色トレンドが長期で上昇
青色トレンドが中期で下落しています、要は長期トレンドの押し目で調整波ということになります。
赤色トレンドが短期で上昇しています、中期が下落している中の戻り目でここも調整波となっていますね。

分かりやすいように実際の過去チャートで見てみましょう。
まずはドル円2007年から2011年の週足下落トレンドです。

画像9


上下を繰り返しながら下げていて、この黄色の枠を見てみましょう。

画像10


ちょっと時間軸のバランスが悪いですが日足です

画像11

長期は下げトレンドの中で、上昇トレンドを形成しているのが分かりますね

画像12

4時間足で下落トレンドを築いているのが分かりますね
何が言いたいのかというと、上位足のトレンドの中でも調整局面では
下位足で反対のトレンドが形成されてトレンド転換を狙ったトレードが出来るという事です。


 

前置きが長くなってしまったんですが
ここからが真骨頂。
6.最重要
【トレンドは明確な転換シグナルが発生するまで継続する】

これがダウ理論の8割くらいを占めていると言っても過言ではありません。
Twitterで僕の履歴や考察を公開していますが、毎回同じところでエントリーして約100万通貨で数十pips、時には100pips越えのトレードをしています。

そして金額の履歴より考察やチャートの履歴に着目してほしいです
そっちの方が圧倒的に意味があるし、見ている方の為にもなると思います。


まずは上昇トレンドと下落トレンドの定義です。

上昇トレンド
上位足の方向に高値と安値が切上更新し続ける間は上昇トレンド

下落トレンド
上位足の方向に高値と安値が切下げ更新し続ける間は下落トレンド



上昇トレンド

画像13

下落トレンド

画像14


ここまでは理解できましたでしょうか?
簡単ですよね?

上がっているものは上がり下がっているものは下がる
要は高値安値を切上更新し続ける限りは相場の参加者は上昇トレンド継続だと判断するわけです、逆もしかり。
これはトレンドフォロー基本中の基本で皆知っているようで腑に落とし込めてはいません。
ここで買うとしたら高値を更新して上位足から下位足の優位性が高い瞬間に買いエントリーを行います。

画像15

高安値を切上更新したから買っていけます。

画像16

高安値を切下更新したから売っていけます。


下は実際トレードした時のチャートです。
上昇トレンド

画像18


下落トレンド

画像17


少し実戦的な話になりましたが

・トレンドが終わったと判断するタイミング
・トレンドが転換したタイミング


上記2つが今回の題のメインですね、僕がダウの高安値を基本として意識していることを解説したいと思います。

トレンドが終わったと判断するタイミング
まず下の図は上昇トレンドの定義が続く中で、その定義が崩れていったん終了している事を表しています。

画像19

ここで買っているトレーダー達は「おかしい」と気づきます
今まで切り上げていたのにここで割ったぞ、と
じゃあ買いポジションは手放したほうがいいのかなと思い始めます。

そしてこの異変を察知するのは買い勢だけではありません
逆張り、もしくはトレンド転換を狙った売り勢も安値が割られることによって下落トレンドの定義が成立もしくは売りポイントを待つために監視や安値割れでの売りの指値注文を出します。

下は実際のチャートです

画像20

上昇トレンドが継続している中、最後につけた上位足でも認識されるであろう押し安値の割っています、この時点でこの上昇トレンドは終了と判断できます。

トレンドが転換したタイミング
下の図は先に安値を割ってから高値も切下げてトレンド転換する図です。

画像21

図にも書いてあるようなエントリーは少し難易度が高いですが
しっかり環境認識が出来るようになると転換の根元からエントリー出来るようになり、落ちてからエントリーして逆行に悩むことは限りなく少なくなります。

下は実際のチャートです

画像22


次は同じ下落転換パターンですが、先に高値を切り下げてから安値を割り
下落トレンド転換確定したパターンです。

画像23


とにかくここで言いたいことは、高値を越えることもしくは安値を割るという事実は皆が思っている以上にインパクトがあるという事なんです。

なぜ僕がピンポイントで高値で売れて安値で買えているのか、その答えがここに書いてあるほぼ全てと言っても過言では無いです※移動平均線やラインももちろん考慮しますよ。

でもこの足だけ見てもその通りに行かないぞと声が届きそうなので
その場合は別のnoteで説明すると思いますが、単純に毎回言っている上位足を無視した場合がほとんどだからです。

ここまで書くと下落から上昇も説明する必要がありますね、単純に逆の考え方で問題ありません。

下の図は先に高値を越えてから安値も切り上げてトレンド転換する図です。

画像24

下げトレンドの中高値が更新することによって下げの定義が崩れます。
そして安値も切り上げることで上げ確定定義も成立です。

次は同じ上昇転換パターンですが、先に安値を切上てから高値を越えた
上昇トレンド転換確定したパターンです。

画像25


これを踏まえて多分一番多く来るだろう質問内容は
どこをダウの高値安値に設定するの?だと思います
ただ今回は長くなってしまったので
いったん説明は終了とさせていただきます。

何故この最後の法則が一番重要なのか
ある程度は理解出来てもらったと思います。
後は実戦と検証を繰り返すだけですね。

最近無料のディスコードグループを作ったので
そこで高安値はどこに設定するのかという質問やその他の質問
実践検証の方法など答えているので、また気になったら覗いてやってください^^まだ全然質問が来ないので笑

********
Twitter
https://twitter.com/YMZ_investor
過去ブログ、手法まとめサイト
https://fxvietnam.home.blog/
note
https://note.com/yunasunakeho
有料添削コミュニティ
https://note.com/yunasunakeho/n/n66cc58599894
YouTube(メイン)
https://www.youtube.com/channel/UC_nOBrr5HeLtcwb4QWQYV-Q
サブチャンネル(相場分析用)※こちらがメインとなりつつあります
https://www.youtube.com/channel/UCiCnj3bFUAFH-sIMSGc93qw
参加無料のFXコミュニティ
https://discord.com/invite/5pxHjYH

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
32歳でFXと出会う→1度挫折→2年半で専業トレーダー /普段は引きこもりつつ、固定費を抑えてトレードの収益がメインで生計を立てています / noteではFX初心者から安定して稼ぎ続ける考え方を発信しています /ブログ:https://simple-fx.blog/