見出し画像

論文ハイと燃え尽き症候群のダブルパンチ

1日何もできなかった。

朝の6時に床に着くような生活をしばらくしてたから、リセットに1日くらい必要でも不思議じゃないんだが。

論文執筆中はやりたいことがどんどんどんどん溢れてきて、論文終わったら1秒足りとも時間を無駄にしたくないと思ったのに。SNSから脚を洗って映画や本に没頭するぞと思ったのに。

結局おもしろいと脳が反応するのはインスタントな情報。ロボットのようになった気分だ。

1日では無理でも、徐々に感情豊かな人間に戻りたい。情熱と、感性を溢れるように持ち合わせて。

論文を提出してからも、不安が消えなかった。他のみんなはもっともっと素晴らしいものを書いていて、わたしの論文は学士レベルかそれ以下、だったらどうしよう。

ここまできて、最後に卒業できなかったらどうしよう、って。

その感情を無視して無視し切れるぐらいの端っこまで来たところで、指導教諭から、メールが来た。

You are a very inteligent and wonderful person.
I hope you will do a good oral examination in September.

単純だけど、教授は大丈夫だって思ってくれてると思っていいかな。やっと、安心して、論文が終わったことを実感できる反対側まで来れた。

なんでも、終わると、本当はもっと頑張れたって思うんだけど、この論文は、私のベストだったと思う。

反省点がないわけじゃない。完璧なわけでも全くない。

でも、これが私かなって。


仕事探しをしてみるけど、英文事務とか、ばっかりみてしまう。でもなんにもしっくりこないのも知ってる。

コロナも、私らしく生きろって言っているのかなあ。

画像1

この前25歳になりました🤗

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
2
2020年大学院卒業、専攻はヒューマンライツ🌏 ジャーナリストになる。
コメント (3)
卒論お疲れ様でした✨
お誕生日おめでとうございます!素敵な一年になりますように☺️
ありがとうございます!noteいつも読んでます😳💓💓
ひゃーー嬉しいです!大学のことや論文のことを目にすると、環境や専攻は違うけれども勝手に親近感を覚えながら読ませてもらってます😳私には目新しく新鮮なお話が多くて…!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。