Y u m e k a ☺︎
模擬授業やってみた

模擬授業やってみた

Y u m e k a ☺︎

・受けたい授業と受けさせたい授業のギャップ

まず、私が受けたい授業は
先生が淡々と話し、生徒は真剣に聞き、それぞれ自分のノートを作る。わからないことがある場合のみ先生に質問する。

そういう授業だ。

自称進学校と呼ばれる学校に通っていたので
このような授業が当たり前だったし、楽だった。

受けたくなければ、寝てていいのだ。
受けたい授業だけ、真剣にノートを取ればいい。

しかし、求められる授業はちがう。

『主体的で対話的な深い学び』が求められている。

生徒が学びたいと思う授業。
生徒が話し合える授業。
教科書の向こう側にある深い授業。

・生徒の気持ちを考えすぎたら

それは悪い授業になる。

話し合いが苦手な子がいるとすると、
私はその子のことを思って
話し合いを要する授業はしないと思う。

しかし、そうしてしまうと、
その子のコミュニュケーション能力は上がらない。

でも、話し合いをする授業のせいで
その子が保健室登校になる可能性もゼロではない。

・誰もが満足できる授業はできないのだ

できることならクラスみんなが満足できる授業をしたい。
なるべく多数の生徒が満足できる授業をしたい。
授業中に嫌な思いをする生徒が少数である授業をしたい。

しかし、未熟な私にはそれが出来ない。

私からしてみれば、教員歴10年以上の先生ですら出来ていない。

これだから集団授業は難しい。

この記事が参加している募集

地理がすき

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Y u m e k a ☺︎
未来がまだ霧がかっている田舎の大学3年生👩🏻‍🎓 教員免許を取得するために日々勉強しています。 インスタ、ツイッターも覗いてみてね↓ https://instabio.cc/ymkm28