冷罨法・アイシング・クーリング

冷罨法・アイシング・クーリング

ゆん

いつもご覧いただきありがとうございます!ゆんです。

今回は、冷罨法・アイシング・クーリングについてまとめました。


冷罨法・アイシング・クーリングの理解が深まると、より疼痛緩和についての理解が深まり、状況に応じた適切なケアを実施することができるようになります。骨折部位に対するアイシングもあれば、止血のためのアイシング、解熱のためのクーリングなど、目的も様々です。

身近なケアだけど奥が深いアイシング。

それでは早速、今日も看護を深めていきましょう。

この続きをみるには

この続き: 1,610文字
毎度のご購読ありがとうございます。オリジナリティにご好評頂いてのことだと思っております。皆様のひとつひとつが励みになり、自分の勉強も進んでいきます。一緒に成長していきましょうね。

看護

4,980円

ベッドサイドに立つために看護で勉強してきたことをまとめています。 解剖生理、心電図、疾患、アセスメント、検査値など…。 一般的なことに加え…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ゆん

いつもサポートを頂きましてありがとうございます!皆様からのご好意により、note継続のモチベーションが生まれております!深く知りたい記事などありましたらお知らせください。追記や別途記事作成などを検討させていただきます(^^)

スキありがとうございます(^^)他の記事もぜひご覧になってください!
ゆん
おたんこナース、恋愛アナリスト、音楽家、エコノミスト。学生時代は数々の恋愛の失敗を乗り越え、独自の恋愛観を持ち、「恋愛とは何か」に迫る手法を確立させた。恋愛を機に人間学を深めるため、看護の道へ。並行して音楽理論を学び、演奏・作曲活動を行っている。激動の時代に備えFPを勉強中。