見出し画像

戦友の幸運を祈る!!


こんにち葉、
夢野ナオ(夢野メタ)です。

いつもこのブログをお読みいただき、
誠にありがとうございます。

拙著、自叙伝「全身不随入門講座(施設篇)」から抜粋。
人名や場所名は仮名にしてあります。


ぼくは重度障がい者施設で生活してますが、
去年の9月にそれまでの一人部屋から二人部屋へ変更されてしまい、
悟流さん(仮名)という方と同室になっていましたが、
今年2019年の6月に他の方と部屋替えすることになったのです。

ぼくは「にゃんこの唄」といった民謡風の歌を自作し、
「にゃんこがにゃんにゃんこおぉぉ〜ぉ〜、
かわいいにゃんにゃんこおぉぉ〜ぉ〜♫」
などとこぶしを効かせて一人で楽しんで歌っていると、
悟流さんが「にゃんにゃんこう!」と
思わず反応してきました。

やはり部屋の真ん中をカーテンで仕切ってるだけだと、
声は大きく響くもんやなあと思いました。
ぼくは「にゃんにゃんこー?」と問いかけてみました。
「にゃんにゃんこう!」と悟流さんが返事します。
再び「にゃんにゃんこー?」と問いかけてみると、
「にゃんにゃんこう!」と悟流さんが返事してきました。
何度やっても繰り返されます。

ぼくはそれが子供の遊びみたいで面白くって、
退屈を感じた日はとりあえず、
14畳ほどの静かな空間の中で、
「にゃんにゃんこー?」と
悟流さん調子はどうだー?みたいな意味合いも込めて、
呟いてみるのが日課のようになったのでした。

ぼくのスペースは部屋の奥なので、
部屋から廊下へ出るときは、
カーテンを開けて悟さんのスペースの端っこを通ることになります。
そのときに悟流さんの壁に野球帽や、
野球選手のポスターが貼ってあるのが目につきました。

そこでぼくは毎日夕食後にネットでテレビ番組欄をみて、
夜6時30分か7時に野球中継の有る無しを確認して、
野球中継のあるときはナースコールで職員を呼んで、
悟流さんのテレビに野球のチャンネルが映るように
してもらうことにしました。
悟流さんが娯楽が増えて喜んでいる気配がして、
ぼくも安らかな気持ちになるのでした。

日に何度かお茶が配られます。
ぼくはスポーツ用のスクイズボトルに入れてもらいます。
悟流さんは自力で飲めないため、
職員に介助されながら口に含めるのですが、
悟流さんは途中でむせてあたりかまわずに、
ゲホゲホッとお茶を噴きます。
その「飛ばし」が職員の手に無数に付着し、
職員がその手でぼくの水筒を持っていきお茶を入れるものだから、
衛生面とか感染が気になって、
手を洗ってから再度来てくださいとか、
悟流さんの前に自分のお茶を先に入れてくださいと、
言わざるを得ず、
悟流さんはそばで聞いていて辛かったかもしれません。

それから今年6月になり、
突然悟流さんが部屋を移動することになりました。
ぼくは悟流さんとの同室でほのぼのとした生活を感じていたので、
幹部職員に悟流さんを変えないように訴えましたが、
それは叶わずでした。

悟流さんが退室した晩、
悟流さんの幸運を祈りました。
「南無観世音菩薩念波観音力●●悟流〜、
南無観世音菩薩念波観音力●●悟流〜、
南無観世音菩薩念波観音力●●悟流〜、」
(●●には苗字を入れて、続いて下の名前も唱える)
悟流さん自身であるところの神が、
悟流さんを快適で楽しい生涯へ導くように、
と祈りました。

その後、
新しい隣人が同室となりました。
福山福男さん(仮名)です。
ときおり廊下の向こうから「にゃんにゃんこうー!」と、
悟流さんが叫んでいるのが、
聞こえてくることがあります。
ぼくを呼んでいるかのようです。
そんなときはぼくも、
「にゃんにゃんこー!(ここにちゃんといるよー)」
と大声をだして合図してあげるのです。


続く。果てしなく続く……。

拙著、自叙伝「全身不随入門講座(施設篇)」から抜粋。
人名や場所名は仮名にしてあります。

いつもお読みくださり、ありがとうございまする😊
嬉しいです。
では、ご氣元よう‼️


☆夢野ナオの超能力スピブログ も書いてます。
http://yumenonao02.seesaa.net

☆奇声を発したり不自然にまばたきしたり、
顔をしかめたりする症状ありますか?
重度の難治性チック症のトゥレット症候群を、
少年時代から患ってきた夢野ナオが、
めくるめく体験記を赤裸々に堂々告白しました!!
https://note.mu/yumenonao/m/m9b87fc5b8d63
皆さんにこの病気を知って頂きたいです!!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

あなたに幸運の兆しを感じざるを得ません!!
2
夢野ナオ(夢野メタ)と申します。 作家・エッセイスト志望です。 持病のチック症トゥレット症候群の 長年の首振り動作などにより、 頸髄損傷し全身不随となりました。 障害者施設に入所しています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。