見出し画像

おすすめの本『ぼくの小鳥ちゃん』:けしからんことの素晴らしさ

初めて読んだとき、「小鳥ちゃん」は、ほとんどわたしではないかと思いました。 

いや、きっと読者の多くがそう感じるように書かれているのでしょう。  

とにかく、「けしからん」のです。

けしからん(怪しからん)とは?  
道理にはずれていて、はなはだよくない。不届きであること。 

 この言葉は、最近では「いい意味」でも使いますね。 

 「規格外のよさ」、素敵です。 


この記事が参加している募集

推薦図書

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます💓
4
クライアントの「ビフォー・アフター」をつくる仕事をしています。こんな本(http://urx.red/CGJJ )も出しました。 http://yumiokano.com/